FC2ブログ

記事一覧

統合整備計画と遠天写真展6/14

統合整備計画こと、TOAG整備計画(ちと苦しい・・ (^^ゞ)を検討しているのですが、なかなか上手くいきません。
前にも書きましたが、ボクは、Nikon Fマウント系で、システムを組んでいる為、TOAG オフアキシスガイダーのメインカメラ接続を、NikonFマウント仕様に出来た場合、ST8300M冷却CCDカメラの他、フジX-E1 ミラーレスデジタルカメラ、オリンパスE-620デジタル一眼レフカメラ、E-PM2 デジタルカメラ(←Sonyセンサだし、ひそかに期待してたりしますが・・)フジ FinePixS2Proデジタル一眼レフカメラ、もちろん、Canon EOS Kiss N改造デジタル一眼レフカメラ/EOS40Dなど、多機種に渡るカメラを運用できるようになります。
・・・と、いうか、何マウント持ってるのよ・・・(;゚Д゚) という気がしないでもないですが・・・( ̄ω ̄;) 
いずれにしても、ニコンの旧いMFレンズを使える為の構成を構築しているので、望遠鏡との接続も、ニコンFマウント準拠とすることで、手持ちカメラのほとんどがそのまま使える用になります。
TOAGとニコンFマウントでオフアキシスガイダーを構築する統合整備計画が成功した暁には、かなりの成果が期待できるのですが・・・・

TOAG室内チェック オリンパス E-620 デジタル一眼レフカメラ Z.D14-42EDにてパチリ

笠井の薄型Tリングを始め、やはりなかなか上手くいきませんね。
今回は、TOAGとの接続にネジピッチは異なりますが、試しに、M42-NikonFマウントアダプタを購入し、無理矢理ねじ込んで実験してみました。
M42はTリング側は通常ピッチ0.75mm。一般的なM42マウントの場合、ピッチ1mmですが、この点は無理矢理ねじ込んでも、強度は頑強に保持されているみたい。
でも、笠井のTリングよりはマシですが、今回購入していたマウントアダプタはNikon側のツメがやはり薄く、ちょっとガタが気になりました・・

今晩も晴れてはいるので、TOAGの調整でも・・と思って望遠鏡だそうとしたら、曇られました・・(;´д`)トホホ…
室内で、撮像用PCで動作チェックでも・・・と、やりはじめたら、SXV-H9CのUSBコネクタ壊すし・・


なんだかついていないです。
また晴れてきてくれているんですが、これだけツイてないときにやっても、なんかまた壊しそうだしなぁ・・(´。`)はぁ・・・

とりあえず、ひと寝入りしたら、ヤル気が出てきたので、1時頃から準備して、TOAGの調整をやりました。
時刻は1:09でしたが、晴れていますし、やるだけやっておこうかと (^^ゞ

ASI120MMが新たに購入したFMVノートで、認識はするのだけど、制御ができず、また壊してしまったのかと焦りました。
いつも惑星撮影に使うHPノートも持ちだしてきたら、こちらはちゃんと撮像できたので・・・
何かが悪いんでしょうが・・・( ̄へ ̄|||) ウーム

なかなかに悩まされます。
やっぱり、一度、ちゃんと全部のカメラを室内で動作チェックしないとダメですかね、、、、
ASCOMのVerの違いなのか、何なのか・・・?


TOAGの調整の方は、Nikonマウントで、まず調整を進め、
一応、オフアキ側でも、ピントが出る様なリング構成を探っておきましたが、ST8300Mでは、光映舎のアダプタなので、また若干、バックフォーカスが違う可能性大な気がします・・・
結局、このガタでは、と、ST8300M+オフアキでの運用は諦め、しっかりと保持できるEOSマウントでの接続に変えて、ガイドカメラのピントを合わせ直しました。
時刻は3時半。雲も出てくるし、薄明も迫る中でしたが、やはり、一端、フォーカスを出したことがある構成だったので、今度は、調整は早かったですね。

無事、オフアキの調整も完了し、これで、TOAG+X-E1は次の段階に進められそうです。

オライオン30cm+X-E1での撮影を検討してみたいと思っているんですよね。
もっとも、撮りたいのは遠征してのM8とかM17なんですが・・・
さしあたり、基礎実験はしておいて、2,3年後の遠征撮影に備える・・!?

さて、今日は、遠天写真展の当番でした。
9時半からの開始だったのですが、昨晩、結局、夜明までなんだかんだで、疲れもあってか、起きたのが9時10分でした ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
同じ当番のI奈さんには申し訳なかったですが、15分ほど遅れて着。

中日新聞での記事掲載で、少しは人が増えたかもしれませんが、それでも、お天気が良いからでしょうか、入ってくる人はまばらでした。

遠天写真展の様子 Canon PowerShot G9 コンパクトデジタルカメラにてパチリ。

そのかわり、ご来場された方々は、非常に熱心に見て行かれる方が多かったです。
写真はI先生が、作成された、星図と天体写真の力作です。
ねじりんぼさんも大絶賛でした。

そうそう、今回は、多くのYahooブロガーの方も、かけつけてくださいました。
GENTAさんが、朝から来ていて、なんか、ソワソワしている~と思っていたら、adonoanさんが、来れれました。
一応、正規の当番だったので、あんまりお話もできませんでしたが、東京から、バイクでこちらまで来られたとのことでした。
ATSUJIRODESUさんご夫妻も来られ、とても長く、作品をじっくりと拝見していってくださいました。
同じく当番だったI奈さんも熱心に見ていかれたね~と感心していましたよ。
何か得られるものがありましたら、幸いです。

それと、中天からはnaokiさん、エムティさん、ねじりんぼさんが来られました。
naokiさんと、エムティさんとは、奥のスペースで、画像処理談議。
散光星雲の画像処理について、あれこれ、議論していました。
お二人とも、遠天のM田氏の画像に舌を巻いていらっしゃいました。
M田さんは、TAS120とEOS5D2 デジタル一眼レフカメラでの作例を多数展示していましたが、
エムティさんなどは、冷却CCDカメラで写したみたい!と大絶賛。
M田さんの写真は透明感が非常にあるので、ひと目で彼の作品と判りますよね。
彼の作風は素晴らしいです。
よっちゃんとも、また違う美しさがあるんだよなー・・・
あまり撮影には出かけられない方なのですが(天文普及の方にどちらかといえば主軸を置かれています)、いざ撮影にでると、妥協が一切なく(撮影地は暗い家老平、画像処理も練りに練って時間かけて仕上げているみたいです)、1作品にかけている情熱の違いを感じます。

GENTAさん、宙ガールに語る  Canon PowerShot G9 コンパクトデジタルカメラにて

ねじりんぼさんは、3回目のご来場だそうで、本当に遠いところから、どうもありがとうございますm(_ _)m
先週は、UTOさんに30代くらいの方が来られたんだけど・・・?と聞いて、ピンと来ていませんでしたが、I奈さんが、先週、UTOさんを訪ねて来られた方ですよーとのこと。
ねじりんぼさん、エネルギッシュな方なので、多分、実年齢よりずっと若く感じられます。
今回は、StarBookについて、など、いろいろとお話することも出来て、良かったです。

GENTAさんは、写真の説明をしっかりとされていました。この女性たち、以前にも遠天写真展にも来てくれていらっしゃったような・・・?
と、いうか、かなり昔ですが、一度、獅子ヶ鼻公園でお会いしたこともあったかもしれないです。違うかなー

いずれにしても、今日は熱心に見ていく方が多く、開催している側としては嬉しい限りです。
もう少し、人が多く来てくれれば言うことなしなのですが・・・

さて、明日はいよいよ、遠天写真展も最終日です。
多くの人が来てくれると良いのですが・・・


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

昨日は凄い作品を沢山鑑賞させていただきありがとうございました。
あの50cmの威力もマザマザト見せつけられましたね~、次回は冷却作品でお願いしますね!
で、先ほどバイクで九州の佐賀県まで辿り着きました。
着いた瞬間にサッカー負けて残念でしたが。。。^_^;

No title

adonoanさん、こんばんわ~
遠路はるばる、ありがとうございました(と、いうよりも、ここから先の方が遥かに長い様な・・)
50cmRC鏡、素晴らしいです。
でも、冷却CCDだとスモールチップは多分、性能が出せそうもないなーと感じました。
もちろん、フルサイズとか、オーバーフルサイズのKAF16803Eカメラなんか使った日には最強でしょうが・・・
それはそれで、ツマランので、オーナーにはPENTAX645Zを勧めてみました。

W杯は、逆転負けですもんねー・・ちょっとガックリでした・・。これからに期待!したいところです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ