FC2ブログ

記事一覧

ZWO EFW、ToupCAM、Win10でCCDSoft

タイトルからしてごちゃごちゃしてきますが・・(^-^;) 今日は、庭の芝刈りをしてから、夕方、いろいろと機材テストをしました。星見屋さんにZWOのEFWを発注したら、2,3日程で速攻で届きました。(9/20荷受け)さすが、仕事が早い!ZWO EFWとTureTech Filter Wheel   手前がZWOのEFWです。質感も悪くないのですが、使っている皿ビスがちょっと粗悪かな。すぐにナメそう。フィルターを固定するネジ枠も、TureTechのもの...

続きを読む

卓球大会優勝!!

今日は、毎年恒例。会社の卓球大会でした。昨年から9月開催になって地味に参りますが、なんとか休日出勤は回避し、参加できました (∩´∀`)∩ワーイ奥がボクが所属するチームのS君とIさん。いやー、なんだかんだで、自分の方も、3勝2分け(2ゲームで3ゲーム目は無し、じゃんけんになるので・・)。じゃんけん含めると、4勝1負という形にはなっちゃうんですけどね、、、(じゃんけん負けました)もっとも、ダブルスでの団体戦です...

続きを読む

月と水星の接近

先日の台風一過。目覚まし時計に起こされて、5時に星見丸に出てみると、細い月と水星が見えていました。こりゃあ、撮っておこうと、パチリ。月と水星の接近 9/19未明 フジ X-E1 デジタルカメラ XC50-230mmにて。日本の南の地方では水星食だったのですね(◎-◎;)!!そりゃー、接近もしているワケですね。星見丸 NJP運用開始・・・!まだまだ、課題は多々あるのですが、とりあえずは、ALICE-II 半自作CMOSビデオカメラによるラ...

続きを読む

ひさびさの晴れ!

さて、台風一過で、今日はいいお天気です!風も、GPV予報だと夜半からは弱まってくるみたいです。気がついたら、新月期。なにしろ、ホント晴れませんでしたからね~仕事の方も立て込んでいるものの、やや早めに切り上げさせて貰って、20時半には自宅に戻ってきました。いそいそと準備開始。星見丸での2回めの撮影になります。NJP赤道儀の極軸を極軸望遠鏡で合わせて、自動導入。精度もバッチリみたい。やっぱり、極軸望遠鏡が使え...

続きを読む

ASC-11によるかに星雲

相変わらず、遠州地方は晴れません・・休日出勤は回避できたのと、台風が予報より北寄りにずれてきていましたので、敬老の日、ということもあって、神奈川に行ってました。さすがに帰りは、風が強かったですが・・・さて、撮影していないものの、子供が生まれてからは撮影していても処理していないというデータが結構あったりします。なかにはなかなか面白そうなデータも残っていたので、ちょこっと処理してみました。かに星雲 M1...

続きを読む

相変わらず晴れない・・

相変わらず、遠州地方は晴れません。いや、まぁ、昨晩は夜半頃から晴れたのですが・・それまでがかなりの雨ですからね。とてもでないけれど、望遠鏡を出そうという環境ではなかったです・・・と、いうわけで、ホームページを作りつつ、過去画像を再処理していました。子持ち銀河M51 2012年撮影 MT160反射望遠鏡 直焦点 SXV-H9C カラー冷却CCDカメラにて。少し、彩度等を調整しました。ディテールなどは、16cm反射望遠鏡の性能...

続きを読む

遠天例会

今日は遠天例会でした。普段の豊田町図書館が、改装工事で使えない為、磐田市中央図書館での開催でした。新しい場所だからか?参加人数も多く、いろいろな話しで盛り上がりました。ニンジャS浦さんのASI290MCと、QHY5II-PS浦さんは新兵器ASI290MCを購入していました。カラーなら、ASI224MCの方が、感度が高いのですが、、ただ、画素ピッチまで考えると、惑星の場合は、拡大率を変えることで、一概にダメとは言い切れませんね。なん...

続きを読む

ベランダ物置き

嫁さんと子供は、岡山の実家に帰省中。まぁ、以前も繁忙期は実家に戻って頂いたこともありますが。ひさびさに独りの休日です。とりあえず、10時まではネットニュースを見たりして、うだうだしてました。11時半まで、懐かしいマンガをみつけてしまい、おもわず読みふけってしまいましたが・・(; ̄ー ̄A アセアセ・やることはやっておかなくては・・!まずは、フラットシュミットカメラ、FSC-203を実戦稼働すべく、まずはファインダー台...

続きを読む

不採用作品

今回は、いろいろと書きたい内容が多かったので・・・・さて、いつもどおりの?不採用作の紹介です、、星ナビ 不採用作 NGC5907 StarStreams オライオン30cmF4反射望遠鏡 パラコア2使用 SXVR-H694冷却CCDカメラNGC5907周囲のStarStreamsを狙ってみましが、非常に淡く、思った以上の難物でした。画像処理を何度もやり直して、やっとなんとか、仕上げましたが、、、、難しい・・!!星ナビ誌の天上のCCD画像で紹介されていたNG...

続きを読む

星ナビ入選!

星ナビには、QHY5III178Cによる作品が入選でした!(∩´∀`)∩ワーイ星ナビ入選作 リング状星雲M57ラッキーイメージングによるM57です。5年前、同様の手法で撮影したことがありますが、当時はモノクロCCDで1枚あたり4秒かけて撮りました。今回は、カラーCMOSで1枚あたり2秒でも十分なS/Nが得られ、改めてカメラの進歩を実感しました。ん、雑誌では、同様の手法で、の部分が割愛されているので、文章のつながりが不自然ですが・・・CCD...

続きを読む

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ