FC2ブログ

記事一覧

伊豆天城天文台再訪

5/4は、伊豆天城天文台にミュートンさん、GENTAさんと行ってきました!
天気予報では、晴れを期待するのはキビシイ状況でしたが、タキさんから、曇ったら、祝勝会ということで、決行しましょう!とのことで、ありがとうございます m(_ _)m

GPV予報もある程度、好天してきて、雲間から火星でも撮影できれば・・
と思って、ASI120MM CMOSビデオカメラは持っていくことにしました。
カメラバッグは玄関に準備はしていたのですが、まぁーいいかあーと、置いていくことにしました。
バッグには、E-620 デジタル一眼レフカメラに、フジのX-E1を準備していたのですが・・・
おまけに、GENTAさんの画像処理講座で使っていただこうと思っていたデータを入れたUSBメモリ、カメラバッグに入ってました・・ (; ̄ー ̄川 アセアセ

12時半に待ち合わせ、ミュートンさん宅へ。
途中から、新東名高速道路に乗り換え、一路、伊豆へ!
新東名は、ガラガラで快適なドライブとなりました。
昨晩も、天竜の森で撮影してきたGENTAさんは途中、運転変わって貰うかも・・とおっしゃっていましたが、なんだかんだで、話が盛り上がり、道路も順調なこともあり、そのまま運転してくださいました。

到着すると、タキさんといーぐるさんが出迎えてくれました。
前回、光軸がおかしかったRCD50ですが、SHOWAの社長さんが、すぐに出向いて、調整済みとのことで、昨晩、いーぐるさん、タキさんと使って、かなり盛り上がったそうです。


ミュートンさんの光軸チェック! PowerShotG9 コンパクトデジタルカメラにて

いろいろな望遠鏡を覗いてきて、経験豊富なミュートンさんが、厳しく、光軸をチェック!
これなら、バッチリだよ!とのことでした。


夜はBBQ  スマホGlaxy S4のカメラにてパチリ

夜はまたバーベキューです。炭に火をつけるのに、苦労しましたが、でも、苦労した分、美味しさも増すというものです。


RCD50 RC望遠鏡による火星 パワーメイト2.5倍 ASI120MM CMOSビデオカメラにて IR,G,B合成画像

うーん、シーイングがイマイチで、ぶわっと大きく広がったりして落ち着かないシーイング。
TOA150では大きくぼけても、模様がはっきり見えるのですが、シーイングそのものはやはり相当悪いんじゃないかなー・・

TOA150 屈折望遠鏡による火星 パワーメイト5倍 ASI120MM CMOSビデオカメラにて R,G,B合成画像

途中で雲られてしまい、明るさが明滅してしまっているので、ロクなスタック枚数が稼げませんでしたが・・・
なんとか撮影できました。
条件がもう少しでも、よかったら良かったのですが、ちょっと今回ではどちらの望遠鏡の性能も引き出せませんでした。

思った以上に、お天気が保っていた為、GENTAさんも、おとなりのスライディングルーフで、撮影開始。
ガイドカメラを、RCD側のCostarを持って行きましたがUSBケーブルの長さが足りず・・・しかし、ここで、ミュートンさんが撮影セットを一式持ってきていた為、その中から、ASI120MMを発見!
これを使って、ガイドはASCOMで制御することで、無事、撮影できたみたいです。

こちらも、デジタルカメラは一式置いてきてしまいましたが、GENTAさんから、EOS60D デジタル一眼レフカメラをお借りして撮影してみることにしました。
いーぐるさんは、TOA150に同架して、そちら側で、撮影するとのこと。
この望遠鏡、簡単に視野を同軸にできる微調装置がついていて、簡単に合わせられることもあって、二人で同時に撮影しました。
ガイドカメラのCoasterのピント合わせ等に若干苦労しましたが、GENTAさんが、いろいろとアドバイスをくれて、バッチリと調整!
遠征で慣れているので、我々はトラブル対応には慣れてるんですよ!
と仰ってました。

子持ち星雲 RCD50 撮って出しJPEG画像 RCD50直焦点 5分1枚@ISO1600

撮って出しJPEGをリサイズしただけですが、これだけでも見られるものになってしまっています・・
調整された50cm反射望遠鏡の威力は凄いですね!!
こちらは前日にタキさんが、撮影された亜鈴状星雲 撮って出しJPEG EOS60Da デジタル一眼レフカメラ 3分1枚

これが撮って出しで、すぐに背面液晶画面に浮かび上がるのだから、そりゃあ、テンションもあがりますね!!

撮影開始したら、あとは1Fに降りて、画像処理講座です。
ミュートンさんが、画像復元処理の極意を、いーぐるさん、タキさんに教えていた様です。
GENTAさんは、デジカメ画像処理講座を行っていましたが・・・
スミマセン、あまりにも疲れていたので、途中、UTOUTOとしてしまいました (^^ゞ

2時まで撮影させて、今度は土星を撮るべく2Fへ。
途中雲が通過したみたいですが、M51は5分で21コマ撮影できました。
土星をミュートンさんが眼視でチェックしていて、さあ、撮影!!と、いうところで、とうとう雲が出てきて曇ってしまいました・・・ざんね~ん・・

ここで終了です。
とはいえ、全然、撮影できないかと思っていたのに、いろいろと撮影できたので、大満足です。

掛け流し温泉を頂いて、ふかふかのベッドでぐっすりでした。ミュートンさん以外、地震にも気が付かなかったヨ・・

朝食 PowerShotG9にてパチリ

朝食はタキさんが、作ってくれました。
いやー、タキさん、本当に料理が上手です。味噌汁は、ミョウガも入って、今回も絶品でした。
納豆と卵と刻みネギをたっぷり入れて、めっちゃ美味しいです。
これまで卵を落として食べたことが無かったのですが、こりゃ美味い!

片付けをして、11時頃、伊豆天城天文台を後にしました。
いやー、オーナーのO田さん、タキさん、本当にお世話になりました。
とても有意義な休日を満喫させていただき、感謝です!

帰りは雨の中。
ウチについたのは15時過ぎ・・
やっぱり伊豆は遠いです。でも、また行きたいです!
子持ち星雲M51 SHOWA 50RCD リッチークレティアン望遠鏡 直焦点 EOS60D デジタル一眼レフカメラ
5分×16コマ@ISO1600

さすがに、調整された口径50cmリッチークレティアン望遠鏡だけあって良く写ります。
若干、スケアリング不良は残っている様で、星像は若干、均一ではありませんが・・・これだけ撮れれば十分ですね。
そのうち、冷却CCDカメラで撮影してみたいものです。
・・が、接続リングがEOS用しかない為、ボクのシステムでは取り付けできないんだよなぁ・・

それにしても、素晴らしい威力です。RCD50。
また、光軸不良も、即座に対応したSHOWAさんのアフターフォローも素晴らしいですね。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

天気が良い方に転んでよかったですね!
それにしてもM51は凄い画像で50cmの威力を見せつけらました。火星はUTOさんのテクニックもあり、シーイングがあまり良くなくてもこんな感じにいい像になり、50cmの片鱗がわかります。

No title

凄いポテンシャルの高そうな望遠鏡ですね、ぜひ冷却CCDでシイングの良い時におもいっきり撮影した画像も見てみたいです。
デジカメでこうなら、想像しただけで鳥肌ものです。

No title

今回もとても充実した天城遠征になって良かったですね~。私も是非参加したかったのですが、4日に外せない用事があって泣く泣く諦めました。調整されたRC50先着の威力は凄いですね~。僅か80分露出で此処まで写ってしまいますか!?私も是非次回は撮影させて頂きたいです。

No title

UTOさん。天文ガイド最優秀賞。おめでとうございます。画像のクオリティの高さはもちろんですが、観測的意義があるUTOさんの撮影姿勢には、感服しております。

ところで、50cmRCとEOS60Dで撮影したM51。凄まじいですね。さすが大口径です。メンテナンスもよく行き届いてるのでしょう。

こちらにも、近くにタカハシ40カセグレンの入った施設があり、比較的自由に使えるのですが、10年以上、本格的なメンテナンスが施されてないので、鏡が曇っていますT^T

No title

お疲れさまでした。
M51は私も処理してみましたが、こんなに綺麗にはなりませんでした。
流石に銀河の処理は上手いですね。
当夜、私が365mmで撮影した画像でもシーイングが悪いのがわかりました。
そんな条件でも、これだけ写るのは良い望遠鏡ですね。
スケアリング不良はカメラ由来かEOSマウント由来かもしれません。
いーぐるさんが冷却60Dで撮影された画像と比べてみたいですね。
5月末にはガイド不用の赤道儀となるようですから楽しみです。

No title

こんにちは
お疲れ様でした。
天文台は撮りたいときにさっと撮れるので超楽ちんですよね。
そう実感されませんでしたか?この気軽さは重要ですよ。

当方は昨夜M51をコンポジットまでこぎ着けましたが、
SI7でコンポジットズレが生じて寝てしまいました。
今夜また再チャレンジです。

UTOさんもM51撮影されていたのですね。

No title

UTO師匠、お疲れ様でしたね
やはり惑星はシーイングがあまり良くなかったので中々難しいですね
星雲は大口径の威力が発揮できいる様子が写しこまれています
また、一緒に行きましょうね。

No title

Utoさん お疲れ様でした。楽しかったですね。M51凄い迫力ですね。鏡筒の性能もさることながら、Utoさんの処理はやっぱり凄いです。次回は銀河の処理講座もお願いします。
スケアリングですが、前日私のカメラとタキさんのカメラ(両方ともEOS60D)で同じ対象を撮影しましたが、全く同じ星像でしたので、鏡筒側のEOSマウントの問題と思います。
こうなると俄然CCDで撮影してみたくなりますね。変換リングを探してみますが、鏡筒側は62mmでしたっけ?

No title

2週連続で天城の天文台を堪能された様で良かったです。
光軸を調整されたRC50の画像、凄いですね。大口径の威力をまざまざと感じます。
バーベキューパーティにRC50での撮影、さらには画像処理と温泉、盛りだくさんの楽しい一晩、最高でしたね。
機会があればまた行きたいです。

No title

今回も他の遠征と被ってしまい訪問できず残念でした。
今回の50cmでのM51は流石と言う感じですね。
これはやはり冷却で撮りたくなりますよね~
次回はいつ行くんでしょうか?

No title

NGCさん、こんにちは~
50cm、さすがに素晴らしい解像力でした!
撮ってだしで、これだけ写ってくると、俄然、盛り上がります!
火星はシーイングが良い時にまたチャレンジしてみたいな~
でも、F6.5のRCなので、惑星はややニガテなのかも。

No title

エムティさん、こんにちは。
デジカメだと、あともう一歩、感度不足を感じましたので、やはり冷却CCDを付けてみたくなりますね。
取り付けが、EOSマウントなので、直接付ける手段がないので、そこが解決されれば、やってみたいです。

No title

シュミトさん、こんにちは~
いやー、やっぱりあの望遠鏡は凄いですよ。
デジカメで撮影していて、ここまでワクワクしてきたのは、久しぶりです。
次の機会には、是非!

No title

こもロハスさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。観測意義があるかは?ですが、こういうのも、面白いですよね。
調整された50cmはとんでもない破壊力ですね。
タカハシ40cm、そうなんですか、…勿体ないですね…

No title

gentaさん、こんにちは~。
今回もまた、運転ありがとうございましたm(__)m

銀河の処理なら、任せてください!
シーイングはやはり相当悪かったみたいですね。

どんどん良くなってきているので、次回も楽しみです。

No title

タキさん、こんにちは~。
天城では、本当にお世話になりました。
とても楽しい休日になり、大変感謝しています。
オーナーにもよろしくお伝えください。

本当、準備、撤収の手間がないのは、楽でいいですね。
それで、撮ってだしであのインパクトがある画像は最高ですね!

No title

ミュートンさん、お疲れ様でした~
シーイングが悪かったので、今回はTOAですら、そのポテンシャルを発揮させられませんでしたが、屈折の像の安定度の高さは理解頂けたのではないかと思います。
星雲は、あのシーイングで、ここまで?といった感じで、やはり大口径は違いますね。

No title

いーぐるさん、こんにちは。
いやー、ほんと、楽しかったですね!
銀河の画像処理講座、次の機会にやりましょうか。
結構、えー、そんなことするの?という感じだと思いますよ(^-^;
一応、理屈に基づいた方法ですが…
たぶん、目からウロコじゃないかなー

はい、鏡筒側はm62です。ピッチまでは未確認ですが恐らく通常の0,75かと。
冷却CCDだととんでもないのが撮れそう。
ボクもST10を付けてみたいな~

No title

ヨネヤンさん、こんにちは。
お天気予報では、ダメダメでしたが、実際には、2時まで、楽しめました\(^o^)/
温泉も気持ち良く、BBQも楽しくて最高の休日でした。
また、行きたいですね~。

No title

adonoanさん、こんにちは~
こちらの方まで来られていたとか。
この50cmは、さすがですよね。
次回は何時になるのかなぁ。次の新月期に天気と都合がついたら、また行きたいな~と思ってはいますが…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ