FC2ブログ

記事一覧

天文雑誌入選

今日は天文雑誌の発売日!
仕事の後で、本屋さんに直行です!!
GENTAさんのお家の近くの谷島屋さんに行ったのですが、残念ながら星ナビがおいてありませんでしたガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

天文ガイド入選作 ハッブルの変光星雲 半年の変化  
オライオン30cmF4反射望遠鏡 パラコア2使用 SXVR-H694 冷却CCDカメラ

以前に動画でお見せしましたが、一応、ネタモノとして、天文ガイドにも後日応募しました。

まあ、先に動画を作っていたんですけど。。。天文ガイドにもその旨書いて応募した方が良かったかな?!

苦労したのは、やはり、カラーだと色調を整えるのに一番苦労しました。この点、デジタルカメラのような、ワンショットカラーカメラなら、問題は生じにくい気がします。
もうひとつは、なんというか、苦労といえば、苦労ですが・・・・相変わらず、撮影の安定度が欲しい様な撮影には向いてないなー、オライオン・・・orz
なんというかもうね、個々の画像をじっくり見てしまうと誌面からも判るくらい苦しさが・・・ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
ガイドエラー、も、ちょいなんとかならないもんですかね、、、(´・ω・`)ショボーン
なんとか拾って頂けて良かったです。
たぶん、誰も、ここまで短期間で、これだけ変化しているっていうのを呈示していないと思うんですよ。
やっていても、1年ごとに撮影して、おー!変化しているっていう感じだと思うんですよね。
まさか、ここまで、一ヶ月でもインターバルを開けすぎているほど変化しているとは驚きでした。
動画の方は、まだ未処理分のデータを加えつつ、Deco画像で再構築してみたいなーと思っていますが・・・
梅雨時の宿題といいたいところですが、時間がとれるか、どうか・・・
せっかくのデータなので、どこかでやってはみます。

天文ガイド落選作 NGC4274付近 オライオン30cm反射望遠鏡 パラコア2使用 SXVR-H694冷却CCDカメラ

こちらは天文ガイドに落選したNGC4274付近です。
やっぱり、語呂のとおり、ゲキチン。死になよ!でした・・(´・ω・`)ショボーン
ダストレーンが魅力的なんですがねぇ・・。
sora-canさんの見事なNGC5371と競合して、あえなく、散ってしまいました・・・・
この天体、納得いくまでプリントしたので、没プリントの数はハンパなかっただけにガックリでした・・。

星ナビ2014年7月号入選作 火星 オライオン30cm反射望遠鏡 パワーメイト5倍 ASI120MM モノクロCMOSビデオカメラ フレームレート30fpsにて撮像

星ナビは置いてありませんでしたが・・・
複数の知人たちから、入選のご連絡を頂いていましたので、たぶん、この火星が入選していると思います。
・・・違ったら、ハズいです・・・( ̄▽ ̄;) 

選者からのコメントも気になりますが・・
火星を各フィルターで波長別に撮影しました。
火星ではつねに大気のヘイズ(靄)がある為、長波長のフィルター、近赤外光で撮像することで、模様をより明瞭に映し出すことが出来ます。
反対に、青フィルターでは火星の霞や霧の様子を捉えることが可能です。
フィルターワークが如実に反映される天体、それが火星です。
天文ガイド入選作のヨネヤンさんのブルークリアリングでは、青フィルターでも火星面の模様が写る、霧の晴れ上がりという貴重な現象です。

天文ガイドでは、観測の部があるため、惑星写真は天文ガイドに・・・・という意識は働きますが、実際のところ、星ナビさんでも旬の天体が欲しいわけで(いざとなれば星ナビ誌は、アストロアーツのギャラリーからまかなう気がしますが)
今回は、火星自体の出来は、もう今一歩だという認識の下、あえて上記判断から、天文ガイドではなく星ナビに送っています。
大正解でしたね。この作品を天ガに応募したところで、ヨネヤンさんの素晴らしい作品の前にゲキチンは確実でしたね。
いずれにしても、しっかりと、生存戦略、しましょうか。というワケで。(^^ゞ
以前にもハーゲンローザ彗星を星ナビに送って採用して頂いています。CometFileも激戦区ですからねぇ・・
いずれにしても、フォトコンテストへの応募は、自分の作品を見る目、自分の実力を客観的に見る力を養ってくれると思います。
星ナビ撃沈作 NGC4517 オライオン30cm反射望遠鏡 パラコア2使用 SXVR-H694冷却CCDカメラ

星ナビに送ったマイナー銀河もゲキチンでした。今回はネタモノで勝負という感じになってしまいました
おとめ座にある大型の銀河で、視直径は10'を超えます。
これほどに見事な銀河ですが、国内での作例はあまり見たことがありません。
上にある渦巻銀河はNGC4517A。こちらも視直径は4'ほどで大きな天体とはいいませんが、2つ並べて写すには絶好の被写体だと思いますが・・
やや高度が低いことと、この時期はメジャーなより見事な銀河が多々あるからでしょうか・・・

今月は星ナビは拝見していませんが・・入選されたみなさん、おめでとうございます。
遠天では、星景写真のY田さんが入選。星ナビ誌ではタシロ大佐も入選されているようです。
天ガでは最優秀はきたさん!
見事なM83でした。長年続けているベテランの方で、それこそ、彼がBJ-32Cをお使いの頃から、いろいろいと工夫して撮影してこられた方なので、嬉しかったです。
作品そのものも、無理がなく、素直な仕上げで美しい仕上がりでしたね。

やまちゃんのM100も見事な構造描写に驚きでした。
ニュートンとRCのきちんとした使い分けができているという感じがします。

sora-canさんのNGC5371も構図が特に見事で安定感がありますよね。もちろん、それだけではないですが・・完成度の高さといい、やっぱり、所詮、死になよ、じゃあ、敵わないか・・

T-Fixさんのアンタレス付近もとても見事。さすが・・・!と感心してしまいました。
2コマモザイクだと思うのですが・・・。それでも、800万画素に満たないハズなんですよね。
それでもあれだけシャープなのはやっぱり画像処理の違いかなぁ・・
星雲の描写ももちろん、見事で、カラフルな領域の見応えもありました。
その上は、カリタツさんのアンタレス付近!家老平での作品で嬉しくなってしまいました。
Baby-Qだとワンショットでも、収まるんですねえ・・・
これまた見事なソツの無い作品という感じです。アンタレス付近は激戦区だったと思いますが、おふたりとも、お見事です。

月食の写真では、若手ながらhanaさんは流石にチャンスを逃しませんね。
薄明中の低空だしなーと、サボっていた自分がちと恥ずかしいです・・・
また、中天の月の狩人さんの作品は、まさにハンドルネーム通り!素晴らしい作品に感嘆してしまいました。

星ナビがおいてなかったのが残念ですが・・・まぁ、きっと、遠天の写真展の当番の時に誰か持ってきてくれると思いますので、また見る機会はあるでしょう・・。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

天ガと星ナビのダブル入選、おめでとうございます。
ハッブルの変光星雲、半年間追掛けられた画像、ブログで観た時に間違いなく入選と感じていました。
狙いも見事だし、各画像の発色や輝度もしっかり合っており、素晴らしい記録、観測の部にピッタリの作品だと思います。
天ガの火星画像、フィルタワークのスペシャリストのUTOさんが投稿されていたら落選だろうなと思っていましたが、ハッブルの変光星雲を投稿されたのでダブらず、助かりました。

No title

ダブル入選、おめでとうございます。
ハップルの変光星雲は微妙な変化だと思うので画像処理の安定感がめちゃ求められますが、それを発想するだけではなく実際に作品にまで仕上げるのが流石です。ディープスカイではない作を連発するUTOさんを見習わないとです。

No title

T-Fixさん、こんにちは。
どうもありがとうございます&入選おめでとうございます。
見事なさそり頭部でした。カラフルなのはもちろんですが、星像も小さそうで、素晴らしいです。
散光星雲はボクも撮ってはいるのですが、どうしても星が大きくなってダメです・・

ハッブルの変光星雲は思った以上に大きく変化していてびっくりしました。
ほんと、不思議な感じですよね。動画にすると、星雲の変化が良く判りますが、カラー版を動画にすると逆に色違いが目立つんで、やっぱりカラーカメラで撮るのが正解っぽい。
火星は、波長ごとの写りが大きく違うので、フィルターワークが大事なんですよ。
単体での出来映えはやはり、もう今一歩だと思いますから、拾って貰えてラッキーでした。

No title

addict2525さん、こんにちは~
どうもありがとうございますm(__)m
ネタモノは、結構得意なんですよ。
どこでめっけてくるのかは、自分でも分かってないんですが・・・
基本的にはAstroArtsのニュースかなぁ。ラッキーイメージングもそこからの紹介でしたしね!
リストにちろっとmemoしておいて、たまに確認して、やってみようかな?という感じです。
ハッブルの変光星雲は、昨年2月にゲキチンした時に、リベンジで変化を捉えようと思ったんですが、最初は一月スパン程度じゃ判らないかも?なんて思っていたのに、実際に処理してみてびっくりでした。

No title

ダブル入選ですね。おめでとうございます。
落選したのも入選したのも、僕にとっては最優秀ですね。
ただ、NGC4274付近は構図が上が重いのかもしれませんね。
絵画の世界だったらそんな感じです。

ハッブルの変光星雲は動画で雑誌に掲載することが出来たら
もっと感動できるのに残念です。
動画、いいですよ。

No title

ダブル入選おめでとうございます。天ガは見ていないですが見事な作品ですね。この青色は非常に美しいです。ま、私としては撃沈作の銀河が気になりますが。NGC4274はノーマークでした。写欲をそそる美しい姿ですね。メモいたしました。NGC4517もutoさんの作品を拝見して、撮り直し決定いたしました。

No title

拝見しました、ダブル入選おめでとうございます!
ほんとにもうお名前を見ない号がない、さすがの着眼点と素晴らしい画像に溜息です。
ハッブル変光星雲はおっしゃるようにこんなに短期間に幾度も撮影された方はあまりいらっしゃらないでしょうね~、とても貴重な資料になると思います♪(^^)/

No title

UTOさん。
ダブル入選おめでとうございます。さすが、あのハッブルの変光星雲は前に見たときからインパクトありましたもんね❗️動画はブログでと記載した方がよかったですね。でも、知っている人は知っているからいいかな。

来週の土曜日遠天の写真展嫁と子供二人連れて見に行きます。会えること楽しみにしてます。

No title

掲載2誌! おめでとうございます。
なんと、観測写真の部でご一緒できました。

No title

UTOさん、今回もダブル入選おめでとうございます!
ハッブル変光星雲の貴重な観測成果は勿論素晴らしいですが、火星のNIR,G、Bでしっかり星ナビにも入選されているのは流石ですね、
私も何とかUTOさんと同じ号に掲載してもらえてうれしさも2倍です。

No title

ダブル入選おめでとうございます!
同じ天体を継続して撮影するのは勇気がいると思いますが、形状の変化はどこかで情報を入手されていたのでしょうか??
全天には他にもこのような天体がありそうですね。

死になよは吹き出してしまいました、縁起でもない名前ですね(笑)

No title

ヨネヤンさん、こんにちは~
どうもありがとうございます&入選おめでとうございます。
いやいや、あれだけ立派な組み写真を出されてしまうと、間違いなく、こちらがゲキチンでしたよー。
正直、天文ガイドを見て、ほっとしましたよ (^^ゞ

ハッブルの変光星雲は、表現や色はなるべく合わせる様に頑張りました。思った以上に大変でしたので、無事、入選してくれてよかったです。
でも、NGC4274は、残念だったなぁ。。。

No title

sora-canさん、こんにちは。
どうもありがとうございます&ダブル入選おめでとうございます!
どちらも、素晴らしい作品で乾杯でした。
NGC5371は、タキさんが書かれている様に、ボクの4274に比べると構図安定性が格段に高いですし、生プリントでの美しさの面でも、敵わないんだろうなぁーと感じました。
星ナビの方も、これまた超ドマイナーな天体ですが、構図安定性や美しさなどで、完敗という感じでした。
いやー、sora-canさんは散光星雲でもバッチリ入選させていらっしゃるので、ボクの方こそ見習わなくては・・・
どうしても、星像が重たくなってしまうので、処理方法を見なおして、できれば、銀河作品にもフィードバックかけねば・・と思っているところです。
でも、暫くニワトリだしなぁ・・・
とはいえ、技術は磨かなくっちゃね・・。

No title

タキさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。
確かに、NGC4274はちょっとアンバランスですね。少しだけトリミングしているのですが、もう少し、その辺りも考慮した方が良かったかも。
とはいえ、被写体ありきなので、どうにもならなかったかもしれませんが・・
sra-canさんの作品はどちらも、安定性がありましたね。
ハッブルの変光星雲は、確かに動画の方が分かりやすくて、いいですよね。
昨日、S田さんも、これからは動画が面白いと仰っていました。
1つの大きなテーマになりますよね。

No title

g-logさん、こんにちは。
どうもありがとうございます。ハッブルの変光星雲の青色、澄んだ泉を想像させてくれる色合いですよね。
ゲキチン作、NGC4517は撮影されていましたか!流石ですね。
NGC4274は、昔撮影した時は土星を小望遠鏡でみた様な姿をしていましたが、
http://oozoradigital.web.fc2.com/html/n4274.htm
きっちり撮影すると、土星の面影がなくなっちゃいますね。
ST7E時代なので、10年以上前の撮影ですが、ちゃんと進歩を確認できてほっとしてみたり。

No title

ふうまさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。
いやー、とりあえず、この半年ほどは、頑張りましたが、ここから先はどうなることやら・・です((((;゚Д゚))))
当面、ニワトリで頑張りますが、なんとかたまには入選できる作品が撮れればいいなぁ・・( ´Д`)=3

ハッブルの変光星雲の変化は、それこそ、誰か継続して撮影してくれませんかねー・・
ドームでもないと、これ以上、スパンを詰めるのはちっと無理・・

No title

のんたさん、こんにちは。どうもありがとうございます。
そうなんですよ、動画は、Youtubeで検索してください、と書けばよかったんですが、すっかり忘れてしまいました。

写真展、ぜひ、いらしてください!
土曜日はAM中は当番やってます。PMは嫁さんと娘を迎えに行くので、ちょっと無理かもです。

No title

月の狩人さん、こんにちは。
どうもありがとうございます&入選おめでとうございます。
素晴らしい構図の作品で、流石だなぁと感心してしまいました。個人的には、今月号の雑誌で、一番、印象的な写真でした。

No title

シュミットさん、こんにちは。
どうもありがとうございます&入選おめでとうございます!
星ナビは今月は火星特集という感じでしたね!見事な展開図の写真で、脱帽です!!
ボクの方は、たまたまモノクロも乗っけておくかーと、軽いノリで(プリントが厳しいというのが本音でしたが)、カラー画像と並べて送っておいたのが拾っていただけてラッキーでした。

No title

hanaさん、こんにちは~
どうもありがとうございます&ダブル入選、おめでとうございます!
流石でしたね~

形状の変化は毎年撮影していて、1年スパンだと変化が大きいので、こうなったら、一月単位で撮影してみるか!という感じでした。
他にも同様な天体はあると思うのですが、多分、難易度高いんでしょうねぇ・・
でも、実際どうなのか試してみたくはありますね。

死になよ!は文字通り、ゲキチンでした・・やっぱ縁起悪いッス (´・ω・`)ショボーン
でも、4200番代は、ヤバイすね。4219とか・・:(;゙゚'ω゚'):

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ