FC2ブログ

記事一覧

エルピス

パンドラ計画については以前、書いたこともありますが・・CV-04LおよびST7Eのアップグレード作戦を、パンドラ計画と名づけ、実施していたことがあります。その結果として、CCD素子を購入して、比較的低廉に(あくまでも、当時としては・・・という感じですが)、高感度化、150万画素に高画素化したのがオペレーションパンドラでした。 時代は流れ、ST7Eベース機が壊れてしまい、当時、SXV-H9をK&Rさんからお譲りしていただい...

続きを読む

星雲巡り

綺麗な天体写真を撮るのも、いいのですが、ひっそりと人知れず輝いている小さな天体を巡るのも、面白いものです。11月になってやっと、晴れの日が増えてくれたので、ひさびさに星雲巡りもできました。 NGC100 イプシロン200 ST8NGC100,横向きの銀河です。特に構造も見当たらなくてあまり面白い天体とはいえませんが (^^; NGC266 ST8 イプシロン200やっぱり小さな天体ですが、正面から見た棒渦巻銀河です。こういう...

続きを読む

独断と偏見による望遠鏡の選び方?

下のコメントにありますように、ぽるこ・びあんこさんが望遠鏡の購入を検討されているとのこと。ぜひ、みなさんからもご意見やアドバイス等ありましたら、宜しくお願いします m(_)mぽるこ・びあんこさんが、候補に挙げられたA80-SXVから判断すると、予算は、\200k。これはこれから初めてみようと考えている方にとって結構思い切った金額だと思います。また、いろいろと調べられた上で考えた金額でもあるんだろうなと感じまし...

続きを読む

ST8300Mによるペリカン

またまたST8300Mによる作例です。諸事情により、今年年頭に早々に手配して入手したカメラです。手持ち機材の中ではイプシロンをメインとして使おうと考えていたのですが・・・イプシロン200 ST8300M Orion Extra-Narrow Hα(7nm) 10分×14コマ自宅にて 真ん中右の明るい輝星の回折が2本になってるでしょ?これはさすがに改善の余地が無いと思うんですよね、、どう頑張っても。フォーサーズでもカラーCCDなら寛容なので、E...

続きを読む

白銀の月

こちらはやはり昨晩撮影したEOS40Dによる月面です。MT160+コレクターレンズ EOS 40D 1/250秒×8コマ@ISO200 データは全くS3Proと同じです。こういしてみると切れ味は画素数からEOS40Dに分がありそうですが(ちょっとだけ、画像復元のパラメータ悪かったですけど、、、^^;)、色彩はオートホワイトバランスが効きすぎて白銀の月になってしまいます。これはこれでいいな、というのもありますが、やはり、S3Proの眼視に近い...

続きを読む

お月様

昨晩、例会の帰りにあまりにも月が綺麗でしたので、帰宅後に久々に月を撮影してみました。天気予報では、夕方だけ晴れてすぐに曇りの予報でしたが、実際には、夜半過ぎになっても晴れたままでした。う~ん、何か、冷却CCDカメラで撮影しても良かった鴨。MT160+コレクターレンズ FinePixS3Pro 1/250秒×8コマ@ISO200この月面の淡い微妙な色彩は、フジのデジカメならではなんですよねえ、、EOS40Dだと白銀の月になってしまいますが...

続きを読む

れいかい!

本日は中天と遠天の例会でした。予定より少し遅くなりましたが、11時前に自宅を出ました。浜名バイパスを通り、遠州灘を見ながら、豊橋へと向かいます。それにしても、雲ひとつ無い青い空に青い海。暖かな気候。絶好のドライブ日和です。 葦毛湿原の近くなのですが・・やっぱり1時間では着かないなァ・・銀杏の木、まだ青いままですね。 中天の例会の様子です。今回は、写真展の作品の収集日で、写真に裏打ちして、作...

続きを読む

昨晩の木星

昨晩の木星です。透明度はイマイチっぽかったのですが、シンチレーションは割と落ち着いていた感じがあります。そうはいっても、あくまでも、この時期にしては・・ですが・・・ MT160 Power Mate×5 DMK21AF04/DFK21AF04 19:59頃 早速、CameraRAWを試してみましたがが、そっか、、どうもこの手の被写体には向かない様です。淡く広がった天体には好適そうですが、コントラストが強い惑星では欠点もあります。パラメー...

続きを読む

ST8300Mによるモンキー星雲

ST8300Mによるモンキー星雲です。MT160+MPCC ST8300M 光映舎 H-alphaフィルタ使用 12分×5 ST8300Mはフォーサーズフォーマットですが、これを活かせる光学系はなかなか厳しいものを感じます。カラーセンサでは、4画素から補間するためか、星像についてはかなり寛容になるようですが、モノクロセンサでは、かなり星像について厳しい性能を求められる様です。手持ちの機材ではこのCCDを活かせる望遠鏡は、MT160+MPCCの組み...

続きを読む

ショボーン (´・ω・`)

えっとね、最近、帰ってくるともう暗くなっていたということもあって、じぇんじぇん、気がついてなかったんですが、ポストの奥にこんなものが入ってました・・・。げ、、天文年鑑ってば、、、、フツーもうでてるのでは~ と、思って封筒の日付を見てみると11/10日付けの日にちが。あちゃあ・・・ポストの奥にあったとはいえ(ついでにいえば、多分、3日に1回くらいしかポスト見てなかったけどさ、、^^;)、、あちゃあ・・・。い...

続きを読む

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ