FC2ブログ

記事一覧

天文雑誌入選!

毎月5日は、天文ガイド,星ナビ 天文雑誌の発売日ですね!
退社後、早速、本屋さんに出かけてきました!

星ナビ入選作品 M8砂時計星雲  オライオン30cm反射望遠鏡 パラコア2 SXVR-H694 冷却CCDカメラ

星ナビさんの解説でも説明がありましたが、M8 干潟星雲の中心には、ハッブル宇宙望遠鏡が観測した砂時計星雲があります。
光害がある相模原市では、M8は、13cm反射望遠鏡でも、この砂時計星雲の部分くらいしか見ることができませんが、非常に明るい活動領域であることを伺わせてくれます。
今回は、この砂時計星雲に着目し、ハッブルパレットで狙ってみました。
・・・って、実は、これ、10年程前にも、まーったく同じタイトルで、星ナビさんに入選させていただいていたりします (;゚Д゚)
送った後で、気がついて、ちょっと失敗したかな?と思ってました。

撮影も苦労しました。
なにしろ、遠天写真展の準備を抜け出して、天竜の森まで行ったのはいいのですが、PCは落として壊すわ、GENTAさんも来てくれたのですが、
別の駐車場で1人だったわ、ずーっと霧がかかったままだったり、と、なんとも、さんざんな遠征になった時のでした。
たまたま8枚フィルタホィール枠を入れていたので、霧があってもあんまり影響が出ないNarrowBandで撮影させていたのですが、、、
そういや、フィルタホィールもトラブって参ったっけ・・。
でも、なんとか入選させていただけて良かったです。

天文ガイド入選作 三列星雲M20 オライオン30cm反射望遠鏡 パラコア2 SXVR-H694 冷却CCDカメラ

デジタルカメラや、改造デジタル一眼レフカメラでは、短焦点で、M8干潟星雲とペアで写されることが多い天体ですが、1インチセンサと、オライオン30cm反射望遠鏡との組み合わせでは、視野一杯に収まりきれない程になってしまいます。
その変わり、長焦点ならではでのディテール描写で、子供の頃に見た宇宙や天体観測の図鑑で紹介されていたパロマ天文台の写真の様に写せて個人的には満足♪

とはいえ、これも、また苦労しました。
天竜の森で、条件が良かった5/2は、ミラーのネジが緩んで光軸が狂っていて星像が▲になるわ、続く5/3は、風があって、ぼやんぼやん。おまけに酷使したディープサイクルバッテリーが逝ってしまい、ディープなお眠りについたとゆー・・
夜半から、NFD328望遠レンズ+改造デジタル一眼レフカメラにするか、オライオン30cm反射に絞るか、で悩んだ結果、風が少し落ち着いてきたので、やはり、ここはオライオンで・・!と、ギリギリの選択をしましたからね。
それが、無事、結果を出せたのですから、嬉しい限りです。
もっとも、それも、nonkaさんと共に、ルートインで、GENTAさんに散光星雲の画像処理を教わったからこその入選だったと思います。
やっぱり、散光星雲ってニガテなんですが、少しづつでも、ニガテ分野も克服していければ・・と思っています。
ひいては、系外銀河の表現にもフィードバックできますからね!

星ナビ 落選作 NGC5907 オライオン30cm反射望遠鏡 パラコア2 SXVR-H694 冷却CCDカメラ

やはり天竜の森での撮影ですが、薄雲が出てきてしまって、本来狙いたかった、ぐるぐるは諦めざるを得ませんでした。
でも、散光星雲の処理をしていたこともあり、かつ、暗い星空の下では、RGB画像のデータも薄曇りの中でさえ、十分なS/Nを得ることができたため、透明感ある色調に仕上げることができました。
ディテール描写も十分だと思いますが、やっぱり、インパクト!という面で、系外銀河作品は散光星雲に敵わないですね・・・ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

天文ガイド落選作 NGC5905とNGC5908 オライオン30cm反射望遠鏡 パラコア2 SXVR-H694 冷却CCDカメラ

2つの異なるタイプの銀河が同視野に収められるので、結構好きな領域です。
もっとも、前に撮影したのは、ST7ME時代ですから、10年以上ぶりの撮影かな?
こちらは、光害ある自宅からの撮影ですから、やはり、上のNGC5907に比べ、色ノリが悪いのは否めません。
それでも、この頃、取り組んでいた散光星雲の画像処理のおかげで、比較的、透明感は出せていると思いますが・・・
やっぱり、暗い空って大事だよね?というのを痛感もしました。

今月は、遠天メンバーが大活躍で、焼津の御大ことロンキーさんも観測の部で、太陽の写真で入選!
星景写真の名手、Yさんもバッチリと入選させていました!

星景写真といえば、hanaさんも星景で入選ですね。さすがだなぁー・・・
彼も、ひとつのことにとらわれず、自分の感性で、天体写真をいろいろと楽しまれているのを感じさせてくれて、嬉しくなります。
天文ガイドの最優秀は、メーテルさんやまほろばさんとも交流のある方の様ですね。作品も素晴らしいです。
若い人が出てくるのは嬉しい限りです (`・ω・´)ゞ

その他、星ナビではOLG100さんの北アメリカ星雲に目が惹かれました。
ボクのM8が、コテコテだったのに対して自然だなぁー・・と。
プロペラ星雲もハッブルパレットでしたね。いずれにしてもボクのM8が採用されて、ラッキーだったなぁ・・と感じました。

それにしても、どちらも、誌面映えしないのは、プリントが悪かったのかしらん、、、(´・ω・`)ショボーン
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは
ダブル入選おめでとうございます。
3日にスタベでその事実を知りました。
流石です。
ニワトリも良いですが、暗い空での作品は明暗がはっきりして美しい仕上がりですね。

本日、三基に行ってきました。まだ悩んでいます。

No title

こんな天気だし、明星ちゃんもいるのに、しっかり結果を残している辺りがすごいいいいぃぃ。あ、忘れるところでした。おめでとうございます(^^;
もうずいぶんと撮影できていません。そろそろレンズを出すのが(カビが生えてそうで)怖くなってきました(^^;;

No title

ご入選おめでとうございます!
ミスティックブルーの砂時計、とても雰囲気ありますね。それにデカくて緻密なM20素晴らしいです!
今月はsyoshi-さんもT-WAPの文字も載ってて嬉しいです♪(^^)/

No title

UTOさん、W入選おめでとうございます。
毎号凄いですね。子供が小さいから....を言い訳にするなとおっしゃっているようで、自分も頑張ってみようと思う気持ちになります。
納涼会でお会いできず残念でしたが、忘年会で会えること楽しみにしています。

No title

ダブル入選おめでとう御座います。本屋さんで立ち読み確認しました。ご多忙の中での成果を行動力だけでも見習いたいと思います。

No title

W入選おめでとうございます!
天候に恵まれなかったはずですが、それでもこれだけの作品を
ゲットしているのはさすがですね~。
M8はあんまり好みではないですが、ハッブルパレットでの中心部は内部構造がくっきり見えていて見応えがあります。
私の作品についてお褒めいただき恐縮です。7月に晴れたのはこの夜くらいで、望遠鏡を出す気合は無かったですからね。

No title

MrJDISさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。

そうですね、デジタルカメラの進化もそろそろゆるやかに落ち着いてきたことですし、少しづつ進んでいきましょう!

No title

ひろたろうさん、こんにちは。
どうもありがとうございます。

いやー、遠征は毎度、トラブっているのですが、M8の時は、相当トラブりましたからねー・・
本当に撮りたかった被写体はなんだったかな、、、それを忘れてしまうくらいトラブってました。

No title

タキさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。
スタベだと3日には出ているんですね!
やはり暗い空だと写りが違ってきますね。特に色ノリ、つまりRGB画像の差が著しいです。逆にいえば、デジカメ・ニワトリだと、かなり不利な訳ですが・・・

ぜひ、いろいろと悩んで検討してみてください。
悩んでいるうちが楽しいですよね~

No title

玄さん、こんにちは~
どうもありがとうございます。
いやー、実わ、これ、嫁はんたちが実家に行っていた時に撮影していたストック分です。さすがに、お天気も悪いし、ストックも尽きてしまったし・・で、今月はピンチで御座います (;゚Д゚)

むむ、プロミナー指令にカビが生えないうちに晴れることを祈ります! (^^ゞ

No title

この玉不足な時期にダブル入選ですか!おめでとうございます。
それもメジャー所2作とは恐れ入りました。
今月号向け、私は久しぶりに応募なしでした。今月もピンチです。

No title

ふうまさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。
M8は、もう少し、済んだ泉の様な色彩に仕上げたかったのですが、気がついたら、コテコテになってしまっていたみたいです (; ̄ー ̄川 アセアセ
でも、活動的な様子が面白いですよね!

M20は、反射星雲と輝線星雲の境目あたりなどが、興味深いですね。
透明感、GENTAさんに教わって少しは出せる様になったかな?とは思うのですが、でも、やっぱり、ちょっとパステル調ですね。

syoshi-さんの写真はさすがに美しいですねぇ・・見習いたいです。
なかなか上手くああいう表現ができないでいます。

No title

のんたさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。
いやー、これ、嫁はんと子供が戻ってくる前に撮ったストックからの作品でした。
これからはさすがに厳しいですねぇ・・
でも、お互い、がんばりましょう!!
忘年会もさすがに今年の参加は厳しい気がしますが、まだ先なので、様子を見て、でしょうか。

No title

8cmユーザーさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。

いやー、嫁はんたちが戻ってくるまでのストックからでしたからね~
ちょっと、これからはキビシイかなーと思っています。
でも、彗星だけは狙って行きたいのですが、ウカイメデン彗星は悪天候にも負けて、結局、撮影できず終いでした (>Д< ;)

No title

hanaさん、こんにちは~
どうもありがとうございます&入選おめでとうございます。

天文現象から星景写真まで、流石ですね!星景写真はセンスも必要なので、素晴らしいと思います。

梅雨入り前は、それなりに晴れてくれていましたので、おかげ様でストック分からなんとか・・・でした。
HubblePaletteも、面白いですよ。hanaさんも、ぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょう~?
ちょっとコテコテになってしまいましたが、澄んだ泉の様に、もう少し透明感ある様に仕上げたかったです。またどこかで再処理してみようかな・・

それにしても、ホントに晴れませんね、、、

No title

sora-canさん、こんにちは~
5月のストック分から、なんとか応募しましたが、今月ばかりはさすがにピンチです。
なんとか晴れて欲しいものですが・・・
そろそろ秋の銀河の季節。
お互い、頑張りましょう!

と、いっても、秋の銀河は南に低いので、ニワトリで狙えるものが限られてしまうのが悩みデス・・・(´・ω・`)ショボーン

No title

こんばんはー。
10月もダブルでおめでとうございます。選ばれていない方も、大変魅力的な作品で、どっちが選ばれても、いい感じです。
天ガと星ナビでは、選者の好みとか、雑誌としての売り上げも意識しての選択もあるみたいなんで、撮影者の基準と一致しないのは、致し方ないですね。
UTOさんはすでにいろんなバリエーションお持ちで、いろんな引き出しがいっぱいでたいしたものです。

No title

OLG100さん、こんにちは~
どうもありがとうございます&入選おめでとうございます。
美しいメキシコ湾でしたね~。ボクのはコテコテ過ぎて、反省しきり、です。

個人的にはやっぱり系外銀河が好きなのですが、フォトコンテストだと見栄えのする散光星雲の方が、良さそうですね。
でも、拾っていただけただけでも、ラッキーでした。

いやー、もっといろいろとやってみたいこともあるんですが、なかなか新しいことに取り組む気力が・・(゚-゚;)ウーン
暫くは、手持ち武器で、ボチボチと楽しんでいくつもりでいます。
月もASIで撮ってみようかなぁーとは思っているのですが、これもまたなかなか大変ですよね。
処理とかHDD容量が・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
AVIStackも覚えないと・・と思いつつも、未だにやれてない・・orz

No title

ダブル入選おめでとうございます! 迫力あるM8とM20ですね。色合いに惹かれます~(^o^) UTOさんのお考えの通りカラフルさからすると系外は不利かと思いますが、やはり系外の魅力は渦巻きとロマンだと思います(^o^)

No title

ひろしさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。散光星雲のクローズアップ撮影も面白いですね!
M20の反射星雲と輝線星雲・暗黒帯の色彩の混じった部分が個人的には気に入っています。
M8はちょっとコテコテにしすぎましたね・・・
系外銀河は、仰る通り、渦巻と浪漫がいいところですよね~!!
最近、まともに銀河が撮れてないので、そろそろいろいろと撮りたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ