FC2ブログ

記事一覧

梅雨は明けたが・・・

東海地方はすっきりと晴れないお天気が続いています。せっかくの新月期なのですが、これだと星雲・星団の撮影はできませんね、、、それでも、遠天の仲間たちは、惑星撮影を頑張っていて、ちょっと自分もやる気が出てきました。シーイングは、大型の台風8号がいるからでしょうか?案の定、よくありませんが・・・ひさびさに望遠鏡を出して惑星撮影をしました。火星 オライオン30cm反射望遠鏡 PowerMate5倍 QHY5III178C カラーC...

続きを読む

ToupCamによるソンブレロ銀河

暑いですねぇ・・・幸い、こちらは大雨被害もなく。まぁ、そのうち、東海地震がドカンと来るかもしれない土地ですので、つかの間の平和ですが・・さて、ToupCamでの作例ということで、ソンブレロ銀河です。オライオン30cmF4 反射望遠鏡 with パラコアⅡ ToupCam/QHY5III-178C(カラー)にて撮影ToupCamは1枚あたり2秒、QHY5III178Cでは6秒で撮影した、いわゆるラッキーイメージングでの作例となります。ただ、撮像したの...

続きを読む

今日は七夕

ですが、あいにくのお天気。こちら静岡方面でも、残念ながら、星空は見られそうにもありません。それにしても大雨被害には愕然とします。嫁さんの実家は岡山なので他人事ではないのですが、岡山市街方面はさほど問題ないようでほっとしています。被災された方々、心よりお悔やみ申し上げます、さて、本日は七夕ということで、ToupCamによるM57を仕上げてみました。M57は、七夕の織姫星と同じ星座にある明るい星雲です。ToupCamによ...

続きを読む

感無量、月例フォトコンテスト2誌入

今日は天文雑誌の発売日でした。無事、なんとか入選することができました~。特に、星ナビに採用して頂いた、NGC5044付近は、昨秋から取り組んでいたイプシロン200+ST10XMEのスーパーサブによる入選作だったので、とても嬉しい♪星ナビ 2018年8月号 入選作 DeepSkyNGC5044付近 イプシロン200 アストログラフ ST10XME冷却CCDカメラNGC5044付近の銀河たちです。楕円銀河NGC5044,ダイナミックな腕を持つNGC5054の他、様々な形状...

続きを読む

火星7/1

朝、4時前に起きてきて、ベルギー戦、負けてるんだろうなーと思ってTVを付けてみたら、まさかの0-0!おぉ、頑張ってるじゃん!!負けてるだろうから、さっさと寝ようと思ってたんだけど、予想外!! (; ̄ー ̄A アセアセ・これは見なくては!!後半戦は怒涛の展開で見入ってしまいました。惜しかったなぁ。乾の無回転シュートはすごかった!負けてしまったのは残念でしたが、前回みたいにせっかく早朝に起きて見たのに・・という...

続きを読む

30cm VS 40cm

大口径を夢見て、40cmGotoドブソニアンを導入したわけですが、オライオン30cm×冷却CCDカメラSXVR-H694でも、自分が撮りたい天体写真は撮れています。40cmドブソニアン×CMOSカメラに期待するのは、よりディテールの向上、分解能の向上にあるわけですが、実際にどうなのか、比べてみました。左:オライオン30cmF4反射望遠鏡 パラコアⅡ使用 SXVR-H694冷却CCDカメラ右:SkyWatcher 40cmF4.4反射望遠鏡 パラコアⅡ使...

続きを読む

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ