FC2ブログ

記事一覧

天体観測ネタ 次にやってみたいこと

今日まで休みをとってありますが、昨晩、浜松の方に戻ってきました。GPV予報だと、浜松市は晴れだったと思ったのですが、実際に戻ってきてみると、雲が多く、残念!(;゚Д゚)今晩も、晴れ予報なのですが、さてさて。どうなることやら・・。晴れれば、月夜ですが、望遠鏡を出して、久しぶりに撮影といきたいところです。んー・・オライオンだとちょっと視野が狭すぎて被写体がいいのが無いかもしれませんが・・撮るだけ撮ってみようか...

続きを読む

亜鈴状星雲M27

今日は実家でのんびり。一応、少し未処理画像の処理をしてみました。以前、お見せしたM27 亜鈴状星雲を再処理してみました。http://art61.photozou.jp/pub/755/2183755/photo/228354129_624.v1443359880.jpg亜鈴状星雲 M27 オライオン30cm反射望遠鏡 パラコア2使用 SXVR-H694 冷却CCDカメラにて亜鈴状星雲は、鉄アレイの様な形をしていることから、その相性があります。明るい部分だけで見ると地図記号の銀行マークの様な形...

続きを読む

ギプスがとれました

やー・・、足をくじいたのが8月30日。約一月経って、今日、やっとギプスが外れました。でも、まだ足が腫れているので、完全に治るまではまだまだかかりそう・・。装具を作って貰ったのですが、これが少しなれないとちょっと歩き難いかな・・。でも、きっと、この装具が無かったら、ギプス生活も長引いたんじゃないかなーと思えば、やっぱり作っておいて正解だったかな。何はともあれ、ギプスが無くなったのは楽ですね。久しぶり...

続きを読む

CMOSカメラの考察

世間はシルバーウィーク真っ最中ですが、毎年9月と3月は期末で仕事が通常の3倍ほどあり、ひーひー言ってます (;゚Д゚)足の骨折もあり、お天気が悪かったこともあり・・今月は、流石に天文雑誌、星ナビに応募するネタがないなぁ・・と、がっかりしているところです Σ (゚Д゚;)うーん、多分、投稿するだけなら、ここ3年ほどは途切らせたことはなかったと思ったのですが、流石に、今月はやむなし、ですね。下手な画像を送っても、ダ...

続きを読む

今日ははだか祭!

今日は磐田名物、はだか祭の日です。ボクが住んでいるところは、比較的、新しく出来た(と、いっても、30年前ですが)ニュータウン(笑)ですので(この呼称からして・・^^;)、あんまりお祭りに熱心な方ではないそうですが、それでも、地方に来て、初めてお祭りの楽しさを教えて貰いました。神奈川にいた頃は、商店街のお祭りは楽しみでしたが(今は多分、もうやってない・・というか商店街自体が消滅してるでしょうが・・)...

続きを読む

おうし座の衝突銀河 NGC1614

みなさん、こんばんわ。相変わらずのギプス生活ですが、足の腫れもだいぶ引いてきたみたい・・まぁ、まだギプスが外れるまではいかないのでしょうが、内出血の痕を見ていると(未だに血出てそう)、やっぱり大怪我だったんだなぁ・・ほんのちょっと躓いただけだったのにね・・(;゚Д゚)画像処理を急いでやらなくてはッ!と、ゆーわけで、メインPCのCore i7 3770K 3.5GHz RAM16GB の傍らで、ノートPC Core i5 2520M RAM 6GB(但しOS...

続きを読む

久々に望遠鏡を出しましたが・・・

足はギプスをはめたままですが・・・せっかくの晴れなのと、GENTAさんを始め、遠州天体写真愛好会のメンバーの竜頭山行きに刺激されて、久々に望遠鏡を出しました (^O^)でも、ギプス側の足はともかく、反対の右足にも負担がかなりかかるせいで、足の裏が痛くなるのもあって、いつもの3倍以上の時間がかかってしまいました・・http://art61.photozou.jp/bin/photo/227701266/org.bin?size=1024NGC281 MT160反射望遠鏡 MPCC使用...

続きを読む

今日は竜頭山で遠天星空観望会!!

・・・ですが、足を痛めていて、車の運転も出来ないので、仕方なく、自宅待機です・・  (゚Д゚;)しくしく。昼間はほぼ、快晴!でした。みなさん、望遠鏡や双眼鏡、デジタル一眼レフ等、各自機材を持って、でかけているんだろうなぁ。GPVではちょっとアヤシゲなお天気予報ですが・・・今日のGPVはハズレコースっぽい。無事、晴れてくれるといいですね!あー、早く、足のギプスが外れて欲しいデス・・。水曜日に一度、ギプスを外した...

続きを読む

各波長による星雲像

みなさん、ご存知の通り?散光星雲(発光星雲)や惑星状星雲は、星(恒星ないし白色矮星)からの紫外線照射を受けて、ガスが電離し、ふただび、電子が基底状態に戻る時に光を出す・・・つまり、ガスの原子に特定の光、輝線を放出しています。複数の輝線が集まって美しい星雲の色彩が見られるわけですが、昨今のデジタルカメラ(冷却CCDカメラ以外にもデジタル一眼レフカメラ、CMOSビデオカメラも含めて)はかつてのフィルムに比べ圧...

続きを読む

2誌入選!

例年どおり、本業が忙しい上、足骨折でギプス生活・・さすがに、今週は疲れました・・(;゚Д゚)まー、頑張るしかないんだけどね!仕事が落ち着いたら、何かポチろうと思ってます(笑)今月号は2誌入選でした!http://art53.photozou.jp/pub/755/2183755/photo/227368743_624.v1441471490.jpg星ナビ 2015年10月号 入選作 惑星状星雲M27 フジ X-E1デジタルカメラ6/21の撮影で、梅雨の中休みでの撮影でした。梅雨の中休みは高い透...

続きを読む

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ