FC2ブログ

記事一覧

天文ガイド6月号最優秀!

伊豆天城天文台から帰宅してきてみたら、ポストに天文ガイドが入っていました。
定期購読されている方々は、どうも4月末には届いていたみたいですが・・・

天文ガイド6月号の最優秀に選ばれました (∩´∀`)∩ワーイ
天文ガイド6月号 最優秀作品 スターバースト銀河NGC1569
オライオン30cm反射望遠鏡 パラコア2使用 SXVR-H694 冷却CCDカメラ

書きたいことは、入選者の声で、ほぼ書いてあるのですが、多少補足して・・

■NGC1569について
たぶん、最初に、この記事を見て、通常のRGBにHαかぁ・・撮れそうだよなー・・
天文ガイドにも書いた様に、すばる望遠鏡や、HSTなどの大天文台の観測画像から、写せないか、撮ってみることも多くなりました。

でも、アマチュアでこのひげを写した作例は、見かけません。
銀河巡りで撮ってないかな?おっ、撮ってるじゃん
元データをレベル調整で詰めてみると、特に濃いヒゲはなんとなく写っていそう。これなら、写せるだろう・・・
と、リスト入りしておきました。

チャレンジ系の撮影として分類していますが、なかなかに大変で、苦労の割にほとんど全く写らず、ガッカリすることも多いです。NGC4388とか・・

それでも、今回の様に、その片鱗でも捉えられれば、嬉しくなりますね。

■最優秀について
これはさすがに入選者の声には書いてませんが・・
よっちゃんが、力作を出し続けないといけないと仰っていたと思いましたが、今回の場合、まさにその通りで、前回のM106と、同じコンセプトで、Hαで独特の構造を捉える、というのを連続して送ったのが功を奏したのかもしれない?と思っています。
合わせ技一本というか。
正直なところ、M106の方が可能性があるのでは、と思ったので、NGC1569は一旦保留にし、先にM106を投稿して、NGC1569は一月遅らせたんですよ。
結果的に、連続して同じコンセプトの作品で挑んだのが良かったんでしょうね。
NGC1569自体は、風でブレてる画像も多かったし、カスタムフィルタの痕も誌面からも判ってしまうくらいですから・・作品レベルとしては決して高い訳ではないですし。
ネタ的に、観測の部狙いで入れば・・と思ってました。
もっとも、Hαを加えた画像を最初に作成したのですが、これだと、ぱっと見で、小散光星雲にしか見られなかったので、それもあって、保留にしていたのです。左にノーマルLRGB画像を置くことで組み写真として、スターバースト銀河というのをより明瞭にしました。

■オライオン30cm反射望遠鏡について
この望遠鏡は、2007年頃に、北陸の親分が手放す際に、中古で譲っていただきました。
JMIのMotoフォーカサー、強化鏡筒バンド、MPCCを付けて諭吉12人ほどだったかな。
この望遠鏡はねぇ・・本当にじゃじゃ馬で、特に最初の頃は、強化鏡筒バンドが非常に重たい上、プレートも40cm×30cm×12mmの重たいものを使って作成したこともあり、プレートも重たい。
準備だけでも大変な上、光軸が難しく、ほとんど使用頻度が上がりませんでした。
それでも、ときどき使ってみては、またダメだなー・・と繰り返していたのですが・・・
マジで、sora-canさんあたり、5万円くらいで引き取ってくれないかなーと考えたくらいですよ。ただ、大きいので送付する手段がなかなか難しいので、躊躇していたのですが・・・
焼津の御大、ロンキーさんに見てもらったら、主鏡が鏡筒の真ん中にないよ!オフセット主鏡なんて初めて見た(笑)という始末で、そりゃあ、なかなか、光軸も合わせられなかったわけです。
焼津に持ち込んで、2次改修で、主鏡を後ろにして、接眼部繰り出し量を小さくして頂いてから、安定度もあがり、いっそ、主鏡セルを交換しようかと、焼津の御大がおっしゃってくださり、カサイの主鏡セルを発注。
ただし、鏡筒径がオライオンは細く、合いませんので、焼津の御大が、切削してくれて、収めるという荒業の大改修となりました。その辺りの記事は、こちら

その後、たまたま、ジズコに出ていたオライオン標準の鏡筒バンドを入手したことで、取り回しもぐっと良くなり、EM-200にも搭載可能になったことから、それまでフラグシップとして活躍していたASC-11よりも、使用頻度はぐっと上がっていきました。
やはり、30cmニュートンは良く写る。明るいF値もさることながら、惑星も素晴らしい写りで、すっかりとASC-11の出番がなくなってしまいました(マジで、3年、使ってません・・そろそろ、再び光を入れてあげる予定ですが・・)

■フィルターワーク
これは、あまり、文字数の関係で、天文ガイドには書けませんでした。
フィルターワークは非常に大事だと思っています。
今回もHαフィルターを絡めたことで、このひげを炙りだしていますが、少し書いた様に、系外銀河は赤方偏移がある為、実は、単純にHαを使えば良いわけでもありません。
先に書いたNGC4388の乙女座銀河団と比較的、近傍の銀河団でも、レッドシフトの影響を受け、すばる望遠鏡は波長660nmで撮影してあります。当初半値幅7nmのフィルターや3nmで写しても全くかすりもしない訳ですよ・・・
その他、光害地では、やはりLPS-P2の様な光害カットフィルターは重要な役割を果たしますし、RGBのうち、B画像は、スモッグで荒れ気味に、G画像は光害カブリでカブリ補正が難しくなり、フィルターの効果というのはとても大きいことを痛感させられます。
適材適所で、被写体や状況に応じたフィルターワークを行うことで、初めて、目的に見合った結果が出せます。
カラーフィルターも複数使っていると、この天体なら、このカラーフィルターの方が綺麗!とかもあるんですが、なかなかフィルタ厚の違いなどもあり、カラーフィルターの使い分けまではできませんね、、。

それにしても、今回の最優秀は、焼津のロンキーさんの望遠鏡の改修、素晴らしいフィルター(と、ST10XMEもですが・・)をお貸しして頂いている西脇のMik先生、画像について直接アドバイスをくれるまほろばさんや、メーテルさん、CCDママさん。バックフォーカスの大事さを教えていただいたGENTAさんや、Yahooブログの皆さん記事・・・多くの人からの助けによって得られました。
本当に、みなさんには感謝しています。

今年のテーマはマイナー銀河でしたが、最優秀まで頂けて、達成率はもう120%です!!
夏はさすがに良い天体が無いのですが、また秋の天体からはマイナー攻めでいこうと思っていますのでお楽しみに!?(でも、さすがに入選までこぎつけられるのは無いかも・・)

ちなみに、このリニア彗星の写真も送付していましたが、こちらはゲキチンでした (。・ω・。)
やっぱり、デジタル一眼レフカメラの様なカラーカメラでないと、三色分解で星が原色になり、イマイチダメですかねー・・・(゚-゚;)ウーン

hanaさんの様に、最優秀+1という訳にはなかなかいかないです・・。


忘れてました (^^ゞ
こちらも、ゲキチンでした。NGC1569は観測の部、M61は、デジタルの部、リニア彗星はCometeFile狙いで送ったのでした。
カラフルな銀河でとても綺麗なんですけどね、、


星ナビの方については、あれはあれで、また書きたいことが多いので、また後日・・(^^ゞ
もっとも、前にも書きたいことは書いてあるので、繰り返しになりそうですが・・

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

OLG100さん、こんにちは。
どうもありがとうございます&入選おめでとうございます。
見事なかに星雲でした。僕もかには、ナローを絡めて今年は作品を作ってみたいなーと思っています。
ほんと、とても良いタイミングでラッキーでした。

No title

8cmユーザーさん、こんにちは。
どうもありがとうございます~

趣味なので、ぼちぼちと・・っという感じで、やってますので、オライオンは使いこなすまでに、3年以上の歳月がかってしまいました。
VISACもそうでしたし、なんだかんだで、一つの望遠鏡をそれなりに使いこなすまでには結構な時間がかかっているかなぁ・・
でも、あまりにもダメなのは、NSC-22の様にあきらめ入るのですが、今回のオライオンもほぼそのレベルでしたから・・・なんとかモノになってくれてよかったです。

No title

sloさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。
いやー、こちらは、競争率が低い隙間狙いですから(^-^;
ネタは尽きつつありますが、しばらくはニワトリで頑張ってみます!

No title

いーぐるさん、こんにちは~。どうもありがとうございます。
本当に良い記念になりました。
天体写真って、いろいろな天体やいろいろな方法があるので、自分で楽しむ一方で、みなさんの参考に少しでもなれば嬉しいですね~。

No title

hanaさん、こんにちは~。どうもありがとうございます。
そうなんですよ、思った以上に淡く広がっていて驚きです。
いやー、hanaさんの最優秀+1は素晴らしい快挙ですね~。

No title

なおじゅさん、こんにちは~。どうもありがとうございます&2誌入選おめでとうございます!
いやー、なおじゅさんの1年間に2回最優秀も、hanaさん同様、他にない快挙だと思いますよ!
なおじゅさんの、やれる範囲内でいろいろと撮影して入選実績を作っていく姿勢にはとても好感をもっています。
これからもお互い頑張って行きましょう!

家族の写真はやっぱり載せておかなくっちゃ、ですよね~(^-^;

No title

ヨネヤンさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。
こういう写るかどうか、判らない難対象は燃えてきます!
おライオンはじゃじゃ馬で苦労しましたが、やっぱり大口径はいいですね。

No title

天文ガイド、最優秀賞おめでとうございます!!(^o^) 系外銀河でとは、UTOさんらしいですね!声のほうもしっかり読まさせて頂きました。銀河だとHαで撮るというのはメインになりにくくアクセント的な役割かと思っておりましたが、こんなにもくっきりと捕らえたというのは色んな意味ですごいことだと思います。記事を読むと、UTOさんの深宇宙への熱い思いが伝わってきますね~。星ナビの銀河のほうも実質最優秀賞ですね。ダブル最優秀、誠におめでとうございます!(^o^)

No title

ミュートンさん、こんにちは~
どうもありがとうございます&入選おめでとうございます。
いやいや、ミュートンさんもぜひ、最優秀目指してください!
素晴らしい惑星像、楽しみにしています。

No title

ぶっこさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。

いや~、失敗は今でも、継続中でっす(笑)
でも、いろいろと楽しみながらやってます!
ぶっこさんも、ぜひラピュタの道など、星ナビ誌に出してみてはいかがでしょうか。

No title

adonoanさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。

ドタバタ記事も、ニワトリ優先になると、ちょっと面白味がなくなるかもしれませんが、これからもよろしくお願いしまーす! (^^ゞ

No title

玄さん、こんにちは~
どうもありがとうございます。
明星ちゃんも天文ガイドデビューです~(^o^)
うーん、ワザは真面目にネタが尽きてきているんですが、でも、デジタルカメラやCMOSカメラが進歩したら、TNK撮影もメジャーになりそうな予感・・!
カメラの進歩に期待しつつ、TNK頑張りましょ~!

No title

シュミットさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。最近は、取材は無しで、入選者の声の執筆依頼です。
たいてい、印刷(恐らく20日前後)の1w程度前に依頼が来て、実質4~5日で作成してメールで送信って感じです。
嫁はんが変な顔している写真だったので、怒られましたが(だってシャッター切ったのボクじゃないも~ん ^^;)、でも明星ちゃんの写真も載せたかったので。

10年前の記事で入れたのかは判らないんですが、撮影リストに入っていたので、狙ってみました。重複もありそうですが、1500天体程リストアップしてあるので(中には絶対に撮らないだろう、コレ・・・ってなものも多々ありますが ^^;)
いずれ、またぼちぼちと星雲巡りしていこうと思います。

No title

こもロハスさん、こんにちは~
いえいえ、どうもありがとうございます。
一応、5/3にはこちらでも販売されたんですが、このGWは晴れまくってくれたおかげで順番に記事Upしていったこともあって、遅くなってしまいました m(__)m

改めてのコメント、ありがとうございます!

No title

GENTAさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。

いろいろとやるのが楽しいので、あまり同じ天体を同じ機材で撮影することは少ないかな。
自分でも、新鮮味が無いとつまらないので、それこそ、Hαを絡めてみたり、モザイク合成にチャレンジしたり・・と明らかに差が出る方法でいきたいなぁ~。と思っています。
やっぱり遠征はしばらくは我慢でしょうかね~ (゚-゚;)ウーン

こちらこそ、アドバイス、またお願いします。
散光星雲はやっぱり難しくて苦戦中・・・

No title

こう@ベサメさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。
オライオンはまだまだ苦労の真っ最中ですが、まぁ、なんとか、見られる写真になってくれている・・かなぁ・・・
も、ちょっとなんとかしたい面はあるんですが、いろいろな制限でちょっと難しいです。

No title

naokiさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。
ほんと、ちょうど良いタイミングでの受賞でした。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします。

No title

ふにゃ太郎さん、こんにちは~
どうもありがとうございます。
前々から写してみたかったのですが、今年になってようやく撮影できました。
相変わらずのマイナー路線ですが、でも、こういう対象も面白いんですよね。
タイミング良く、本当に良い記念になりました。
オフセット主鏡(笑)、爆笑モノですよね!いやー、参りましたよ。親分からは、ミラーと鏡筒と別々にバラして送って貰ったんですが、組付け時にオフセットされたみたいです。
そうそう、ハーシェル式とかもいいよねー(えー)

No title

ななこさん、こんにちは。
どうもありがとうございます。

スターバースト銀河、ホント、カッコイイ名前ですよね!
この種の銀河、実は結構、好きだったりします。

そうなんですよ、小さくですが、家族での写真も小さく載っていますので、本屋さんに出かけた時にでも、見て頂ければ幸いです。

No title

ひろしさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。
そうなんですよ、近場の銀河だと、こないだのM106とかこのNGC1569の様に、Hαならではの構造が出せるので、Hαフィルターでも面白いです。
ただ、大半の天体では、それこそ、M101でも、アクセント的にしか使えませんから、有効な天体ってほんとわずかですが・・・
ひろしさんも、ぜひ狙ってみてください!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ