FC2ブログ

記事一覧

遠天写真展準備⇒天竜の森ラスト遠征!⇒遠天写真展開幕

さて、昨日は遠州天体写真愛好会の写真展の準備でした。
本日より、いよいよ開幕です!
みなさま、ぜひ、いらしてください!!

夕方、仕事を終えて、まず帰宅。望遠鏡やら一式を速攻で積み込み、急ぎ、写真展の準備に向かいます。
到着したのは、18時半前でした。

遠天写真展看板  ギャラクシーS4 スマホ内蔵 デジタルカメラにてぱちり

すでに、写真展案内の看板も立てられてました!(^◇^)
ちょうど、入り口に入ろうとしたら、タシロさんがいらして中に入れて貰いました。

遠天写真展準備中~ Glaxy S4 スマホ内蔵デジカメにて

まあ、さすがに準備中にデジタルカメラは持っていかないので (;゚Д゚)
スマホのカメラにて撮影しましたが、作品を床に並べていく様子はなかなかに壮観ですヨ (^^ゞ

準備は準備で楽しいんです。
この歳になっても、学祭の準備の気分を味わえるのは希少じゃあないかと思います。
もっとも、ここ5年ほどは仕事も忙しくて、なかなか速い時間帯から手伝えてなかったです。
6,7年ほど前は、となりの体育館から、パネルを運んだり、割りと重労働の仕事もありましたので、若手のM川さんとボクとで良く運んだものですが・・・
久々に早めの準備参加でした。



その理由は・・
あのー、晴れそうなんで、撮影に行きたいので、少し早めに失礼しますね! (`・ω・´)ゞ

と、いうわけで、自分の仕事が一段落した20時に、そうそうに失礼させていただいたのでした (;゚Д゚)
いや、まあ、みなさんも撮影に行きたいんじゃないかなぁーと思ったりもしたのですが、
どーも、翌日(つまり、今日ですが)、M田さんに聞いたら、あの天気で良く行く気になるなぁ・・
とのことでした(爆)

とりあえず、まずは腹ごしらえと、近くの遠鉄ストアで、パンとざるうどん(半額)を食べてから、天竜の森に向かうことにします。
GENTAさんも向かわれたらしいのですが、ひょっとしたら、この食事時間帯で追い抜かされた可能性大です。
写真展の準備も、残りはあと30分もすれば終わるくらいまでになっていたと思いますからね・・・

さて、天竜の森に向かいます。
浜松市内の天気予報は曇りですが、北は抜ける筈ッ!!
それにしても・・夜に天竜の森に向かうのは初めてです。
ゴールデンウィーク期間中に3回もの往復をしていたからこそ行く気になったかもです。
しかし、山道が長く、夜の山道の上、途中、濃霧まで出てきて、心が折れそう・・
かなり後悔しつつ、なんとか到着!
いつもは立ち寄る中央駐車場は今回、無視してしまったのですが、ポータブルカーナビによると、中央駐車場付近は標高1240m。いつもの北駐車場はおよそ80mほど標高が低いんですよね・・

中央駐車場付近では気にならなかった霧が、北駐車場ではみられます。。
うーん、中央駐車場に戻るかどうか、悩みましたが、まあ、霧はやがて下がるだろう・・と判断。
多分、先にGENTAさんがいたのかもしれないと思うと失敗でしたね。

北に雲が見られます。
これが、GENTAさんのブログでtez*024 さんが仰っていたしらびその雲なんでしょうねぇ・・
なんだ、思ったより天気悪いぞ!
と、AstroGPVを見てみたら、ビミョーに悪化しとりました・・

ま、それでも天の川の様子を見ると霧があるとはいえども、ぼうらやでは最高の空と同等レベルです。
まぁ、普段、いかにボクが条件の悪い空で撮っているかということでもありますが、カメラが超高感度ならば、それでもなんとかなるもんです。
ここで、天の川の撮影でも・・と思ったら、
カメラバッグ、忘れてきた・・ ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

げげ、積んだと思っていたカメラバッグ、慌てすぎておいてきたみたい・・・
双眼鏡も忘れちゃってるよ!! (;゚Д゚)
ま、幸い、CCD撮影機材だけはキッチリチェックしてきています。
まあ、車の後部ドアを開けたら、予備で持ってきたFMVノートが激しく落下して壊れてないかちょっち不安ですが・・・
12V直結で動くエンデバー使うし。と、とりあえず、チェックは保留。
問題は、その他のところに潜んでいました。

オライオンのファインダーを止めているネジが振動で抜け落ちていたり(天竜の森への道は険しいのだ・・)
一番、参ったのは、フィルタホィールですね。
自宅で修理・確認した時はバッチリだったのですが、なぜか、フィルターがひっかかってしまいます ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
うーん、困ったことに以前は、両面粘着テープが剥がれかかった遮光用スポンジを巻き込んでいたのが、今回、接着剤で止める改善を行ってみたのですが、どうも厚みがあり、フィルタホルダの円盤が若干斜めになり干渉するみたい・・・(って、現物みないと判りませんね・・)
確かに干渉フィルターを入れてるんだけど、物理的に干渉しなくっても・・
対処療法的には、フィルタを1枚抜いて、使うフィルタを密集させることで、フィルタホルダの傾きを減らすことで、辛うじて運用可能・・・
どうせ霧の中だからと、1時間くらいあれこれ実験した結果がソレでした。
恒久対策は、遮光スポンジの改善かしら・・どうしたらいいのやら・・頭イタイ・・・

それにしても、相変わらずのトラブル大王(。・ω・。)です。
この場所との相性、めっちゃ悪いッスよ・・・
まー、写真展準備を抜け出してきたバチがあたったのかもしれませんが(笑)

なんとか、0時36分に撮影開始・・・
2台めなんて持ってくる余地ありませんでしたね。
スマホを見ると、GENTAさんは中央駐車場におられたみたい・・
霧を考えたら、絶対、正解でしたね。

さすがに疲れ果てて、目覚まし時計をセットして寝ます。
懸案だった、フィルタホィールはなぜか上手く動いてくれていたのですが・・・
4枚目から、曇って、ガイド星ロスト、そのままあとはガイドエラーだよッ!! ズガ━━(;゚Д゚)━━ン!!


なんというか、ほんと、天竜の森とは相性が悪いんだなぁ・・・俺・・・。
一応、薄明フラットを撮って、片付けてから、GENTAさんが居られる、中央駐車場に行ってみましたが・・・

すでに、いませんでしたッ ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

GENTAさん、撤収、早ッ!
もっとも、薄明フラットのせいで、時刻は5時でしたから、ボクが遅いのか・・・
はぁー、なんとも疲れ果てての帰宅となりました・・・(;´д`)トホホ…

さて、そのまま、今日は遠天写真展1日目。
午前の当番はO野さんが仕事になったこともあり、自分1人です。
一風呂浴びて、少し寝てから、豊田町図書館に向かいます!
ほぼ時刻ギリギリについたのですが・・
タカさんが来てくれていました! (^o^)
その他にも心配されてyamatomoさんが、来てくれたり、ニンジャS浦さんが来てくれたり、M浦さんも冷やかし!といいつつ来てくれたりと、わりと賑やかになりました。
しかし、お客さんの方は、振るわず・・というかいつもどおりでした。

Canon PowerShot G9 デジタルカメラにて

午前中で44人だったかな?
例年、初日はそんなものです。
中日新聞の取材も受けて(カメラが、CoolPix995あたりのコンパクトデジカメだった当たりがビミョーに気になりますが・・(^^ゞ)
まあ、そんなもんです。


Canon PowerShot G9 デジタルカメラにて

それでも、熱心にアンケートを書いてくれる人もあり(えっ、写真に説得力ないよ!?)
いーぐるさんと、トムさんにもお会いできました。
トムさんも、時間をかけて、じっくりと見てくれていたのが嬉しかったなぁ・・
来られると聞いていて、とりあえず、天文ガイドは持参したのですが、最近はあんまり広告も乗っておらずあまり良いアドバイスが出来たとは・・・m(_ _)m
yamatomoさんがスマホでフォローしてくださいました。
個人的には、ふにゃ太郎さんが以前にオススメして、自分もまた他の人にオススメして好評だった、ポルタ+12cmF5アクロマートをオススメしたのですが・・・
もう少し、じっくりとお話した方が良かったかなぁ・・・撮影も考えるなら、8cmでもEDアポクロマートをオススメしましたが・・・
ニーズとマッチしていたかどうか、ちょっと不安かもです。
また、ブログかあるいはメール(←ホームページには出してます)で予算や、やってみたいこと(こちらはだいたいお伺いできた気がするんですが)などの詳細を頂ければ、もう少し、具体的なことが言えるかもしれません????

いーぐるさんとはもう少し、コアな話もしたかったのですが、一応、正規当番が自分だけという環境上、あんまり深いお話ができなかったのが残念です。
うーみゅ、もう少し、語り合いたかったのですけどねぇ・・・
自分も、当番が解放された午後から、じっくり作品拝見したのですが、星景写真の名手Y田さんの作品はさすがですねぇ・・・
デジタルと、フィルムの良いところを見事に昇華して作品にしてきた感じがします。
昨年以上に、この写真は、こういう理由で、デジタルで、こちらは中判フィルムで、というのが明確化されてきた感じがしました。
当番の合間に見た1枚については、いーぐるさんに説明できたと思いますが・・・
流石に深いですね。
Macintosh使いの名手、M田さんもプリンタにPro-1をチョイスしていたのも興味深かったです。
今日の午後当番でしたので、もっといろいろとお話してくれば良かったなあ・・
彩度も派手すぎず、華美で流石の安定度でした。
yamatomoさんのPX-G930も素晴らしい出来栄えですし,タシロ大佐のプリンタもいい感じ。
型名忘れたんですが、やはり、Canon PIXUS8730を検討してみたいなーと思わせる出来栄えでした。

デジタルカメラ関係も、例えば、応援にきてくれたニンジャS浦さんは、カール・ツァイスMFレンズ+K-3で見事な写真を撮られている一方で、タカさんはニコンD800で、旧式の望遠レンズで素晴らしい写真を撮っています。
ボクはオリンパスE-620ですが、こちらも、こちらでズイコーデジタルレンズは絶品!ですからね。(すみませんが、マイクロフォーサーズレンズにはその価値が少なくともスタンダードレンズには見いだせませんが・・)
カメラ話題でも盛り上がっていました。

しおりチョイス Canon PowreShot G9 コンパクトデジタルカメラにて

まぁ、なんだかんだで、いろいろな情報交換の場にもなるのが遠天写真展ですよね!
人数は標準的でそこそこでしたが、それでも、いろいろな人とお話できて楽しかったです。






関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

当番まで、お疲れさまでした。
トラブルは参りましたね。
私は、今夜も中央駐車場に行って来ます。

No title

天竜の森は標高1200m超えなんですね。やっぱり高いところは違うのかなぁ。
しかし、これだけトラブル続出でも、入選作を量産する辺り、UTOさんの凄さがある気がします。忘れ物は…なんとかなりそうな気もしますが(^^;
今回、私は天ガを忘れて、パンスターズ彗星が撮れませんでした。ホントは今夜行けばいいのでしょうが…

写真展で100枚超ってのは、やっぱり圧巻ですね。近ければぜひ見に行って色々お話聞きたいところです。

No title

写真展の準備から天竜の森に行き撮影、その後また写真展の当番と行ったり来たりでお疲れ様です。
精力的に活動できるのも若さ故ですね。今夜も天気が良いので遠征でしょうか。

No title

昨日は、どうも親切に教えていだだき有難う御座いました。
参考にさせて頂きます。わからない事は、ブログのメールボックス
にしますね。でも最近雲が多くて観望には適さないですよね。 ><

No title

昨日はどうもありがとうございました。今年も大作ぞろいで楽しかったです。今年は、Yamatomoさんのカメラレンズの作品群に影響を強く受けました。5月の連休の際に同じレンズで撮影して失敗しているので、綺麗な作品にびっくりです。ご本人に解説していただいたので、すごく勉強になりました。
GENTAさんの対策、Utoさんの作品もやっぱりプリントで見ると、凄さが増しますね。

No title

GENTAさん、こんにちは~
いやー、疲れ果ててしまい、気がついたらまさかの0時過ぎで参りました。
あー、ボクも行きたかったなぁ・・・(´・ω・`)

No title

玄さん、こんにちは~
ポータブルカーナビのGPSなので、信頼性はもう一歩かもしれませんが、1200mmオーバーとは思ってませんでした(家老平で1100m程だったか?)
いやー、トラブルは天体写真に憑き物なんですよ~
玄さんも忘れ物でしたか。スマホの電波が入れば、ネットで確認できたかもですが・・・
パンスターズ彗星、ボクは寝坊で撮れませんでした(>Д< ;)

100点超える写真はやっぱり見応えがありますよ。
確かにもっと近くないとさすがにそちらからは無理がありますよね (; ̄ー ̄A アセアセ・

No title

ヨネヤンさん、こんにちは~
いやー、それがさすがに疲れ果ててしまったらしく、爆睡して貴重な梅雨入り前の晴天を逃してしまいました (。・ω・。)

No title

トムさん、こんにちは。
またもし判らないことがありましたら、ぜひ聞いてください。
観望なら、少しでも口径があった方が楽しいです。
写真となると、アポクロマートが必須です。
赤道儀は、最近の自動導入望遠鏡は、アライメント等、なれるまで大変です(SE赤道儀はいつも悩まされてます)、その一方で、LS15の様な、自分自身で完全にアライメントとって導入してくれるインテリジェンスなシステムもあります(H野LS15さんがお使い)、LS15はちょっと高いですが、追尾もしてくれる経緯儀なので、煩いことを言わなければ撮影も可能です。
いろいろなシステムがありますので、じっくりと考えてみてください。
ただ、まぁ、仰る様に晴れないことには・・・そろそろ、梅雨入りでしょうか・・

No title

いーぐるさん、こんにちは。
ご来場、ありがとうございました。
85mm、画角的にもちょうど良さそうで、いいなぁ・・とボクも見入ってしまいました。
アンタレス付近は表現もいいですよね。派手すぎず大人し過ぎず。さすがだなぁと感心してしまいました。
GENTAさんの作品も星がシャープで良いですよね。yamatomoさんやsaciさんの作品も見事で見応えがあります。
やっぱり画素数かなぁー、プリントで比較してしまうと地味に凹みます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ