FC2ブログ

記事一覧

遠州天体写真愛好会Web写真展と遠天例会

さて、好評だった?遠州天体写真愛好会の天体写真展、星空浪漫2020ですが、本日より、ホームページでのWeb天体写真展として公開されております。ぜひ、ご覧になってください。今年の分も面白いのですが、2001年からWeb形式でも発表しており、さすがにこれだけ長く続いていると作品点数も多く、非常に見応えがあります。ちょうどデジタルカメラへの移行期でもあり、撮影機材の変遷なども面白いかと思います。さて、本日は遠天の例会...

続きを読む

エラスムス彗星 

うーん、年末近くになってきたので、ビミョーに仕事が忙しい・・(;゜Д゜)と、いうのもあって、昨晩は晴れてくれたのですが、眼科にでかけたら激混みで、帰宅が19時半。晴れてくる予報でしたが、疲れもあって、パスしちゃいました・・。今日は、帰宅時には薄雲はあるものの、火星は撮れそうなんだけど、、、曇ってくる予報なんだよなぁ・・。オライオン30cmF4はシースルーセルということもあって、大口径な割に1時間もおけば撮影で...

続きを読む

三連休!ですが・・

さて、珍しく?うちの会社も3連休です。しかし、急速にコロナが拡大しています。本当であれば、昨日11/21は、昼間は、会社のイベントに参加、夜は、毎年恒例の『星を見る集い』の開催日でした(リンクは昨年の様子)。しかしながら、静岡県も感染が急増しているため、社内イベントも、星を見る集いも、中止になってしまいました・・(;´д`)トホホ…土曜日はお天気もよく、絶好のイベント日和だっただけに残念です・・・。しかし、この...

続きを読む

火星のダストストーム

11月はこちら遠州地方も良く晴れてくれました。自宅撮影だと準備・撮影も楽なので、仕事にも大きな支障はありません。CT12とST10XMEのテスト撮影が出来たのは良かったです。前述のようにイプシロン200側は光軸が完璧ではなく、銀河巡りと割り切って撮影してました。大量のデータの処理はこれから・・です。さて、火星の方は、11/6撮影を最後に、さしあたり一区切り・・と思っていたのですが、タキさんがコメントで連絡をくれたよう...

続きを読む

ST10XMEはノイズまみれ

いいお天気です。子供を連れて公園へ・・と思っていたら、すでにママ友さんと先約があり、、、一人、お留守番です(´・ω・`)ショボーンいや、まあ、自分の事ができるのでいいんですけどね、、、(負け惜しみ)と、いうわけで、朝からST10XMEで撮影したデータと戦ってます(笑)CT12とST10XME組み合わせとしては、初組み合わせかな?旧Orion30cmF4では、ST8XMEから実用化の目処を立てたのである意味、手慣れてるカメラではあります。セ...

続きを読む

デジカメは適正露光が大事

昨日は、遠天の仲間たちは、竜頭山に撮影。僕の方はどうしようかなと思ったものの、この前遠征用のPCを壊してしまったのもあり、昼までは用事もあり・・。SCWを見ると、夜半前早々に雲ってきそうなこともあり、、で、パスしてしまいました。下界では、22時過ぎに一面のどん曇りになったので、ああ、予報通りかーと思って、さっさと止めてしまいましたが、お山の方は一晩いいお天気だったみたい・・Σ(゚д゚|||)ガーン行けば良かったなあ...

続きを読む

去りゆく火星・・

日が暮れた後でも火星がずいぶんと高い位置になりましたね。シンチレーションも悪くなり、視直径も小さくなり・・。個人的にはそろそろシーズン終了かな・・。今は新月期。暫くの間はDeepSkyに注力していきたいと思ってます。11/6の火星 Orion30cmF4 PowerMate×5 ASI385MCにてそれにしても、ASI385MCは素晴らしいカメラですね。QHY178CなどはVGAに切っても22FPS程度がやっとだというのに・・また感度も高く、赤外スルー属性も有...

続きを読む

ジュニアアート展

さて、今朝はHDDがクラッシュしてしまい、予定がすっかり狂ってしまいましたが・・上の子の絵が今年も選ばれて展示されているというので、夕方から見にでかけてきました。ジュニアアート展 奨励賞まあ・・頑張ったと思います ^^;さて、夕方から予報通り晴れては来てくれたんですけどね・・金曜日晩にスカイセンサー3D壊して、今朝はHDDクラッシュ。X-E2も今回使ってみたら、連射モードになっていたせいかどうもWBがオカシイ写真...

続きを読む

いろいろと壊れた・・(つД;)

11/6(金)はGPVによると曇ってくる予報でしたが、案外お天気が保ってくれていました。2Fにオライオン30cmを展開してあるのもあり、先ずは火星を撮影!その後、3Fの望遠鏡を片付けてから、再度火星を撮りました。最近、眠くなるのが早い。22時くらいでしたがかなーり眠い・・シンチレーションも悪くなってきたし、薄雲も西から張り出してきていたので、終了とばかりに片付け始めたのはいいのですが・・。PCを持ち出す際、ACア...

続きを読む

2020年フォトコンテスト振り返り

まだ11月頭ですが、先の記事にも記載したように、天文雑誌は次号から2021年。2020年のフォトコンを振り返ってみます。天文ガイド2020年1月号入選作 リトルソンブレロ NGC7814電動追尾ドブソニアンで撮像した銀河です。この望遠鏡、重たいのと、場所を取るのと、歩留まりが悪いのもあって、なかなか出番がないのが現状です。ただ、処理していくと、少なくとも口径30cmF4+冷却CCDよりは1歩上の解像をしてくれるのも確か・・( ̄~...

続きを読む

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ