FC2ブログ

記事一覧

ミューさん来訪

久々に、ミューさんから連絡があって、午後から遊びにこられました。 相変わらず仕事の方はお忙しい様でしたが、いつぞや紹介した20cmF6.7反射で撮影できる体制も整った様で、土星の画像を持ってきてくれました。 ミューロン250と比べてどおよ?と聞くと、やっぱりニュートンはいいね。ピントがビシっと来る。3倍だと拡大率が足りないので、PowerMate×5も買っちゃったよ。あれから晴れてないので、実験できていな...

続きを読む

プレート作成

さて、今日は、かねてからの懸案事項であったプレート作成を行いました。ホントは梅雨の間にでもやっておけばよかったんですけどね ( ̄▽ ̄;) ま、あれから晴れてないし、別に変わらないかぁ~ ;≡ワ≡って、笑い事じゃナイヨ!? ) ̄ε ̄( ブーいい加減、晴れてほしいですねぇ~  さてさて・・なにはともあれ、プレート加工です。ボール盤  PowerShotG9 デジタルカメラ、絞り優先 ボール盤です。ひょっとしたら...

続きを読む

晴れませんねぇ・・・・ε=( ̄。 ̄;)フゥ.

晴れませんねぇ・・ってか、なんか、梅雨前線が降りてきてるし! (゚д゚;) このまま、秋雨前線になっちゃったりしないでしょーね・・・ ( ̄ヘ ̄)さすがにネタも尽きてきましたが(笑)昔の画像を引っ張り出してきました ( ̄▽ ̄;) イプシロン200 望遠鏡 SXV-H9冷却CCDカメラ4年ほど前に撮影したM106です。んー・・今、再処理するともう少し良くなりそうですが・・・・しかし、やはりイプシロン200とSXV-H9とのコンビは素...

続きを読む

望遠鏡・双眼鏡整備

梅雨はとっくに明けたというのに、晴れませんねぇ・・ ε=( ̄。 ̄;)フゥ.週間天気予報では☀マークもあるんですけどね、、曇優先ですから、たぶん、安定した撮影はできないでしょう、、(´・ω・`)さて、定時日でしたので、明るいうちに帰宅。さしあたり、望遠鏡の調整をすることにします。ASC-11 アプラナートシュミットカセグレン望遠鏡 ASC-11は狂ったHelixで調整したときに大幅にずらしてしまい、ネジが足りなくなって光軸...

続きを読む

ぼうら屋さんに行ってきました

PCの調子が悪く、とうとう土曜日には一度セーフモードで立ち上げないとOSが起動しなくなりました、、、と、いうわけで、昨晩からPC復旧作業を行っています・・いろいろとこちらも顛末が満載ですが・・・再インストールほど虚しい作業はないですね、、、PC買い替えも考えたのですが・・・とりあえずもう少し、我慢しておこうかな・・と思って、再インストールすることにしたのでした。一応、なんとか復旧?でも、まだまだ設定しない...

続きを読む

遠州天体写真愛好会 web写真展

遠州天体写真愛好会のWeb写真展のページが完成しました! 今年開催された写真展のWeb版です。ぜひご覧くださいませ!...

続きを読む

ヘラクレス座銀河団

台風は過ぎ去ったものの、相変わらずお天気悪いですねぇ・・来週からは待望の新月フェイズに移行しますので、そろそろ好天を期待したいところです。さて、3月に撮影したものの未処理のままとなっていたヘラクレス座銀河団の写真です。ヘラクレス座銀河団 VISAC望遠鏡 NPR1073レデューサ使用 1460mm F7.3 ST8XME冷却CCDカメラL=5分×9コマ RGB=各5分×3コマヘラクレス座銀河団といえば、教科書などで銀河団の例としてよくパロ...

続きを読む

はくちょう座の超マイナー対象ズ

はくちょう座といえば、網状星雲や北アメリカ星雲、γ星付近に広がる散光星雲、などなど、天体写真マニアにとっては、素晴らしい被写体が多数ある星座です。今回は、その中でも超マイナーな星雲星団を紹介しましょう。はくちょう座のマイナーな星雲と聞いて、何を思い浮かべますか?まずはこの辺りでしょうか・・・・?NGC6888 三日月星雲(Crescent Nebula)  MT160反射望遠鏡 レデューサ使用 ST7ME冷却CCDカメラCrescent Neb...

続きを読む

Suica

今月始め。CANPに出かける際、Suicaを改札にかざすと、Error!なんで~?時間もさほど余裕を見てなかったこともあって、とりあえず切符で出かけたわけですが・・でも、CANPの時も、横浜線、京王線と乗り継ぎで行くので切符だとちょっとメンドウ・・・チャージもそこそこ残ってた筈だしなぁ~ とりあえず、CANPの帰りに、窓口に相談したところ、「あ、こりゃICが死んでるね」とのことで、再発行手続きを行いました。「とりあえ...

続きを読む

観測記 7/14

久々に卓球をやってきて、ちかれていたので、21時15分くらいからぼちぼちと開始。まずは昨晩ミスした極軸を調整しなおし。ドリドリして、こんな感じに。まだちょっと右肩あがりですが、まあ、これくらいならいいかなぁ・・・あ、ガイドカメラはSXV-H9Cの冷却CCDカメラを使っています。さすがに2/3インチCCDのセンササイズのカメラですので、ガイド星が見つからないということはまずありません。ガイド鏡はFC-50です。 望...

続きを読む

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ