FC2ブログ

記事一覧

X-E1による天体写真

台風8号も、無事、何事もなく過ぎてくれました。
台風一過の気持ちの良いお天気でしたが、GPV予報を見る限り、残念ながら、夜まで持ちそうもありません ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

さて、アイちゃんのフジのデジタルカメラ、X-M1に関する記事に便乗して (^^ゞ
フジ X-E1による天体写真をまとめて紹介します。

X-E1のテスト画像
GENESIS SDF屈折望遠鏡 レデューサ使用432mm F4.3

LPS-P2使用 ISO400 5分露出
JPEG、レベル調整のみ。ニワトリ。真冬なので、気温は2,3℃程度だったと思いますが、
ダークがほとんど無い!!(◎-◎;)!!

七夕の織姫と彦星 XF18-55mm F2.8開放(・・・多分 ^^;)

T設定で30秒露出。

XFレンズの性能テストとして。
無限遠の点光源ですから、XFレンズの性能(均一性)を伺うことができます。

夏~秋の天の川とパンスターズ彗星 XF18-55mmF2.8 30秒×4コマ 

固定撮影の写真をコンポジットしているので、そのせいで周辺像は歪んでいます。大きい画像を見たい方はフォト蔵で (^^ゞ
赤い北アメリカ星雲や、ケフェウス座あたりの星雲もかすかに写っています。
パンスターズ彗星も小さくですが、尾を引いて写っているのが判りますね!

X-E1テスト画像 NFD300mmF2.8L 望遠レンズ 
フジ X-E1にて、構図決めで撮影したISO6400設定10秒 撮って出しJPEG画像(リサイズのみ実施)
Canon NewFD300mmF2.8L開放にて

これは高感度特性を見る為のサンプル。たぶん、ステライメージ7のソフトウエアビニングで縮小していますので、画質(S/N)は最大限に向上しています。
サンニッパといえども、まさか10秒でここまで星雲が写っちゃうなんてねぇ♪
すごい時代だなー
ただ、この画像が実用的かどうかは、個々の判断にお任せいたします。
個人的には、ISO6400で星雲写真を撮ることはないかなーという感じです。当時の感想メモからすると、多分、ちょっとレベル調整してみるとわかると思うのですが、明らかに階調と色が別々に処理されていてLRGBっぽいんですよね。色解像の低下が気になりました。
・・・今、見ると、あれ?案外イケるかも・・?と思わないでもないですが・・・どーかなー・・(゚-゚;)ウーン

南十字星 フジ X-E1 XF18-55mmF2.8-4 1/4秒@6400 3コマコンポジット 

超高感度といえば、こちら。機内からもバッチリです。

同じく機内から撮影したものです。まさか手持ちで天体写真が撮れる時代になったとは・・!!
いやはや、デジカメの進歩と進化は凄まじいです。

パンスターズ彗星とケフェウス座の散光星雲  NewFD300mmF2.8L フジ X-E1 ISO400 露出5分

JPEG画像をレタッチしたものですので、縮小してありますが、紅い星雲への適正を見るには、かなり適切な画像ではないでしょうか?
感触としては、赤外カット改造デジタル一眼レフカメラには及びませんが、かつてのCanonの天体撮影専用デジタル一眼レフカメラ、EOS20Da並の赤感度はあると思います。
う・・ん、、処理がいまいち下手っぴで、ちょっと性能を引き出せてない感がありますが・・・
背景をニュートラルにしたら紅い星雲の色もなくなっちゃった、みたいな・・(+o+)
でも、一般的な紅い星雲なら、十分に写って楽しめることはお分かりいただけるのではないかと・・(; ̄ー ̄川 アセアセ

ばら星雲 ニワトリ GENESIS SDF屈折望遠鏡にて

これくらい写ってくれれば、一般的な散光星雲は十分楽しめますネ!
モンキー星雲 イプシロン200 アストログラフ望遠鏡 800mmF4 

イプシロン200は最近持ち出していなかったので、多分、ニワトリだと思うのだけど・・・・
その割には右の反射星雲までよく出てますね。センサの基本感度(S/N)も良好なので、やや光害があるところでも、周辺減光などきちんと補正してあげれば、楽しめるというのも挙げても良いかもしれません。
NGC281 1000mmF6.3 MT160反射望遠鏡 LPS-P2光害カットフィルター使用。フジ、X-E1にて、10分×14コマ(@ISO400)

自宅庭からの撮影ですが、センサの感度が良いのか光害があっても、暗めの光学系でも、比較的良く写ってくれます。拡大画像はフォト蔵で見てね。
それにしても、タカハシの反射望遠鏡は、回折像が美しいです。
ここまで見てきてくれた方は、感じられている方がいるかもしれませんが、微光星の色ノリがあまり良くありません。これがSilkyPixによる現像のせいなのか、X-TranceCMOSの癖なのかは把握できていませんが・・
PhotoShopCCで現像するとまた違うのかなぁー?

オリオン座大星雲 GENESIS SDF屈折望遠鏡 with NPR-1073レデューサ F4.3 5分×5コマ ぼうらやにて

ガイドエラーやらトラブルやらで、5枚しか撮影できてなかったのもありますが、M42の周囲に広がるHα光は、さすがにX-E1では写らないですね。分子雲は写ってくれますが・・・
非常に淡いRed Nebulaまで狙うのであれば、やはり改造デジタル一眼レフカメラが欲しくなります。

オリオン座大星雲 イプシロン200 望遠鏡 自宅から 

この時は、ひさびさに光軸がバッチリだったときのかな?でも、主鏡の抑えが弱くて、次の日にはまたズレてしまいましたが・・・・ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
イプシロン望遠鏡は、性能・安定度とも素晴らしいのですが、やっぱり使いこなすのは大変だよ、、、(´・ω・`)ショボーン
透明度にも恵まれたとは思いますが、ニワトリで、ここまで写ってしまうのは、やはりX-TranceCMOSの基本特性が良いからだと思います。

X-Tranceの真骨頂はなんといっても、ローパスレス!!
オライオン30cm反射望遠鏡による中秋の名月です。

X-E1の素晴らしい切れ味で、撮りっぱなしJPEGでも十分見られますね。
ニコン 20cmED屈折望遠鏡による月面 

浜松天文台の20cm屈折望遠鏡を専門利用で使用させていただいたときのものです。
望遠鏡も良いものですが、X-E1のキレ味も絶品でしたよ。

個人的にはオススメのカメラです。

利点
・超高感度設定ISO6400が実用的
・紅い星雲が未改造機の中ではよく写る。EOS20Da並?
・EOS Kiss用のリモコンが使える(X-E1以上?X-M1,X-A1は端子がないよ)
・ローノイズ(全てダーク減算してません)
・ローパスレス、X-Tranceのキレ味は絶品
・精細EVFでピントは合わせやすい(但し、星ではフォーカスアシストはハズした方がよさげ)
・ミラーレスなので、ミラーショックが無いので月面がオッソロシイほどの切れ味で撮れる(←書き忘れてました ^^;)

欠点
・微光星が白く飛びやすい(ダークノイズも白い輝点となっている)→現像ソフトのせい?
・ステライメージでRAW現像-ダーク引きはできない
(DNGコンバータ経由でR-Stackerなどで対応可?自分ではまだそこまでやったことないですが・・・)

と、いったところでしょうか。
結構、オススメですよ。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

UTOさんとX-E1との歴史みたいで、楽しませていただきました(*^^*)
利点も欠点もスゴく参考になります。
欠点の微光の色が飛びやすい件ですが、もしかすると飽和を超えるような情報になると白つぶれを起こす特性なのかもしれませんね。
一般撮影に使うと、デジカメの中ではかなりリバーサルっぽい写り方するんじゃないかな?なんて思ってます。
さすがフィルムメーカーが作ったカメラですよね。
勢いでX-E1の中古ボディー買っちゃいましたよ。
ブラックボディーにシルバーレンズ付けると、かなりカッコいいですよ(*^。^*)

No title

UTOさん はじめまして。いつも楽しく拝見させて頂いております。
最近、X-E1に興味を持ち中古ボディーを購入致しました。UTOさんのブログがきっかけでいろいろ調べてみるうちにどうしても欲しくなったものですから。
今回もこうしてまとめて素晴らしい写りを見せて頂いて、さらにやる気が出てきました。ありがとうございます。
確かにR-Stackerでダーク、フラット処理はできるようでしたが天気が悪くまだ実際の星では試していません。

No title

Finepixで外ればかり引いてFujiはなんだかなぁ~と思っていましたがX-E1は良いですね~。中古でボディの価格もこなれて来ているのでこんなに素晴らしい作品を見てしまうと思わずポチってしまいそうです(^^;

No title

ローパスレスのシャープさは目を見張るものがありますね。
ローパスレスでは一番安価な Nikon D3300 を考えていましたが、中古で価格がこなれているX-E1は魅力的です。
IR改造なしで赤い星雲が写るのもそそられます。

No title

X-M1やA1は、X-E2と同じ Micro USB 端子のインターバルタイマーが使えます。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00HYFM840
http://www.amazon.co.jp/dp/B00HW3K08A
※ワイヤレスでもワイヤードでも使えます。
ケーブルを
http://www.amazon.co.jp/dp/B00HW2OMAS
http://www.amazon.co.jp/dp/B00HW26B16
にすれば、X-E1でも使えます。
複数の露出設定を1セットにしてインターバル撮影を行えたり、手元を照らす照明代わりにバックライトを使えたりと、便利ですよ。

また、 X-E2ではマニュアル露出設定の画面への反映が、X-E1 より明瞭に行われているようで、255mm F4.3 にて M22 も背面液晶上で位置を確認できました。

No title

暗部の白抜けですが、これは撮って出しJpegの画像処理エンジンのせいであるように思います。
私は星撮りでは DNG Converter で dng に落としたあと、日々撮り溜めているダークライブラリとフラットライブラリを使って R Stacker で処理し、LR5.5 で現像してから DeepSkyStacker やステライメージでコンポジットしていますが、微光星の発色はむしろ五月蠅いぐらいに感じています。
トーン調整後、最後に Jpeg 出力する際、彩度を僅かに落とすこともあるぐらいです。
http://photozou.jp/photo/photo_only/177665/204530355?size=1024#content

それから、R Stacker で raf を直接扱えるようになりましたね!(0.5 Beta1)
まだ実戦投入はしていませんが、正規版に組み込まれたら、フローに組み入れようと思います。

それにしても航空機から手持ちで撮った写真、とうとう宇宙旅行にまで行ってしまわれたのか、と思いました。(^^ゞ

No title

デジカメってどんどん高感度、高精細になってきてどこまで進化するんだろうと恐ろしくなるくらいですね。
個人的には機内から撮った星空が一番びっくりしました。飛行機の窓から手持ちで星座がくっきり写せるなんて異次元の世界です。国際宇宙ステーションからの撮影だと言っても信じちゃいますよ。あ、羽が写っていたか(^^ゞ
宇宙旅行しているみたい。私もこのカメラと一緒に夜間飛行したくなりました。

No title

だっ、だめですよUTOさん、そんなに菌をまきちらしても、私は決して感染しませんからね、け、けっしてamazonでX-E1をチェックしたりネット中古で「こんなに安くなってるんだ~」なんて感心したりしませんからね!ちきしょー(^^;;
いやマヂでぐらぐら来ました。TNKにはなかなかいいカメラなんでしょうなぁ。

No title

アイちゃん、こんにちは~
記事に便乗させて頂いちゃいました (*^^)v
なかなかに面白い良いカメラですよね!
色合いも、さすがフィルムメーカーという感じがします。
リバーサルの写りかどうかは、リバーサルフィルム、ほとんど使ったことがないのでなんともいえないのですが・・・

ただ、青紫系の色がちょっと苦手で、菖蒲だったかな?実際の色より藍色に近い感じで再現されてしまいました。
このあたりは分光感度特性でしょうね。

ブラックボディも渋くっていいですよねぇ・・
遠天だとNさんがブラックボディですが、落ち着いた感じがしていいですよね。確かにシルバーレンズとの組み合わせはカッコいいかも!

No title

ent*atu*aiさん、こんにちは~
コメントありがとうございます。
X-E1、いいカメラですよ~
アイちゃんがおっしゃっている様にリバーサルの色合いが出せるかはボクにはわかりませんが、フジの色彩とフィルムエミュレーションは十分楽しめると思います。
R-stackerでのダーク引きは、yamatomoさんが実験してくれましたので、ボクの方も、今度、実際の星で確かめてみようと思います。

No title

シュミットさん、こんにちは~
FinePixでハズれを引いてましたか~
ボクもS3Proは中古で買って1年足らずで壊れてしまってガックリでしたが・・でも、月面にはS3Proでないとダメだと思う位、いい色合いを出してくれていました。
X-E1でも、ローパスレスの威力で月面には絶大な威力を発揮してくれると思いますよ。
買って、ソンはありませんぜ・・ (^_^;)

No title

ようかんさん、こんにちは~
ローパスレスのキレ味は素晴らしいですね。
X-E1はミラーレスなので、ミラーショックが無いのもメリットですよ。
赤感度も高めですし、高ISO感度でも実用レベルですので、いろいろと使いでがありそうです。
ただ、動画機能はオマケ程度なので、動画モードで惑星を・・となると、パナ一択になっちゃいそうですよね。

No title

huqdogさん、こんにちは~
いろいろと情報ありがとうございますm(_ _)m
X-M1用のレリーズについては早速遠天のニンジャS浦さんに連絡しましたよ~

微光星、ダークの白抜きですが、当然RAWで現像しているので、そうなると、やはりSilkyPixでの現像処理に問題がありそうですね。
DNG変換してCameraRAWで現像するのが一番良さそうですね。
ボクも試してみようと思います!

R Stacker凄いですね。raf直接読み込みは楽でいいなぁ。
高度1万mからとなると、空も済んでいることもあるのでしょうが、確かに地球を感じさせてくれますね!
出た直後に買ったので高かったですが(それでも10諭吉ちょっとですが)、買ってソンはなかったと思っています。
X-E1、最新高感度軽量ミラーレス+手ブレ補正レンズでなければ撮れなかった映像でしょうから・・。
失敗は、PLフィルターを忘れていったことですね (´・ω・`)ショボーン
まあ、映り込みしないようになんとか撮影できてよかったです。

No title

T-Fixさん、こんにちは~
デジカメもどんどん進化してきて楽しくなってきますね。
最近のCanon機は天体写真的には進歩がみられなくて(DualPixelCMOSは、S/N的には悪くなりますし)、ちょっと残念ですが、フジやSony、Panasonicなど、魅力的なカメラがバンバン出てきて楽しい状況です。
夜の機内からの撮影は、フォト蔵のホシミストさんが撮影されていて、これはボクもやってみたい!と思って持ち込みました。
手持ちでもしっかりと撮影できるので、ホント、デジカメの進化を感じました。
これまでは不可能だったシーンが撮れるっていうのは楽しいです。

No title

玄さん、こんにちは~

>中古で「こんなに安くなってるんだ~」なんて感心したりしませんからね!ちきしょー(^^;;

これ、ボクにとっても、ホント、ちきしょー!(笑)って感じです。
買った時は、10万円以上していたのに、1年たったら、中古が3万円台なんだもん・・(#゚Д゚)
ミラーレス機だと、中古価格の値下がりがハンパ無いッスね!
でも、機内からの星空が撮れただけでも、十分もとはとった気分ではいます!!

しばらくはX-E1で頑張ります (`・ω・´)ゞ
もろもろが上手くいくようなら、赤外カット改造も検討はしたいんですよね。
んー・・でも、KissX5あたりにした方が無難なのかなぁ・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ