FC2ブログ

記事一覧

肉丸さん

肉丸さん、こと、NGC2903です。NGC2903 MT160反射望遠鏡 MPCC使用 ST8300M冷却CCDカメラST8300Mのテストの一環で、昨年に撮影したものです。しかしなかなか見事な作品になりました。ディテール描写は、口径16cmで、ここまで写るのか・・!とちょっと驚き。CCDママさんは、21cmをお使いですが、自分の経験として、20cmを少しでも超える口径があると、描写が劇的に変わってくる印象があります。過去の経験として、JSOの22cmシュミ...

続きを読む

天文雑誌2月号 W入選

昨日、1/5日は天文雑誌の発売日でした。星ナビ誌の方では、近赤外線によるオリオン座大星雲をなんとか拾って頂きました。近赤外光によるM42SC70+IDAStype4RGBフィルタで近赤外光三色分解合成を行ってみました。普段はガスに埋もれてしまうM42の中にも星が沢山あることが判ります。NIRで撮影すると、やはりまず目につくのが、M42ガス星雲の中にある数多の星々です。中心部付近のクローズアップでも、面白い描写になりそうなのですが...

続きを読む

IDAS ネビュラブースターによるナローバンド撮影

2019年もいよいよお終いですね。さて、今年取り組んだことの一つにネビュラブースターによるナローバンド撮影があります。IDAS NB2-PMおよびNB3-PMの優れているところは、競合他社製品および同社NB1-PMと比べ、Hβをきちんとカットオフし、OⅢ輝線のみを通すところです。この特性のおかげで、冷却CCDカメラの三色分解フィルターやカラーカメラと併用することで、単波長のみを取得し、輝線のみの単色像撮影を行うことが可能になります...

続きを読む

インパクトロンCCDによるかに星雲

遠州地方、相変わらず晴れません・・。12月なので、晴天に恵まれても良い気がするのですが・・本日は、ユネスコ浜松の星空教室のお手伝いがあるのですが、このお天気だとどうかなぁ・・天候不順なら観望会は中止とのことですから、ダメかもしれません。さて、表題のインパクトロンCCDで撮影したかに星雲です。ASC-11 28cmシュミットカセグレン クローズアップAC Pro1Dをレデューサとして使用焦点距離 2000mmくらい?(後で算出...

続きを読む

天文雑誌入選ほかイロイロと・・

今日は天文雑誌の発売日!早速、本屋さんに行きたいところですが、、本日は、娘、明星の親子参観会があり、有給をとっていました(なので、昨晩撮影できたというのもありますが ^^;)幼稚園でのおたのしみかい。劇や歌、演奏など、いろいろと頑張っていました。なんというか、もう年長さんなので、当たり前といえば、当たり前なんですが、成長したなぁ。大和くんがいろいろと五月蝿かったので(幼稚園に馴染みすぎ・・ ^^;...

続きを読む

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ