FC2ブログ

記事一覧

Offsetの考え方

コロナウィルスの猛威が続きますねぇ・・本来、夏場では湿度の高さで勢力が削がれるのですが。このまま秋冬になったら、どうなっちゃうの・・?さて・・ANDOさんから質問がありましたので、オフセットの考え方について書いてみようと思います。自分もCCD/CMOSカメラメーカ側のヒトなので、どうしても明確には書けない面はありますが・・少なくとも、Hamamatsuのカメラでオフセットを自分で決定しないといけないことはありませんの...

続きを読む

連休中に処理した画像 第三弾

コロナの感染拡大が止まりませんねえ・・こりゃ夏休みもSTAY HOMEになりそうです、、さて、連休中に処理した画像、第三弾です。オリオン座の惑星状星雲 Abell12 AOB合成オリオン座のμ星の直ぐ側にある惑星状星雲で、明るい星のそば、ということで、実はなかなか描出するのが大変です。RGB合成版RGB合成では、μ星の周りのゴーストに隠されてしまいます。フィルターはAstrodonですが、ゴーストが出にくいとされていますが、Gフィル...

続きを読む

私の天体写真スタイル

仕事からの帰り際。雲間から月と木星を見ることができました。たいしたことではないのだけど、ちょっと嬉しい。流石に撮ってみようかな?とまではいかないのですが、そろそろ梅雨明け間近かな・・しかし、コロナウィルスの猛威が止まりません。今年は、CANPも中止。岡山開催だったので、密かに都合つけて行けないか画策しようと思ってたものですが・・┐('~`;)┌と、いうわけで。ちょっと最近迷走気味なのもあり、自分自信の整理・...

続きを読む

連休中に処理した画像 第二弾

いい加減、梅雨が明けて欲しいものです・・もうずいぶんと望遠鏡を出していない気がします。さて、4連休中に処理した画像、第二弾です。NGC3684付近の銀河たち MT160反射望遠鏡 ST10XME冷却CCDカメラにてL=3分×30コマ R=3分×7 G=3分×5 B=3分×6左上の見事な渦巻銀河がNGC3686。ちょっと腕が1本飛び出しているような感じなのが独特ですね。真ん中にある渦巻銀河がNGC3684。右下の銀河がNGC3681です。最初これ楕円銀河かと思...

続きを読む

この4連休・・

生憎のお天気で、撮影は全くできず・・新型コロナも猛威を奮っているので、帰省もままならず・・。やれやれ、です。個人的には、梅雨時には一旦、落ち着くと思ってたんですけどねえ・・(´。`)さて、そんなわけで、この4連休は、割と台所で料理したり、未処理のまま放置されていた画像を処理してました。燃える木星雲 Orion30cmF4反射望遠鏡 SXVR-H694冷却CCDカメラ いわゆるSAO合成、ハッブルパレットで撮影した燃える木星雲...

続きを読む

今日はミラー清掃と光軸調整

昨日は、嫁さんが、演奏の練習ということもあって、下の子、大和とお留守番。結局、1日お世話しつつ、ゴロゴロしてしまいました。今日も雨が降ったり止んだり・・時折、日が射すのですが、天体撮影は無理でしょうねぇ・・(;´д`)トホホ…ネオワイズ彗星も気になってますが、このお天気では・・(´-ω-`)さて、少しはヤル気を出して、というわけで、今日は、望遠鏡のミラー清掃を行うことにしました。昔は必ず繁忙期を過ぎた4月に実施...

続きを読む

浜北森林公園

新型コロナウィルスの感染拡大が止まりませんね・・。静岡/浜松でも徐々に増えてきているので、心配です。ここ数日、ヤフオクを見ていたら、Kenko スペーシア125CとかVixen Planet-RC125Mなどが出品さされていました。どちらも、古き良き時代の製品で、スペーシアは1990年頃、Planet-RCはハレー彗星の頃だったと記憶しています。スペーシアはKenkoが開発したカセグレン系で、副鏡遮蔽率が50%!と大きいため、惑星には向かなく、当...

続きを読む

銀河巡り~ 短焦点+高精細ASI1600MM-Cool

4連休突入!・・ですが、新型コロナウィルス増加でどこにも行けなさそう。愛知・神奈川に挟まれたしぞーか県、ここにきて、感染者が増えてきつつあります。浜松でも、5人の感染者が出ており、いよいよ新型コロナウィルスが迫ってきた、といったところでしょうか・・。うーん、ちょっと安易に出かけにくい状況になってしまいました。そもそも、緊急事態宣言解除を何故前倒しした・・?とか、withコロナでGotoね・・w結果は小学生...

続きを読む

ST10XMEは難しい・・

銀河巡りの一環で撮影したNGC4593付近です。NGC4593付近 イプシロン200 ST10XME冷却CCDカメラスターリンク衛星の邪魔もあり、トリミングしたので、ますます横長に・・Σ (゚Д゚;)ST10XMEは、KAF3200MEというQEピーク85%、かつ今となっては画素ピッチが大きめの6.8μということもあり、感度、という点では比類なきものです。しかしながら、明るい星のブルーミング、CosmicRayを始め、種々ノイズを拾いやすいカメラであることもあり、...

続きを読む

ネオワイズシフト

昨日、7/19(日)は、こちら遠州地方も昼間はいいお天気でした。車の半年点検がありましたが、帰宅時、17時頃もいいお天気・・ただ、北西方向の雲が気になります。ううむ、どうしたものか・・。GPV予報では朝よりよい方向になり、21時ないし22時くらいまで、雲が出張ってくるまで時間がありそうです。しかし・・。雲がどかない、、。晴れ間はありますが・・・。こりゃ、分が悪いかぁ・・。と後ろ髪惹かれつつも、諦めました。実際...

続きを読む

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ