FC2ブログ

記事一覧

ジャックとハート

これで、ダイヤとクローバーがあればトランプですね(笑)

さて、先日撮影したハート星雲とジャック彗星です。
先日の記事に書きました様に、1時に目覚まし時計で起きてきたものの、曇天でしたが、薄明ギリギリで晴れてきてくれて、なんとか撮影できました。
ジャック彗星も、割りと明るくなっているようで、アストロアーツのギャラリー等を見ていると、双眼鏡でも見える様ですね。
デジタル一眼レフカメラでの好対象なのですが・・・
今回は、遠征に出かけられない為、自宅庭からの撮影でしたので、EOS KissDN 赤外カット&冷却改造デジタル一眼レフでの撮影ではややキビシイ・・
おまけに片側が重たいので、どうしても、片ボケしてしまいますから、せっかく撮影したのに、片ボケでしたッではちょっとツマラナイ。
かといって、お気に入りのデジタルカメラX-E1では、ハート星雲は写せると思いますが、彗星が移動しない短時間露光でハート星雲のS/Nが稼げるかというと・・・ちょっとキビシイ気がします。
冷却CCDカメラでは、三色分解を行うと、彗星の移動が早い場合、どうしても、綺麗にカラー化できない、また、チップサイズも、ST10XMEでも、フォーサーズフォーマットよりも、ふたまわり程、小さい、15mm×10mmとなってしまいます。
デメリットも多々ありますが、それでも、今回は、自宅庭の光害の中から、というハンデを勘案して、ST10XMEをチョイスしました。
ST8300Mを使うというテもあるにはあるのですが、フランジ調整の最適化が結局手持ち機材ではできていないのと、フィルターがスライド式になることで、撮影時に手間がかかること、感度がST10XMEと比べて大幅に劣ること・・・
から使用しませんでした。

ジャックとハート  キヤノンNewFD300mmF2.8L 望遠レンズ ST10XME 冷却CCDカメラ 
L=1分×2 R=1分×2 G=1分 B=1分 合計6分

さすがに如何な超高感度CCDカメラといえども、この露出時間ではキビシイですね。
しかし、撮影開始できたのが、3時57分。6コマ撮影して、次のGフィルターでは薄雲がかかってきたのか、薄明が進んできたのか・・・写りがイマイチだったのと、さすがに彗星の移動が目立ってきてしまうので、使用を見合わせ、LとRのみ、1分×2枚のコンポジットを行いました。

トータル露出6分ですから、ややノイジーなイメージとなってしまうのは仕方ないか・・
逆に、ここまで写ってくれるのは、ST10XMEとNFD328のハイスピード&ハイスピードだから?

なにはともあれ、撮りたかったジャック&ハートを撮れて良かったです (∩´∀`)∩ワーイ
唯一、残念だったのは、人工天体が飛び込んでしまったことでしょうか・・ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
まぁ・・仕方ないですが・・・( ´Д`)=3

翌日のウカイメデン彗星とバラ星雲の接近も、同じように待機していたのですが、さすがに、こちらは奇跡は置きませんでした。残念。
もっとも、ウカイメデン彗星は、まだ小さいので、どのみち、300mmクラスで写しても面白味はなかったかもですね。もっと長焦点の望遠鏡を使わないとダメだったろうと思います。
ウカイメデン彗星は、どこかで、また撮りたいのですが、ちょっと南に下がっていく様ですし、無理かなー・・

それにしても、作年の11月以来の彗星シフトって感じでした。
天体観測的な価値はともかく、彗星は、天文現象と同じで、その日でないとダメな時があるので、星雲・星団の撮影とは違って、スリリングですし、燃えます。

ST10XMEに入れておいたアストロ丼のフィルターはまた、SXVRに戻さないとナ~(←自分への備忘録です)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは
6分でこの写りですか
流石冷却って驚きの感想です。
4時に起きて撮影されるなんてすごい根性ですね。
起きるということだけでもナイス1票です。

こんな画像を見せつけられると益々冷却欲しくなってきました。
QSI960にしようかな・・・あまり使われていないことが心配です。何で?

No title

見逃しました…(T_T)。特に前日の「胎児星雲にエメラルドグリーンの命が宿る」奇跡の光景を逃したのが悔やまれます(T_T)(T_T)。撮影に行ってたのですが、友人から依頼のあった画像の撮影で一生懸命で、すっかり忘れてました。

しかし、さすがUTOさん。冷却CCDで撮影すると、一回り口径が大きくなったようなイメージになりますね!

No title

僅か6分でジャック彗星をここまで鮮明に捉えられるとは流石ですね。この新月期は何としても両彗星を捉えたかったのですが、我が家の狭い視界ではニワトリもままなりませんでした。

No title

さすがハート星雲も彗星も両方綺麗に撮れていますね。
なかなか両方を両立するのは難しいです。この日土岐は全く晴れませんでした(>_<) 今日も曇り。どうなっちゃったんでしょうね今年は。

No title

この構図は面白くなると思い、チェックを入れていたのですが、西日本では、いっこうに晴れる気配がありません。UTOさんの熱意で、短時間ながらしっかりと捕えていますね。

No title

こんにちわ☆

「ジャックとハート」
名前からして物語になりそうな雰囲気です

彗星と星雲の接近、きれいですね

こちらはお盆明けはず~と晴天でした
夜は満天の星空がきれいです
特に西の空のアルクトゥールスかな?
オレンジ色の光が点滅しているようにキラキラして
毎晩観てます

No title

おめでとうございます。
僅かなチャンスをモノにされましたね!
これも、日頃の準備の賜ですね。

うちは、当家のあかりちゃんの不明熱による入院でドタバタしてました。(^^; 残念。

No title

素晴らしいですね、人生に一度の貴重な作品ですね。
撮りたかったです。

No title

タキさん、こんにちは~
ちょっとノイジーですけど、でも、この辺りは処理次第という面もあるかも。
光学系がサンニッパなので、遠征すると、デジイチでも写りは抜群ですよ。
明るい光学系って正義だと思います。

一応、1時に起きて、晴れ間が出てくる3時半まで、ずーっと10分ないし15分で庭に出て空の様子をチェックしてました (; ̄ー ̄川 アセアセ
彗星はやっぱり気合が入ります。

QSI690、あんまり使われてないんですかー・・
国内だと、多分、市場が飽和しているんじゃないかと思うのですが、海外ではどうなんでしょうか?
1インチセンサは、使い勝手が良いですが、視野が狭いのが難点かも?

No title

こもロハスさん、こんにちは~
あらまぁ、お天気がダメだったのならまだ諦めがつきますが、どちらにしても残念でしたね。
胎児星雲へ命宿るですか!なるほど。魂が入るみたいな・・(^^ゞ

そうですね、モノクロ冷却CCDだとキレ味が上がるからか、口径を大きくしたかのように感じる効果がありますよね~

No title

シュミットさん、こんにちは。
こちらも、視界が狭いので、やきもきさせられるのですが、薄明ギリギリでの勝負になりましたが、なんとか写せて良かったです。
こうしてみるとNFD328+ST10XMEの組み合わせも面白いので、もっともっと活用していきたくなりました。

No title

のんたさん、こんにちは。
彗星は移動していくので、なかなか難しいですよね。
明るいレンズと短焦点で、なんとか写し止めましたが、でも、コンポジット枚数を増やすのは無理みたいです。
移動でズレちゃう・・

それにしても、ホント、異常気象で参りますね・・
晴れて欲しいですし、これ以上、水害がおきないことを祈るばかりです・・・。

No title

Nikon1957さん、こんにちは~
やはり狙われていましたか!でも、お天気ばかりは仕方ないですね (´・ω・`)ショボーン
自宅からだとイオンテイルが特に不利なんですが、なんとか、かろうじて写ってくれたみたいです。
でも、描出は難しいなぁー・・
紅い星雲の色合い(ホワイトバランス)も、ちょっと失敗している感が・・
ワンショットカラーの方が、やっぱりこういう場合には強そうです。
遠征できれば、ですが・・・。

No title

ななこさん、こんにちは~
ジャックとハート、面白そうな物語になりそうですね!

そちらはずっと晴天ですかぁー。羨ましいなぁ。
はい、おっしゃる通り、夕空でキラキラしているオレンジ色の星はアークトゥルスだと思います。
綺麗ですよね~
もう少し(かなり)南より(左方向)には、土星と火星も見えますヨ。

No title

huqdogさん、こんにちは~
なんとか、粘り勝ちでした~
ありゃりゃ、あかりちゃん、大丈夫でしょうか?
ウチのも、今朝は、ケホケホ咳を指定たので、少し心配です。

No title

addict2525さん、こんにちは~
ほんとそうかもしれませんね。これだけの明るい彗星が、赤い星雲に接近するチャンスってなかなかないですものね。撮れてラッキーでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ