FC2ブログ

記事一覧

はくちょう座の惑星状星雲NGC7008

昨日、親知らずを抜いたので、AM中、消毒に行ってきました。
こちら、浜松方面は、雨です。
本当に晴れませんね、、

さて、先月末の晴れ間に撮影したはくちょう座にある惑星状星雲NGC7008です。

はくちょう座の惑星状星雲 NGC7008 オライオン30cm反射望遠鏡 ST10XME 冷却CCDカメラ

惑星状星雲は、明るいが大きさが小さいものが多いです。
この星雲も明るく、写しやすいものですが、改造デジタル一眼レフカメラや、デジタルカメラで撮影するには、やはりやや小さく(コンパクトデジカメでコリメート撮影には向いているかもしれません)、デジタルカメラによる作例はあまり見かけません。
かといって、ビデオカメラでラッキーイメージングする程、明るくもない為、冷却CCDカメラで撮影するのにちょうど良い天体かなと思います。
双眼鏡でも点像としてなら見えそうなものですが、TheSkyで、確認すると、等級は13.0等、視直径1.4'だそうです。写り具合からはもっともっと明るく感じます。
眼視では、好対象だと思いますので、いずれ、眼視でも見てみたい気がします。

それにしても、ホント、晴れませんね。新月期なのになぁ・・
週間予報では、水・木あたりは良かったんですけどねぇ・・。
最近だとミルクをあげてから、そのまま朝まで寝ていることが多く、ちっと寝過ぎです ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
目覚まし時計のコマ切れ睡眠がちょっと懐かしいです。
晴れて欲しいものです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんなのもあるんですねぇ。考えてみたらマイナー銀河巡りをしているUTOさんなら、こうした惑星状星雲もお得意なのはよく分かるような気がします。
それにしても晴れませんね、ぼちぼちポチリヌス菌が繁殖してしまいそうです

No title

玄さん、こんにちは~
NGC7008はあまり知られてませんが、綺麗な天体ですよー。
フィルター特性によって発色も違ってくるのですが、Astrodonだと青味が強くなりました。SBIGとIDASでも撮り比べたい天体です。多分、SBIGだともう少し水色になりますし、IDASだと紫色になると思いますが、どちらも綺麗な色になると思います。
むむ、フィルタによる色の違いなら、フォトコンネタになるかなぁ・・
でも、難しいでしょうね・・

ポリチヌス菌。E-PL7も発表されましたしね~ (^^ゞ

No title

UTOさん、こんにちは。
惑星状星雲は大口径にフィルターを掛けて見るとまるで写真のように見え、いや、感覚的には写真より凄い時があるので眼視での良い対象ですね。
このNGC7008も大口径を覗く機会が有ったら見てみようと思います。
今後もこんなマイナーな天体の紹介期待してます。

No title

てるさん、こんにちは~
大口径で見る散光星雲・惑星状星雲はホント凄いですよね!
竜頭山観望会、9/20か9/27のどちらかで、リベンジ案が出ていますので、よかったら、また是非来てください!(どのみちボクは行けませんが・・)

NGC7008も、ぜひ見てみてください。多分見えると思うんですよね。
マイナー惑星状星雲はいくつか撮ってありますので、また順次お見せしていきますよ~ (^O^)
お楽しみに!?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ