FC2ブログ

記事一覧

星座写真

たまには・・ということで、星座を撮影した例をお見せします。ボクは、普段使いのカメラにはCanonのPowerShotG9を使っています。このカメラはコンパクトデジカメでありながら、一眼レフデジカメのサブ機としても使える様に様々な機能を備えています。マニュアルでの撮影も出来、しかも、インターバルタイマー設定もできます。露出時間は15秒までしかできませんが、それでも、星座はなんとか写すことができます。いて座 PowerShotG...

続きを読む

いるか座の惑星状星雲NGC6905

お天気が悪いですねー。とりあえず、未処理のまま放置している画像をぼちぼちと処理しています。画像処理に時間がかかる昨今、手付かずのままになってしまうことも多いです、、、VISAC with CloseUp AC No2 約1400mmF7 ST8XME  いるか座の惑星状星雲、NGC6905です。視直径はわずか1.7'。満月が15'の大きさですから・・約1/8の大きさしかありません。さすがに小さいですねー。それでも、惑星状星雲としては大きく...

続きを読む

プリンタ購入

中天で写真展を行うのをきっかけに、プリンタを更新しました。中天での写真展は遠天とは少し違ってもう少し本格的に行うので、A3以上での作品が必要です。前回はデジタルプリントで行いましたが、しかし、普段使うのはインクジェットプリンタです。デジタルプリントで済ませた方が画質はいいかもしれませんが、自分としては得るものがありません。現在使っているPIXUS990iはもう6年も前に型落ちになったのを買ったものです。不満...

続きを読む

雨ニモマケズ風ニモマケズ

今日は・・というか、すでに昨日ですがσ(^^; とても良い天気になり、夕焼けが非常に美しい空でした。透明度も良く、期待させられる天気でした。ただ、月の位置がおうし座で、しかも満月過ぎたばかりです。これではいくらフィルターを使ったとしても、オリオン座付近は狙えないことでしょう。 ミューさんとGENTAさんは、お山に星狩りに。ボクの方は、オライオン30cmのテスト(実は先週末に、焼津で主鏡周り最後の改造を行...

続きを読む

第13艦隊誕生

最近のデジタル化された天文機材では屋外でも使えるノートパソコンがほぼ必須になっています。しかし、屋外に持ち出す関係上、結構、壊れることも多いです。今現在、使っているsotecのノートPCですが、液晶モニタの左付け根のところが割れてしまっています。幸い、機能面では今のところ問題ありませんが、これまでにも、 おっことして壊したこと、2回 σ(^^; や、ま、まあ、ほら、寝不足で作業してるから、ついってあるじゃな...

続きを読む

アインシュタインの十字架

アインシュタインの一般相対性理論によると重力場中の光は曲がって進むことが述べられています。光そのものが曲がるわけではなく、大質量の周囲では空間そのものが歪められる為、結果として光が曲がると考えられています(その結果として重力が生まれるということ・・らしい・・^^;) このような大質量によって歪められた空間がレンズの役割を果たし、より遠くの天体が集光されて実際では観測困難な天体がより明るく観測でき...

続きを読む

惑星状星雲M57

惑星状星雲は、その大きさから、惑星によく似ている!ということから、PlanetaryNebulaと名付けられました。しかし、実際には、太陽の様な比較的小さな恒星がその一生を終える間際の姿で、惑星とは全く関係がありません。年老いた星は、やがて、ガスを周囲に放出していき、白色矮星になります。こうして放出されたガスが白色矮星となった星からの紫外線を受けることで、励起され、特定の原子特有の光を出します。これが惑星状星雲...

続きを読む

ハートレー第2彗星

今晩がハートレイ第二彗星の近地点ですが、生憎のお天気ですね。もっとも、今晩だけ見られるという訳ではなく、あくまでも、地球にもっとも接近する日というだけで、ここ1週間程度は同様の姿を見ることができるでしょう。ハートレイ第2彗星 New FD300mmF2.8 Olympus E-300 8分×6コマ 10/18未明に撮影してきたハートレイ第2彗星です。地球とのみかけ上、テイルがやや伸びてきた様子が伺えます。相変わらずエメラルドグリー...

続きを読む

E-300による馬頭星雲

お待たせしました。E-300(未改造機)による馬頭星雲です。処理に手こずり、遅くなってしまいましたm(_)m馬頭星雲 New FD300mmF2.8 Olympus E-300(未改造) 8分×6コマ@ISO400設定 F2.8という明るい光学系を使っているから、というのはありますが、Hα線へのレスポンスは確かに他機種に比べ高い様です。馬頭星雲 タムロン300mmF2.8 FinePixS2Pro 10分×10コマ S2Proによるデータと比較すると、色調補正に難がある...

続きを読む

ぼうら屋へ・・

ミューさんからメール入ってました。 今夜は曇っていても行きますよ~ではまた後で ぼうら屋さんですよね は?曇ってますよ!?と思っていたら丁度℡が。 GENTAさんはもうぼうら屋いるって~ いやはや・・・なんつーか、もーマジですかぁ~だんだん雲はとれてきてますが・・・衛星画像を見ても、GPVでも夜明け前になるんじゃ・・・。なんというか元気だなぁ・・ まあ、金曜日に出かけようとしてた...

続きを読む

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ