FC2ブログ

記事一覧

初遠征!

2014年も早くもひと月が過ぎてしまいましたね。
本業もちょっと忙しくて、疲れ気味でしたが、せっかくの新月期。
金曜日は定時で速攻で帰宅。
ようやく、今年初の遠征に行ってきました。

昼間に見たGPV予報では、夜半からやや怪しいものの、GENTAさんも来てくれることだし、まぁ、夜半までできればと思って行くことにします。
ただ、夕方にはやや好転してきたみたいです。
ちょっと悩んだのですが、オライオン30cm反射望遠鏡だけではなく、サブのSkyExplorerも持っていくことにします。
問題は、これに搭載する望遠鏡ですが・・・
かつての実績からすると、NewFD300mmF2.8L望遠レンズ+EOS40Dデジタル一眼レフカメラのシステムや、MIZAR130SL改反射望遠鏡は、オライオン30cmと同時に持ちだした実績があります。
しかし・・・うーん、口径13cm焦点距離720mmでは、春の系外銀河を撮影するにはちょっと力不足・・・
重量的には、SE赤道儀にVISACが搭載できるのではないか?と、いうことで、VISACが車に入らないかどうか、あれこれ、試行錯誤・・

機材搭載!  オリンパス E-620 デジタル一眼レフカメラ Z.D14-42EDにてぱちり。

な、なんとか入ったゼ・・・
試行錯誤の末、なんとか口径30cmと20cmの反射望遠鏡が車載できました (∩´∀`)∩ワーイ
もっとも、入れる場所を考えていたので、なんだかんだで、時間がかかり、19時前になってしまいましたが・・・(;゚Д゚)
その他に、防寒用にスキーウエア(上)、毛布、電気毛布、目覚まし時計、スティックコーヒーに、水のペットボトルを持っていきます。
それと、双眼鏡はどうするかなぁ・・・まぁ、今回はいいか。デジカメは、オリンパスのE-620を持っていくことにします。フジのX-E1でもいいのですが、天体写真の固定撮影なら、やっぱりミラーレス機よりも、デジタル一眼レフカメラの方が、手軽です。

夕食を摂って、19時半頃に出発です。
気温は磐田市内7℃ですが、獅子ヶ鼻公園を過ぎたあたりから、やや寒くなってきました。
温度計は5℃程度でしょうか。
仕事の疲れが抜けきっておらず、眠たい・・・(´・ωゞ)
ぼうら屋さん着は20時過ぎ。すでに、GENTAさんがセッティングされていました。

GENTAさんのFSQ屈折望遠鏡    オリンパス E-620 デジタル一眼レフカメラ Z.D14-42EDにてぱちり。

早速、自分の方も準備開始です。
機材満載で来てしまった為、まずは一端、機材のいくつかを降ろさないと準備もままなりません。
それでも、なんとか、まずは、EM-200とオライオンを組み上げ。

オライオン30cm反射望遠鏡  オリンパス E-620 デジタル一眼レフカメラ Z.D14-42EDにてぱちり。

空は晴れているものの、西空低空には雲でしょうか?霞んでいました。
この雲がいつ出てくるのかも心配ですが、保ってくれると信じて、撮影準備を進めます。

裸眼で見てみると、シリウスの瞬きも小さく、透明度は悪いけれど、期待できるのではないかと、思っていたのですが・・・
いざ、ピントを合わせようとすると、シーイングが非常に悪い様で、まともに合いませんでした・・
うーん、獅子ヶ鼻公園では稀にこういうこともあったのですが、この場所でここまで悪かったのは初めてです・・ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
GENTAさんに話をしてみても、やっぱりシーイングが悪いみたい・・
GPV予報では風もあまりない予報でしたが、実際には若干強い風が吹いていて、体感温度が低く感じるのはともかくとして、望遠鏡が風が吹く度にブレます、、

SXVR-H694とEM-200のシステムだと、やはり組み立てに少々手間取ります。
フィルタホィールに、ガイドカメラ、ガイドアダプタ等が、別途必要ですから、ワンコンポーネントで収まるST10XMEに比べるとどうしても、煩雑になり、時間もとられます。
おまけに、今回、ミスって、というか、確認しないまま、USBシリアルで、Pyxisを接続したところ、COM4だと思っていたのですが、実はCOM5で、そのせいで、COM4がオープン出来ません!と文句言われてしまいました。
ステナビを強制終了させて、再度、立ち上げ直し・・っと。
ところが、今度は、Pyxisとの通信が上手くいきません!な、なぜだあ~
冷却CCDの冷却がキャンセルされてしまいますが、やむなく再起動・・ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
こ、これで大丈夫・・
ぢゃ、なかったですたい・・またしてもシリアルからの制御が上手くいかず。くそぅ・・
冷却CCDカメラの冷却をしつつ、さしあたり、Pyxisの電源をON/OFF。これでもダメ・・
USB-RS232C変換アダプタが故障していたこともあって、それと同じ時に購入した同一製品であった為、USBシリアルを疑って、別のものに交換して、確認・・・これもダメ。USB尻変換ではないか・・

うーん、強制終了でソフトが壊れたか~
幸い、USBメモリ内にソフトウエアを入れて来ているので、ソフトを削除して再インストール!
これで、やっと、制御できるようになったですよ、、、

もっとも、ここのところ、制御がやや不安定なので、ひょっとしたら、Pyxis本体にも問題があるのかもしれません・・・
その他にも、何故か突然、再起動して調子が悪くなったり、再起動させた後は、それまでのセッティングとパラメータは変えてないのに、何故か追尾してくれなくなったり・・・
トラブル続出・・

なにしろ、購入して、すでに15年が経過していますからね、、ふにゃ太郎さんのもご臨終されたみたいだし・・
ボクのもそろそろ限界なのかもしれませんね、、、
やー、なんか、もー、いろいろと疲れてきましたが、
何もしないのももったいないので、銀河巡りの一環で、マニアックなNGC天体を導入して撮影開始・・・


おおいぬ座とGENTAさんのポタ赤セット   オリンパス E-620 デジタルカメラ Z.D14-42EDにてぱちり。

GENTAさんは、ポータブル赤道儀に、EOS60Dデジタルカメラを搭載して、火球狙いを行っていました。
レンズは、ヨヲイチさんから超格安で譲って頂いたEF15mmF2.8を使っていました。
なんでも、非常にカビていたので、超格安で譲っていただいたのだとか。
焼津の御大の再生工場で、クリーニングして頂いたそうです。

GENTAさんは、その他に、デジカメ星空診断を行っていらっしゃいました。
とはいえ、ご覧の様に空は霞んでいて、低空には雲?ひょっとしたら、PM2.5かもしれません???
もともと空が明るい観測地ではあるのですが、今日は日頃に輪をかけて悪いみたい・・
おまけに、シーイングも悪いときているので、流石に、2式目を展開する元気は無し・・・・

GENTAさんは食事を摂られてなかったそうで、22時頃、お食事&コーヒータイムに入ります。
ボクの方は夕食は食べていったのですが、少しご相伴させていただきました。ご馳走様でした m(_ _)m

さて・・次の被写体がメインだったのですが、この透明度とシーイングでは・・と見送ることにして、明るめの天体を導入することにして、そのまま放置して、車の中で寝ることにしました。
電気毛布のおかげでぐっすりです。
目覚まし時計で、1時20分に起こされました。
外に出てみると、鏡筒が三脚にぶつかってるし、、、orz
大丈夫だと思ったんだけどなぁ・・・どうも、画像を見てみると5分遅かったみたいです。

シーイングも回復しているみたいで、落ち着いてきていました。
これなら、いいな、と、M106を撮らせることにして、ついでに、VISACも組み立ててみようかなー・・
せっかく持ってきているわけですしね。
透明度は相変わらず悪いので、ちょっとばかり躊躇しましたが、まあ、やってみますか・・

VISAC on SkyExplorer  オリンパス E-620 デジタル一眼レフカメラ Z.D14-42EDにてぱちり。

組み上げている最中に、三脚の延長部分のネジ止めが弱く、危うく倒しかけたりしちゃいましたが、基本的にはセッティングは順調でした。
極軸も合わせて、ST10XMEを取り付けて、バランスを見る・・・と、げげ、バランス、合わないジャン!!(;゚Д゚)
えー・・VISACは重量5.3kg。バランスウエイト5kg×2ケで、バランスが取れないとは夢にも思いませんでしたよ、、、
トータルでも、確かにSE赤道儀のペイロードギリギリだと思いますが、問題ないレベルだと思いましたが、ギアの回転音がどうにも苦しそうです・・
本来なら、銀河巡りが出来ないかなと思っていたのですが・・
こりゃ、無理だなぁ・・と諦めです。

ま、まぁ、SE赤道儀でVISAC+ST10XMEの組み合わせはNGということが判っただけでもヨシとしよう、、、
出来なかったというのは、やらなかったよりも遥かに価値があると思っています。
次回以降は、VISACは諦めて、MIZAR13cm反射望遠鏡の活用を考えることとします。
TOAGとデジタルカメラ X-E1の活用路線を検討してみたいと思います。

さて、3時半頃に、起きてみるとGENTAさんが望遠鏡を反転させて西に向けていました。
そうかー、ボクの方も、トラブったり、途中から撮影対象を予定から変更したりしたせいで、露出不足。
ボクも西に向けて同じ天体を狙うことにします。
やや透明度も上がって来たみたい!とGENTAさん。
ところが、今度はまた風が吹いてきて、またしても、星像はぼっけぼけに・・( ´Д`)=3

もういいや、とそのままふて寝しました・・

朝、目覚まし時計で6時20分に起きてきて、フラットを薄明光で取得。
それから片付けです。
7時過ぎに片付けも完了。
GENTAさんと、コーヒー飲みながら、天文談議して、7時43分、ぼうらやを後にしました。

いやー、一応、夜半前後の2時間程度は、よさ気な気がしますが、さすがに作品化は無理でしょうね~
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

楽しそうな遠征ですね。

No title

遠征お疲れ様でした~。
こちらはPM2.5の影響を全く感じない空でしたが、シーイングは悪かったですね。
しかしトラブル続発ですね、ちょっと機材数を絞った方がと思っている方は私だけではないはず(笑)
どうしてもあれもこれもってなっちゃいますよね。私もBORGのリングを筆頭に余計な機材が増え続けています。

No title

積載マジックで、次から次と小さい空間から機材が飛び出して来そうで、積むには積んだけど、撤収時にもくろうしそうですね?
毎回こんな沢山持って設置しているかと思うと改めてびっくりしています。
なかなか真似できないです。私だったら組み上げて居る間に朝になりそうです。

No title

初遠征お疲れさまでした。
風があった時間帯もありましたが、あまり冷え込まず良かったです。
と言うか「おでん」効果とガスストーブ効果がバッチリでした。
VISACは残念でしたね。私の方も残念な結果でしたが、次にリベンジです。
また、一緒に行きましょう。次は22日に山の楽校に行くつもりです。

No title

今年初の遠征お疲れ様でしたね。こちらは、今年に入って、新月期は
天気が、悪くて、遠征できていません。
遠征に行くときに天文屋の車は、皆さん3次元テトリス状態ですよ。
それと、PCのトラブル大変でしたね。私も年末に撮影に使っている
ノートPC OS Win XPが、起動しなくなり、リカバリーしたのですが、
リカバリー後にWindows Updateを行ったところMaxIm DLからQSIの
カメラが、繋がらなくなりました。Starlight XPressのH9にいたっては
ドライバーが、インストールできなくなりました。
Windows7のPCでは、全て使えているので、問題は、ないのですが
Windows XPは、4月のサポートも終わるので、OSのアップデートは
末期状態のようなので、PCも替え時だと思いますね。

No title

うわー、パズルですね!これを疲れた撤収時に積み直すのは結構ホネじゃないでしょうか。
あれ、一個あまるぞ?って感じで。

機材の認識トラブルは焦りますね。げっそりです。
XPのマシンをどうするかも、頭が痛いところですよ。いつも使ってるアプリが新OSでちゃんと走るかどうか……

No title

流星塵さん、こんにちは。
遠征も仲間がいると楽しいですよね~!

No title

hanaさん、こんにちは~
そちらはスッキリ晴れでしたか~
羨ましいなぁ~

はは、確かに機材が増えすぎですね (^_^;)
まぁ、作品にならなくても楽しみながらやりたいのですが、X-E1の検討も、ASI120MMの検討も止まっちゃってマスね・・(Δ;・ Δ・)
ぼうらやさんだと遠征といっても、たかだか30分なので、実績がない機材でもテスト的に持ち出せるのもメリットといえばメリット?

No title

NGCさん、こんにちは~
撤収時にもやっぱり苦労しました (; ̄ー ̄川 アセアセ
1台は実績があるオライオンですから、2式目も、とついつい欲張ってしまいます。
平日遠征で2式は無理がありますが、休日前なので、ちょっと頑張ろうかなぁーと思いまして、、(^^ゞ
720mmで、ST10XMEだと面白くないので、デジカメを使うか、カラー冷却CCDを使うかでちょっと悩みます。
まぁ、TOAGのテストを兼ねてデジカメかなぁー

No title

GENTAさん、こんにちは~
おでん、どうもごちそうさまでした。
VISACは残念でした。運用できれば、銀河巡りを敢行したかったのですが、残念です。
また次もぜひ誘ってください。
山の学校はシンチレーションは悪いですが、淡モノ銀河狙いでいっちょいってみましょうかねー

No title

GENTAさんのブログも読みましたが、なんとなくほのぼのと和やかな遠征でしたね。ふて寝するお気持ち分かりますが、お仲間と一緒だとお話しするだけで楽しいし、寒さも和らぎますね。

しかし、一回に3本も鏡筒を持ち出してセッティングに撮影...ほんとにすごいと思います。自分も何本か持ち出したことはありますが、いつも一本出しただけで面倒くさくなってしまします。UTOさんは様々な光学系をいくつかお持ちですが、ひとしく愛情を注いでおられるようで、すごいなと思いますよ。

No title

Orcaさん、こんにちは~
新月期はなかなか良いお天気に恵まれませんね・・
遠征時はやっぱり、テトリス状態になりますよね~ (^^ゞ

PCは今回は最初からデバイスマネージャでCOMポート確認しておけば回避できた問題っぽいので、ちょっとした確認を怠っただけで、かなり大変なことになってしまいました。

XPもさすがにそろそろ引退ですかねー。
Win7にしてしまうと愛用のステナビVer2が動かなくなるのと、TheSky5も自宅デスクトップマシンでは、起動時にエラーが出たり、と、結構レガシーな撮影環境の自分の場合、撮影は当面XPで頑張るかなーってところです。

No title

かわうさん、こんにちは~
ほんと、ギリギリまで満載してますので、撤収時も骨でした。
まぁVISACはちょっと荷が重いのが判りましたので、次回はもう少しすっきりした状態になろうかと思います・・って、望遠鏡の部分が変わるだけかなぁー
NFD328だと、またちょっとレイアウト変わってもう少しすっきりしますが・・
こう考えると、コンパクトな機材って活用性が高いんだな、と改めて思います。

同じく、制御ソフトのCCDSoftも開発終了しているので、Win7/8で動くのか心配ですし、古い星図ソフトはすでにWin7では動かないのは確認しているし・・・
画素数的にも、XPで十分回せてしまうので、僕の方は当面は中古ノートPCとWinXPで撮影環境は構築かなー。基本的に撮像PCでネットには接続しませんし、、一番最初だけはつなげなければいけませんが・・・

No title

こもロハスさん、こんにちは~
ぼうらやさんは近場ということもあって、のんびりと撮影できるのが良いところです。
空もニワトリに比べれば、やはり格段に良いようで、1枚辺りの写りの質が違いますね。
近場なので、これからも活用していきたいところですが・・・

機材は、今所有しているのは、どれも気に入っているものばかりなので、本当はもっともっと活用してあげたいんですけど、やっぱり相当気合入れないと2式目は厳しいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ