FC2ブログ

記事一覧

R64フィルターによる北アメリカ星雲

だいぶ前になりますが (^^ゞ10/30にR64フィルターを使って北アメリカ星雲を撮影したことがありました。ブログでは1枚画像からの処理を紹介しましたが、やっと、処理してみました。R64フィルターによる北アメリカ星雲  フジ X-E1(未改造) Canon NewFD300mmF2.8L 望遠レンズ10分×12コマ コンポジット@ISO1600 自宅ベランダにて。モノクロによる星雲表現、思いの外、難しかったデス・・。もう少し星雲のメリハリを出した...

続きを読む

とも座の惑星状星雲NGC2440

うー・・ん、今晩も晴れそうではあるのですが・・・寒さと月の大きさと、風の強さに負けて、さすがにパスかなー・・・GPVでも一時曇る予報だしなー・・。まぁ、ここで無理しても・・って気が (; ̄ー ̄A アセアセ・さて、ToupCamで撮影したとも座の惑星状星雲NGC2440です。とも座の惑星状星雲NGC2440 L画像 TopuCam 2017年11月27日撮影 24:25~ 2秒×700コマ 23分20秒カラー画像 QHY5Ⅲ178C 11月1日撮影 26:46~ 4秒×320コ...

続きを読む

昨晩の撮影と銀河巡り

さて、昨日は1日、いいお天気でした。嫁さんがいないので、洗濯はしましたが、暖かで、何もしないのも勿体無いお天気ではあるのですが・・・体調もいまいち復調しきってないのと、細切れ睡眠だったのもあって、午後は、そうそうにお昼寝・・うーん、結局、この1月の休日は、ずっと寝て過ごす羽目に・・・(;´д`)トホホ…困ったものです・・・さて、当初のGPV予報からすると、温かいうちにオライオン30cmに換装する予定でしたが、思っ...

続きを読む

ひさびさの撮影

寒い日が続きますねぇ・・。一昨日は、車の温度計が-3℃を示していました Σ (゚Д゚;)昨日は0℃でしたが、浜松としてはこれでも、寒い方デス・・さて、昨日は残業もなく、定時で帰宅。GPV予報も良さそう。ただ、月が大きいのと、位置がおうし座。これだと、さすがにナローバンド撮影もできない位置。おまけに、風が強い・・・!これではオライオンは使えない・・・うーん、寒いし、パスしちゃおうかなぁ・・。体調も完調したわけで...

続きを読む

オリオン座の惑星状星雲 NGC2022

寒波が来てるせいで、帰宅時の車の温度計はなんと-1℃!さむー・・!と思ってたら、雪まで降ってきました・・積もらなければいいのだけど・・…( ̄ヘ ̄;)ウーンさて、オリオン座にある惑星状星雲NGC2022です。NGC2022 オライオン30cm反射望遠鏡 パラコア2使用 ToupCam 2秒×630コマ カラー QHY5Ⅲ178C 8秒×126コマアストロストリート製TopuCamは、AR0130センサーの超高感度特性もあり、良い仕事をしてくれます。ガイド...

続きを読む

エリダヌス座の小宇宙 NGC1398

やっと体調も復調してきました。声はまだ変ですが・・・┐('~`;)┌昼間は暖かく温暖で過ごしやすかったですが、今は急に寒くなってきたなー・・GPV予報に反して、またしても、星は見えてる様です。昨晩も、20時、24時、27時(寝る時)に窓から見てみたら、星は見えていました。20時の時は若干、雲もありましたので、撮れる状態ではないなーと諦めてしまいましたが・・・。ちょっと失敗だったかなぁ・・。暖かだったし、銀河巡...

続きを読む

ASC-11によるかに星雲

ASC-11 DeepStrikerを導入したのも、気がついたら、もう、10年も前。自分の機材のフラグシップモデルとして、VISACの後継機の位置づけで、ふにゃ太郎さんから譲っていただいた、C11を、そのまま、田中光化学工業にて、ASC化。この機体は、相模原亜におられるS先生に次ぐ2号機だと思います。初期ロット故、破格で改造を請け負っていただけたと思いましたが、トータルコストでは、間違いなく、当時の自分にとってのハイエンド機と...

続きを読む

いっかくじゅう座の惑星状星雲NGC2346

いっかくじゅう座というと、ばら星雲が有名ですが、ひっそりと小さく、惑星状星雲もいたりします。いっかくじゅう座の惑星状星雲 NGC2346 オライオン30cmF4反射望遠鏡 パラコア2使用L:ToupCam 4秒×200枚くらい? RGB=QHY5III-178C 10秒×?コマえーと、詳細なデータはあとでちゃんと計算してみないと出せないのですが・・・(; ̄ー ̄A アセアセ・ToupCamは、なんだかんだで感度が高く、良く写ってくれます。どちらかというと、QH...

続きを読む

可能性の獣、40cmドブソニアンによるM82

ちょっと中途半端な枚数だった(HDD空き容量が無くなった)のもあって、放置していたのですが・・・風邪のせいで、結局土日は自宅にいたので、処理してみました。いや、未だに声が出ないデス・・・。もー・・・前回のYuenoさんの助言を活かし、撮像前にバランスをチェック。結局、ALICE-Ⅱ自体が400gはあると思うので、パラコアⅡを使うと明らかに頭が重たくなってしまう・・・(EWFはすでにこの時点でオミット)やむな...

続きを読む

自宅撮影のデメリット・メリット

やー・・未だ調子が悪いままデス・・・今回は、自宅撮影のデメリットについて考えてみたいと思います。自宅撮影の一番のデメリットって、なんだと思いますか?光害があること・・・と、真っ先に頭に浮かび上がると思います。が、実はそうじゃないんだな。もちろん、光害も大きなデメリットですが、一番大きなデメリットは、モチベーションがあがらない事だったりします。と、いうのは自宅で撮影するとなると、ひとりぼっちです。遠...

続きを読む

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ