FC2ブログ

記事一覧

熊野の長藤

GWも早くも3日目。
やっぱり、出かけたりすると、日にちが過ぎるのが早いなァ・・

用事を済ませるついでに、カメラバックを持って、熊野の長藤を撮りにでかけてみました。
昨年は、嫁はんと出かけた時に、たまたま、国一から、車が沢山止まっているのが見えて、なんだろう?と出かけたのですが、見事な藤の花で、撮影してみたいと思ってたんですよね。
長藤の花  フジ X-E1 デジタルカメラ MicroNikkor105mmF4

長藤 フジ X-E1 デジタルカメラ MicroNikkor55mmF2.8

見事な藤の花で、園内に入ると、藤の花のいい香りがします。
これだけ藤の花が沢山あると、どう撮ったらいいものやら・・難しい。
カメラを構えた人も結構います。たいてい、Canonのデジタル一眼レフカメラが多そう。あとは、オリンパスのE-P5かなぁ・・ミラーレス一眼を使っている人もいましたが、でも、ま、やっぱり、コンパクトデジカメや、ケータイカメラで撮影している人が多かったです。
熊野の長藤 フジ X-E1 デジタルカメラ XF18-55にて

樹齢推定800年の藤の花です。
ちょっとピンを外したりもしたので、もう1回くらい撮影しに行ってみようと思います。



さて、昨晩は、AstroGPVでは曇りがちな予報でしたが、実際には、案外星が見えていました。
19時半頃に、気がついて、望遠鏡を出して撮影してみました。
いつ、曇ってくるか判らない為、温度順応もままならないまま、即撮影開始!

木星 オライオン30cmF4反射望遠鏡 パワーメイト5倍 DMK/DFK21AF04 CCDビデオカメラ 30 fpsにて撮影

まずは西空に低くなった木星を撮影!
撮影時刻はタイムスタンプを見ると20:14になっていました。木星もそろそろ観測シーズン終了ですね。

火星 オライオン30cmF4反射望遠鏡 パワーメイト5倍 ASI120MM CMOSビデオカメラ RGB各30 fpsにて撮影 21:16

薄雲は流れてきているようで、実際撮影した画像からも、暗くなったりしているコマもありますが・・・
思った以上に、晴れ間が持続して星が見えていました。
シンチレーションはさほど良いワケではありませんが、どうせ曇る予報なので、新月期ですが、惑星観測に専念できます。
アイピースでも、じっくりと見てみました。
PENTAX XP-3.8ではピントが出ませんでしたが、パワーメイト5倍を使って、EWV-16で火星観望。
うん、TOA150も凄いと思ったけれどオライオンも良く見えるじゃないか・・
こりゃ、撮影なら、やはり大口径が活きて、TOA150よりよく写るんじゃないかな~
やっぱり、望遠鏡は口径ですね!?

なんだかんだで、思った以上に晴れ間が持続。
もっとも、薄雲は流れてきているみたいですが・・・
これだったら、銀河巡りしても良かったなぁ・・
23時に最後の撮影を行って、望遠鏡を片付けました。
もっとも、シーイングは次第に悪くなってきたみたいで、多分、上の写真がBestかな。
ミュートンさんも仰っていましたが、地形や霧の様子など、火星撮影は楽しいですね~




関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

おお!この火星はグットです。流石はUTO師匠!

No title

見事な藤棚ですね。これだけの花なら、出かけて撮影した甲斐がありましたね。
天城で徹夜された翌日にお出かけ、さらにその夜に木星と火星を撮影とは、疲れ知らずの体力、凄い!
撮影された画像、天気が崩れる前の好シーイングを生かした、高解像で素晴らしいです。
私は疲れ切って、早寝でした。

No title

Fujiで藤撮影、いいなー。というか、これだけ立派な藤が並んでいると、本当に絵になりますね。撮り方もうまいー。
今年は惑星撮影がうまく行かないので悩んでます。UTOさんの火星はすごいですねー。眼視でもここまで見えない様な…小さくなる前にもう一回ぐらいチャレンジしてみたいなー。

No title

この藤は圧巻ですね。香りが伝わってきそうです。
この火星は何ですか!!!凄すぎます。たしかにこれならTOA150に勝ってますね。
また、惑星撮影の話聞かせてください。

No title

こんにちわ☆

わぁ~きれいな藤の花ですね
ホント長~い
舞子さんがつけている飾りみたいです

色がとっても素敵ですね
幻想的です
それにとっても色っぽい雰囲気です

来年は3人で見られると良いですね

No title

日曜日は晴れていたのですね。もうヘトヘトでした。
GWといえば熊野の長藤でしたね。花から星に移行したのですっかりわすれていました。
惑星には、やはり口径が物をいうようですね。RC50ぐらいになると口径はあっても焦点距離がというところでしょうか。星が▲ではどうしようも無かったですね。公共の天文台でも設備を生かしきれていないところがほとんどのような気がします。
その点、UTOさんのニワトリ観測所は活躍していますね。
次の記事も楽しみにしています。

No title

ミュートンさん、こんにちは~
ミュートンさんのお眼鏡に適うとは素直に嬉しいですね~
せっかくなので、フォトコンに応募しようかなーと思うので、また相談に乗ってください。

No title

ヨネヤンさん、こんにちは~
いやー、さすがに、熊野に行ったのは翌日なんですが、惑星撮影は日曜日晩でした。
TOAのイメージが残っているうちに撮影したかったこともあって、お天気が持って良かった。
やっぱり、こういう集まりや、他の機材を使わせていただけるとモチベーションもあがりますし、感覚も研ぎ澄まされてきますよね。
Oオーナーとタキさんには感謝!の言葉しかありません。

熊野の長藤は、月曜日で、平日ということもあり、じっくりと撮影できて良かったです。

No title

玄さん、こんにちは~
いやー、玄さんにそう言って頂けると嬉しいなぁ。
撮り方が難しくってなかなか悩まされました。他の方の真似もしてみたんですが、上手くいかなかったし・・
また、今週末に出かけてきたいなーと思ってます。撮影会も企画されているみたいですし・・σ(^^ゞ

火星は、眼視では雲が出ているのは判りましたが、もちろん?ここまでは見えません。
やっぱり天体写真の醍醐味は見えない部分が写ってくる!ことだと思うので、それはそれでOkなんですが、でも、やっぱり眼視でもしっかりイメージ作りしておきたいですね。
TOAを見て、自前のオライオンでもじっくりと見たので、色彩などは良い再現ができた?でも、極冠は青すぎですね・・・(´・ω・`)ショボーン
ASI120MMでの三色分解撮影にまだちょっと慣れてないからだと思います・・・。

No title

いーぐるさん、こんにちは~
シーイングはそう良いとは思えなかったのですが、大きくぼけるけれど、鮮明な画像もアリ・・という状況でしたので、Registax5.1で上手く排除できたのかも?
でも、TOA150を使わせて貰って、イメージができていたという面も大きそうです。次回、行かれる時は是非、惑星カメラも持ってくるといいかも・・
また行きたいですねぇ~

No title

ななこさん、こんにちは~
地方都市ながら、春先はいろいろとイベントがあるみたいなので(嫁はんと付き合うまでほとんど知りませんでしたが)、ちょこちょこと参加していきたいなーと思っています。
来年は、娘も連れて出かけたいですね。
綺麗な藤の花ですし、その歴史も平家まで遡るので、なかなかに面白いです。
藤の花も凄いんですが、行くとまず、その香りに圧倒されます。

No title

GENTAさん、こんにちは~
さすがに伊豆から運転するとつかれますよね。
こちらの方はおかげ様で、夕方、ひと寝入りして起きたら元気が出ました。
TOAのイメージが残っているうちに撮影したかったこともあって、良いタイミングで良い成果が得られました。
いろいろと使ってジョジョにコツを掴んでレベルアップしていければ最高ですね。
本当に良い合宿になりました。

熊野の長藤は凄いですね!
今年はもう一度、5/3に撮影に行ってみようと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ