FC2ブログ

記事一覧

やはり・・ダメか

今日は久しぶりに透明度が高く、美しい夕暮れを見ました。
しかし、GPVを見ても、雲が出てきそうです。
とはいえ、この天気。何もしないのは勿体ない。
お気楽ノータッチで、NFD328+ST8XMEの組み合わせのチェックでもしようか・・・
 
と、いうわけで、20時半ころからセッティング。
ガイドはするつもりがないので、撮像までは30分ほどでこぎつけました。
でもね、案の定、西から雲が・・・
とりあえず、雲があっても撮らせるかという感じで、放置してきました。
まあ、星像チェックくらいはできるとは思いますから・・ね。
そうそう、やはりピントはST8XMEは楽勝できました。
CFW8に2インチノーズピースを接続して、撮影させています。
 
それにしても、すっきり、晴れてくれません・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

ST8はピントでましたか!!良かったですね。
話はぜんぜん変わりますが、1ヶ月ほど前に笠井で購入されたこまコレクタその後話題に上がりませんが、いかがでした?

今日も月がきれいでしたが、やはり満月前後の月の撮影難しいです。

No title

Eagleさん、こんばんわ。
ST8はピンはちゃんと来ました。でもやはり片ボケしてますねー。
とりあえずしっかりと保持できるようなプレートを考えるしかなさそうです。ただ、縦構図は諦めるしかないかなー。

火災のコマコレは、とりあえず1回、MT160につけて撮像したんですが、焦点位置が伸びる分、接眼繰り出し量が大きくなってたわんでしまいました。
そのため、星像評価はできませんでしたが、焦点距離は1.13倍に伸びてます。ただ、これも星像が伸びてますから、概略値でして、実質パラコアモドキ?という感じで1.15倍になってると思っていいんじゃないでしょうかね・・。
火災の推奨リングでM42に落としてST8XME+CFW8にねじ込みでのテストでした。

No title

テストは出来たようでなによりです。カサイのコマコレは1.13に伸びるんですか。それじゃパラコアと同じですね。あんまり意味ないな。でもフランジバックが70mmなんで、カメラとレンズの間にアクセサリを入れられますね。それがメリットでしょうかね。

No title

sora-canさん、こんばんわ。
それがですね、笠井の推奨のM48→M42を介してカメラを取り付けるとなると、フランジバックが相当喰われていることになります。光路長にして、数mmのリングですから、そこからTリングを付けて約10mm、デジカメ付けて45mmとすると、約60mmくらいのフランジ?
それともあと10mm伸ばした方がいいのかしらん・・。

328のテスト、やっていてかぶってるのでおかしいなあーと思っていたんです。街頭が近い南の空撮っているので街頭の光かなー・・と。
ところが、ぎっちょん(死後)!
直して、チェックまでしてたハズの自作セパレータでまたしてもフィルタが回ってなかったみたい・・セパレータの他のコネクタでは動作したので、再度、撮像中です。
雲は多いですが、ヌケが良い空ですので、このまま朝まで放置かなー・・と思っているところです。
唯一の成果は、OrionのExtraNarrowのHαがSBIGのRと同じフォーカス位置だったことが判明したことです。(厚み1.4mmということですね)
これは結構大きいかも・・。応用性が増しますからね。
怪我の功名です。

No title

すみません、OrionのHαとSBIGが同厚っての、嘘でしたッヽ(´Д`;)
なんか、間違ってRフィルタでピントだしてただけみたい・・。
はぁ~なにやってんかなー・・orz
再度、Hαでピントだしてきて、再挑戦。
こりゃ、ホント、朝までやるしかないなー。雲は多いが晴れ間はある・・なんとか見られるものになってくれればとは思うのですが~
無駄ごまが多すぎ・・あ~あ。

No title

やっとまともに撮れそうです。
でも、バックフォーカスが合ってないからかもしれませんが、やはり星像はイマイチっぽい。
とりあえず、風呂はいって仮眠はとらなくちゃ・・・
雲さえなければ、しっかりと作品作りをおこないたいところですが・・まあ、今回は諦めですね。ノータッチガイドでとりあえず文字通り流してます(いろんな意味で ^^;)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ