FC2ブログ

記事一覧

はつかねずみ銀河

この週末もまたお天気が悪いみたいですね。
でも、こちら浜松では雪ではなく、雨が降っています。
一時、風が強かったですが、それも収まりました。

さて、昨年撮影したはつかねずみ星雲です。
はつかねずみ銀河  オライオン30cm反射望遠鏡 パラコア2 SXVR-H694にて

ガイドが上手くいっていない上に、フラットフレームを取得できず、別の日のフラットフレームを使ったものの、いまいちマッチングせず、画像処理に苦労しました・・・
まぁ、なんとか、はつかねずみらしい姿を捕らえられただけでも、ヨシとしましょう。

この小宇宙は、ハッブル宇宙望遠鏡による作例が有名です。やはり大天文台でも、このような衝突銀河は、天体観測的な価値が高いのでしょうね。
観賞用としても、HSTによる衝突銀河の写真は見応えがあり、美しさを感じます。
個人的にも、興味深く、撮りたい被写体です。

しかし、この種の衝突銀河をアマチュアが捉えようとすると、有名な子持ち銀河は別格として、たいていは小さな天体ばかりです・・
子持ち銀河 M51  VISAC望遠鏡 NPR-1073にて。


こちらも、大きさは比較的大きいのですが、南にやや低めなこともあり、淡く、なかなかに難物です。
衝突銀河・接触銀河のほとんどは、このクラス以下の天体が多いです・・・。

こちらは、衝突しているのではなく、同時に生まれた双子の銀河なのだとか。
やっぱりちっさい天体ですけど、、、

しし座にある衝突銀河です。非常に淡いものの、複雑な形状をしています。
端正な銀河を撮影するのも楽しいですが、こういう接近・衝突した銀河も楽しいです。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

みんな小さいのにバッチリ構造が写っていて見ごたえがあります。私のは「う~ん」という感じ。でもまた撮ります。特異銀河は色も形も面白いですからね。

No title

はつかねずみ銀河、素晴らしいです! こういう衝突銀河は衝突した痕の淡い部分が宇宙スケールの営みを感じさせてくれますのでとても興味をそそりますね~。写すのは難物そうですが・・・(^^;

No title

こんばんわ☆

こちらは大雪ですごい事になってます

わぁ~
ホントはつかねずみぽいですね~
可愛らしいです

みんなそれぞれ存在感ありますね

色といい形と言い神秘的で美しいです

No title

いつもながら見事な銀河たちですね。
5426/5427なんて、なかなか撮る機会はありませんが
流石UTOさんです。綺麗に捉えてますね。
こちらは、新月期→曇る 満月期→晴れる を繰り返しています。
うーん、新月期に晴れてクレー!!

No title

カメラが捉えた激突の瞬間シリーズですね。残念ながら動画に出来そうにはありませんが(笑)

あちこちえらい天気になってるようですが、北陸はおとなしいものです。かといって晴れるわけでもないんですけどね。
関東であそこまで雪が降っても雨で済むとは、そちらはさすがの安定っぷりですね。

No title

これ、全てニワトリですか?
特にM51は感動です。見とれてしまいました。

UTOさん宅上空は大気が無いんじゃないですか?
長さ10キロくらいのフードつけてるとか・・・

No title

g-logさん、こんにちは~
いやー、そう言っていただけると嬉しいです。はつかねずみは、ガイドエラーが激しかったので、スポイルされてしまっている面もあると思いますが、再撮影するかと言われると・・(´ヘ`;)ウーム…
また何かの機会に狙ってみます。
触角銀河はまた狙ってみたいですねー。
NGC5394は、シーイングが落ち着いてきた3月以降の撮影のせいか、キレが良くなっています。この天体は、これがベストショットだろうなぁ・・ちょっと再撮影しても残念な結果に終わりそう・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

No title

ひろしさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。
あと、色が赤みが強いので、レッドシフトしているんだろうなぁーとか、いろいろと興味深いですよね~
3億光年の彼方の銀河なのだとか。

衝突銀河は仰るとおり、その形状、つまり、銀河がどういう軌道を描いて飲み込まれていったのかとか、想像すると面白いですね。
淡く暗く、小さいので、難物ですが・・・・でも、興味をそそります。

No title

ななこさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。
そちらも一面の雪景色の様ですね。
慣れている分、関東のようにドタバタすることはないとは思いますが、やはり、そちらも普段よりも大雪なのでしょうか。
早く、春の訪れが来るといいですね~

No title

ふにゃ太郎さん、こんにちは~
小さい銀河も2つ合わせれば、そこそこの大きさになってくれますから(えー?)、割りと、こういう衝突・接近銀河って好きなんですよ。
NGC5246/5247は確かにやや南に低いし、あまり撮影する人はいないかもしれませんね。
でも、確か、5246&5247は、上の触角銀河と合わせて、合わせ技1本!で、入選させていただいた組だと思います。
下の3226/3227をメインとした方は、見事にゲキチンしましたが・・・

こちらは満月期すら、晴れてくれなくなってきました・・(´・ω・`)ショボーン

No title

かわうさん、こんにちは~
おー、それ、いいですね。今度、組み写真作る時は、タイトルにしようかなぁー(^^ゞ

こちらは、相変わらず雪は降らないので、助かっています。
そちらも安定しているとのことでなによりです。
うーん、でも、こちら、2,3年前なら、この時期は毎晩晴れてた憶えがあるのですが、今年はこちらもお天気が×ですねぇ・・・(;_;)

No title

タキさん、こんにちは~
この中でニワトリは、5394コンビと3226コンビの2つですね。M51は、遠征で獅子ヶ鼻公園に3晩も出かけて行って撮影してきたものです。
良くもまあ、忙しい上に寒いこの時期に連荘で頑張ってたなぁ・・と思ったりもします。ぼうらやさんだと風が強いので、防風林がある獅子にしたんですよね。
もっとも、今となっては獅子ヶ鼻公園の北側の木々が刈られたので、風が抜けてきてしまいます・・・
でも、シンチレーションなら、ぼうらやさんよりも獅子の方が良いことが多い印象はあるなぁ・・・

ニワトリでも、3226を見ると淡い部分もそこそこイケそうな気はするのですが、やっぱり近場でも遠征すると写りが違ってきますね。
天の川が見えるか、見えないかの差が、ST8XMEクラスの超高感度機ではひとつの大きな差になる目安になりそうです。8300なら、さらにもう一歩暗い空でないと・・という印象です。

No title

さすが素晴らしい銀河たちですね.... 友達承認ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。

No title

のんたさん、こんにちは。
いえいえ、こちらこそ、申請ありがとうございました。
気がつかないで、申請の期限切れになっている方もいたりします・・(; ̄ー ̄川 アセアセ

それにしても、VISAC+フルサイズは見事ですね。こちらはこれからX-E1で、と思っていましたが見事に先を越されたなぁ・・
M13、特に素晴らしいと思いました。

こちらこそ、これからも宜しくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ