FC2ブログ

記事一覧

獅子ヶ鼻公園遠征・・・失敗 (´Д⊂グスン

さて・・・昨晩は、GPV予報では、晴れ予報だったのですが、実際にはなかなか雲が引かず・・・
この時期は系外銀河が多いので、月があっても、直撃コースでなければ、マニアックな小宇宙巡りでもいいんですけど・・・
こう雲が出たり引いたりだと、セットしたら、あとはオートガイダーにお任せ!
と、いうわけにもいきませんから、ちょっと厳しい・・・

ASI120MM CMOSビデオカメラのテストにはちょうどいいといえばちょうどいい天気ですが・・・
ちょっと乗り気しませんでした (;゚Д゚)
と、いうのも、雲の移動やシリウスのまたたきを見ていると、まともに撮れそうな気がしませんでした。
遠天のNさんも昨晩は撮らなかったんじゃないかなぁー・・

さて、この時期(ほんとうは、2/11前後)に、リニア彗星と、ラブジョイ彗星が、接近するのは知ってはいたのですが、接近といっても、ちょっと画角が離れてますし、明るくなってくれたラブジョイ彗星も、急速に遠ざかり、小さく、暗くなっていることもあって、この画角ではちょっと、食指が動かない・・・
と、思っていたのですが、アストロアーツのギャラリーを見ていたら、200mm~300mmの望遠レンズでも、収まっていて、特に似た形状の彗星が2つ並んでいる様子は興味深いものでした。
こ、これは撮りたい・・!と、写欲がムクムクと・・(^^ゞ
とりあえず、こたつで仮眠をとって、3時過ぎに目覚まし時計をセットして、撮影に出ることにしました!
場所は月の入りが遅いのもありますが、近場の獅子ヶ鼻公園。ぼうらやさんだと電気毛布も使えるのですが・・・まあ、今回はワンポイント遠征です。近い方が良いかな、と。
なんだか、11/16のアイソン彗星追撃みたいで、ちょっと、心躍ります。
彗星はひょっとしたら、天体観測的な価値が高い写真が得られる可能性もありますしね!
2つ並んでいる彗星なんてステキじゃないか・・・

寝る前に(実際、すでにうたた寝はしてたのですが)、機材を吟味・・
アストロアーツのギャラリーで拝見した300mmの方は、ニコンのフルサイズデジタル一眼レフカメラ、D800によるものでしたが・・・
おまけに、今晩はさらに離れていってしまい、多分、APS-Cサイズのデジタルカメラでは、300mmでは画角に収まりそうもありません。
と、なると、手持ちでは、あとは、シグマ180mmF3.5マクロ(←色収差少ない)か、Nikon200mmF2(←色収差は多い)か・・・
シグマAPO Macroの作例
ラブジョイ彗星 2013年12月7日  EOS40D デジタル一眼レフカメラ シグマ180mmF3.5 APO Macro開放

このレンズも、そろそろ、10年ほど前になると思うのですが、MFがシビアなのが難点ですが、十分に高性能ですね。
パンスターズ彗星 with Naテイル Nikon200mmF2開放 フジ X-E1 デジタルカメラ

むぅ、今にして思えば、アイソン彗星が残念だっただけにパンスターズ彗星が大彗星と思えますね。
ナトリウムの尾なんて、通常の彗星にはまず出ませんものね。あと、30分、地平線上に顔を出していてくれたら・・・

H12付近 フジ FinePixS3Pro デジタル一眼レフカメラ Ai-Nikkor200mmF2 開放

片や、もう一方のNikon200mmF2は、色収差は多いのですが、圧倒的な明るさで、対彗星装備としては大変、活用性が高いです。
冷却CCDに付けると色収差が派手でぼっけぼけなんですけどねぇ・・・デジタルカメラとの組み合わせでは、ご覧の様に、とても、有用性が高いレンズです。
ニコンは、ボケ味も追求した評価システムも確立していますが、当時から、設計にあたって、様々な要素を加味していたのではないでしょうか?
Ai-Nikkor200mmF2も、星を撮ると青ハロがあるくせに、通常の被写体を撮影すると、カリっとした描写をしてくれます。パンスターズ彗星の撮影状況では通常被写体に近い(背景光で輝度がある)からか、H12付近の様な色収差を感じることもなく・・・不思議なレンズ、というか、これこそがレンズ設計の妙意でしょうか?
カメラレンズも面白いですね。

さて・・持っていくレンズはどちらか一つ!ド━━━m9(`Д´)━━━ン!!
さぁ、どっちを持って行こうかなーとちょっと悩みましたが、でも、ラブジョイ彗星も、リニア彗星もイオンテイルはすでになさそうなんで。
そうすると、やっぱり200mmF2に軍配があがりますよねー。Ai-NikkorだけにMF前提レンズで、ピントもこちらの方が遥かに合わせやすいですし (; ̄ー ̄A アセアセ・
明るさと、なによりも、ボクは大口径至上主義ですからねー。どうしても大径レンズの方に重点を置いてしまいます。
方針が決まったところで、まずは寝ます。

目覚まし時計で3時10分に起こされました。
うーん・・・晴れてはいそうですが、カスんでます・・・
まあ、せっかく、起きたのだから・・と、機材を積み込みます。
3時40分には積み込み完了し、出立です。
いやー・・・DC12V直接駆動で動くノートPC,エンデバーが見当たらないと探したのですが、なんと、車庫の後ろに前回遠征時以来、2週間、放置したまんまとなってました (; ̄ー ̄A アセアセ・
か、片付けてなかったのカヨ・・・。
他にも、ブログネタ撮影用のE-620デジタル一眼レフカメラ用のズイコーデジタル25mmF2.8もめっからなかったり(なんか、タナの後ろで落っこちてました・・・と、いうか途中でひっかかっていたところにトドメを刺したっぽい・・・大丈夫か ヲイ・・ ^^;)と、ちょっと、想定していたよりも手間取りました。
うーん、片付け、ニガテ・・・(´・ω・`)ショボーン

温かいなーと思ってはいましたが、車のエンジンをかけると3℃でした。
おまけに、ガソリンがちょっと心もとない。
とりあえず、yamatomoさんのおうちの近くのガソリンスタンドがこの辺りだと最安値だと思うので、まずはそこに行って、ガソリン入れてから行こう・・・
と、3時45分に出発です!
ところが・・・てっきりセルフなので、24時間と思い込んでいたのですが、行ってみたら、やってませんでした (;゚Д゚)
ありゃま。プリカも作って置いたのですが・・・・
しゃーなしだな、というわけで、獅子ヶ鼻公園に向かいつつ、途中のガソリンスタンド(こちらは過去にぼうらやさんから帰宅する時に入れた記憶あり)に向かいます。
レギュラー満タン♪っと思っていたのですが、げげっ!な、なんと、お金を補充し忘れて、1000円札1枚+小銭しかありません ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
ま、まあ、1リッターあたり154円とセルフとしてはお高めなので、1000円分いれとくかー・・
と思ったら、Tポイントが使えるみたい。
Tポイント、使ったことないですよ。本とか買う時に出してはいましたが・・・
見てみると、584ポイント入ってたみたい。よっしゃ、よっしゃ。
ついでなので、500円分使っとこ。お金ないし(爆!) 
初めてTポイントを使いましたですヨ・・・

さて、そんなアホなことをやりつつ、時刻は3時56分。
やっとこさ、獅子ヶ鼻公園に向けてハンドルを切ります。
しかし・・・途中で空を見たら、全面雲が・・・ ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
うぅ・・ま、まあ、行くだけ行こう・・
獅子ヶ鼻公園に到着すると気温は1℃まで下がりました。
肝心の空は・・・・

獅子ヶ鼻公園 西側 オリンパスE-620 デジタル一眼レフカメラ Z.D14-42ED 

うーん、月はもう少しで沈んでくれそうですが・・・北からも雲がでており、極軸合わせすらさせてもらえなさそうです。

おりひめ星  獅子ヶ鼻公園東側  オリンパスE-620 デジタル一眼レフカメラ Z.D14-42ED 

七夕で有名な織姫星付近です。彗星たちは、へびつかい座~へび座あたりにいますので、右側の辺りに、いるハズなのですが・・・この雲では・・・
でも、固定撮影といえども、久しぶりに星を見て、シャッターを切っているとやっぱり楽しいですね。
とりあえず、少し待ったのですが、まぁ・・無理だろうと判断して帰宅しました。GPV予報では雲無しなんですけどねぇ・・・
ところが、帰宅してみると、自宅庭ではちぎれ雲はあるものの、ほぼ晴れ! ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
こ、これは、ひょっとしてチルチルミチルのシアワセの青い鳥と同じだったとか・・
自宅庭からはちょっと厳しい位置でしたが、100m程のところの運動公園なら、撮れたのかも・・・
時刻は5時過ぎ。
今からじゃあ、セットしたところで夜明です。
う、うーん、どのみち月明かりがあったわけですから、近場で済ませれば良かったのかも・・・_| ̄|○
あーあ、です。

まあ、もっと見応えがある彗星が2連で来ることを期待しましょう・・・。( ´Д`)=3
なんとも、消化不良な結果になってしまいました。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ