FC2ブログ

記事一覧

昨晩は結局、雲取れず・・

昨晩は、GPV予報だと晴れ間が広がる予報でした。卓球練習をしてから帰宅。確かに雲はありますが、遠くの山並みもよく見え、透明度も高そう。しかし、雲がありますし、シーイングも悪いだろうから・・とりあえずはイプシロンを使うことにします。一応、ひととおり、組み立てを行ってきます。おっとぉ・・・前回、気がついていませんでしたが、CFW-8のビスが止まりきっておらず、ガタガタ・・。あれま、、前回の撮影データは未だ処理...

続きを読む

木星 5/26

さて、なにやら、大赤斑に異常発生?とのことで、5/26日曜日の晩に撮影してみることにしました。前記事のように、夕方までは子守り&留守番。17時過ぎに嫁さんが帰宅してから、GPV予報をチェック。やはり、朝あったような雲の切れ目、安定した晴れの目はなくなったので、イプシロン側はまず片付けました。大赤斑は、夜半過ぎにならないと撮れませんが、まぁ、雲間からでも撮れればそれでいいか・・と、オライオン側の方は、SXVR-H6...

続きを読む

この週末

さて、金曜日は、ネビュラブースターの撮影テストの一環で、M16を撮影させていました。M16 5/24 イプシロン200 アストログラフ ST10XME冷却CCDカメラ NB2-PM+SBIG-Rフィルタ月が割と近くにいたと思いますが、この写りなら、問題なく、ナローバンド画像として機能していそうです。Hα側は半値幅19nmということで、バンド幅は広めですが、輝線強度が強いHα線なら十分な性能があります。M16 5/24 イプシロン200 アストログラ...

続きを読む

観測日誌 5/23

雲にやきもきされながら、ネビュラブースターのテストをした5/22。翌、5/23も晴れる予報でしたので、撮影させてました。もっとも、先日の疲れからか、寝不足なのか、体調はすこぶる悪い・・( ̄  ̄;) うーんとはいえ、定時で帰宅してきましたので、望遠鏡は組み立てます。オライオン30cm反射望遠鏡、こうしてみるとやっぱりでっかいですね ^^;40cmドブも出すかどうか迷ったのですが、気流が悪そうだったので、やめておきました。...

続きを読む

昨晩の顛末記

さて、昨日は、GPV予報によると、宵の口から晴れてくる予報でした!午後になると予報はやや悪化・・。それでも、21時には晴れてくれそうな雰囲気。水曜日は卓球練習の日なので、いつもの卓球仲間のMiyoさんと、あとO石さんと打って帰りました。んー・・湿度が高いせいか、運動不足のせいか、体が重い・・・Σ (゚Д゚;)思った以上に体力を消耗してしまいました。しかし、帰宅時でも雲が取り切れていません・・。それでも、晴れてくる...

続きを読む

系外銀河向けの光害カットフィルタ

もう、ここ5年程、自宅撮影が中心で撮影しています。子供が3歳になってくれれば、それなりに手がかからなくなるのは判ってるので、あと1年半、もうしばらくは自宅撮影中心の天体撮影を考えなければなりませんが・・・特定の輝線で輝いている散光星雲などでは、Hαフィルターを使うことで、光害地でも十分な撮像結果を得ることができます。最近では、IDASさんのネビュラブースターや、AstroDuoフィルターといったマルチバンドパス...

続きを読む

透過率とか反射率とか

北海道のエツさんが面白い話題を出していたのと、たまたま他の方からも似たような話題が出たので、ちょっとググって調べてみました。もっとも、一番、自分自身が関心があったのは、10年程近く前?タナ光のTaNaKaさんから、ディエレクトリックコーティングはNIRが抜けてくるよ、という衝撃的な情報でした。近赤外光は、都市部で銀河狙っている冷却CCD使いとしては非常に重要な帯域で、かつてのKodak CCDセンサーも、NIRに感度が高...

続きを読む

イプシロン補正レンズにフィルター装着

IDASさんのネビュラブースターが思いの他、早く届いたので、慌てて発注しました。ネイチャーショップKYOEI大阪から、購入した、イプシロン130/160用の補正レンズの前面にΦ52mmのフィルタを取り付けるアダプタです。以前、たまたま、ググったら、ヒットしたんですよねー・・。さて、ウチのイプシロン200は、2005年頃?イプシロン130/160用のデジタル補正レンズが発売された際に、スターベースさんでレンズの間隔をイプシロン200用に...

続きを読む

スカイウオッチャー NewDob Goto16の追尾実態

さて、土曜日晩は、お天気イマイチながらも、テストはできました。そのうちの一つが、SkyWatcher NewDob Goto16+ALICE-Ⅱでの撮影テストです。もちろん、経緯台ですので、追尾精度なんて問うのはナンセンス。でも、どんなものか気になるのも確かではないでしょうか?SkyWatcher NewDOB Goto16  パラコアⅡ使用 2070mm F5.07 半自作CMOSカメラALICEⅡ6秒露光での追尾実態さしあたりALICE-Ⅱで6秒露光で撮影した15枚の画像を並べて...

続きを読む

IDAS ネビュラブースター NB2-PM

昨晩は、結局、22時前まで丼曇り。その後はなんとか晴れてきてくれたものの、時折薄雲も出たり、といった状況でした。それでも、40cmドブで、ALICE-Ⅱのテスト。オライオン30cmの光軸チェック。だいぶよくなったと思います・・が、東向きに筒を振った際に、またミラーが動いたか?最後は光軸不良・・イプシロン200も一応撮影させて、、、っと。作品にはならないかもしれませんが、やっぱり撮影できると嬉しいですね♪ラッキーイメー...

続きを読む

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ