FC2ブログ

記事一覧

こと座の惑星状星雲NGC6765

昼間は晴れても、夜曇る・・天文屋にとっては困ったお天気ですね、、
そろそろ、ピーカンの絶好の天体観測日和を期待したいところです・・

さて、惑星状星雲巡り、第3弾。こと座にある惑星状星雲NGC6765です。
こと座の惑星状星雲 NGC6765 オライオン30cm反射望遠鏡 パラコア2使用 ST10XME 冷却CCDカメラ

この天体、実は、作年、DFK21AF04 CCDビデオカメラを使って惑星状星雲巡りをしたときに、面白い形をしていたので、冷却CCDでも撮り直してみたいナ~と思っていたんですよね。
ご覧のとおり、バー構造と、輪っかのように、くるっと回った様な、変わった形をしております。
視直径0.6'と小さいので、やはりデジタル一眼レフカメラでは面白くないでしょうが、大口径ドブソニアン望遠鏡による眼視ではどう見えるのか興味深いです。
OⅢフィルターを使えば、この写真よりも構造が見えそうな気もしますが、どうでしょうかねぇー。
どこかで一度見てみたいものです。

カメラは、GENTAさんのガイドリレーアダプタをyamatomoさんに診て頂いている時でしたので、いつものSXVR-H694ではなく、ST10XMEを使っています。
いろいろと判断すると、やはりオライオンには、ST10XMEの6.8μ画素くらいがベストマッチな気もしてきました。
S/N的にも、ST10XMEの方が良好そうです。

問題は、ブルーミングが起こること、それに伴い星像が残念な感じになること・・
そして、セルフガイド、でしょうかね・・(;゚Д゚)
セルフガイドは、やはりカラーフィルターが入ると、ガイド星が暗くなってしまうのが大きな欠点だと思います。
薄型オフアキシスが無い時代には、大変重宝していましたが、OAG9を使って、ガイドシステムを構築してしまうと、利便性が全く違います。ガイド星に悩まされることがまずないですからね。
セルフガイドだと、一端、Bフィルターを入れて、ガイド星の露光時間を決めないといけないし、それに合わせてしまうと、今度はLフィルタ時にガイド星が明るすぎたり、露光時間が長すぎたりして、ガイドが不安定となることがしばしば・・
まぁ、L画像をまずは取得しておいて、RGB画像は後から・・ときちんと、分けて撮ればいいんですけどね・・
あるいは、CCDSoftではなく、MaxImDLだと、フィルタ毎に、ガイド星の露光時間も決められるそうなので、そちらで撮影すれば良いのかもしれませんが・・・
睡眠撮影だと、CCDSoftの方が、シーケンスを組みやすいので、ついつい、そちらを使っちゃうんですよね・・(; ̄ー ̄A アセアセ・

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

UTOさん、こんにちは。
NGC6765こんな小さい美しい惑星状星雲があったのですね!始めて知って画像まで、拝見する事が出来ました。
何かクリオネの様でもっと美しくみえますね!
望遠鏡で生の姿も見たくなりました。
また、新鮮な画像見せて下さい。
今後とも宜しくお願いします。(^_^)

No title

ひろたろうさん、こんにちは~
ボクも、こと座にこんな綺麗な惑星状星雲があるとは知りませんでした。
テストで撮ってみたら思いの外面白い天体だったので、今年、冷却CCDで撮り直してみました。ほんと、クリオネの様ですね!
眼視で、どう見えるのか、ボクも興味津々です。

こちらこそ、よろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ