FC2ブログ

記事一覧

ウカイメデン彗星とばら星雲

8/22日未明に撮影したウカイメデン彗星とばら星雲の接近です。
この日は、夜半までは晴れ間があったので、それまでに、望遠鏡一式を庭先に展開!
極軸も合わせて、あとは電源を入れたまま、目覚まし時計を夜明前にセットして、放置していたと思いました。
しかし、目覚まし時計で起こされて、起きてはみたものの、案の定、GPV予報通り、一面の丼曇り・・ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
それでも、少し待つと、一瞬だけだが、カペラが見えたので、すかさず、導入して、アライメントを取る・・
ピントは、正直、雲が多く、晴れ間があっても一瞬だけなので、合わせられない。
ただ、幸い?ジャック彗星と胎児星雲、翌日は、ジャック彗星とハート星雲が接近し、連日使用していることと、目安の為、僕のNewFD300mmF2.8L望遠レンズには、目盛を貼り付けてあります。ここで、ピントは合っていたハズ・・!
雲の切れ間は時々はあるものの・・・こりゃ、ハート星雲の時の様な奇跡は起こるとは思えない程の雲天です。

まぁ、仕方ありませんね。一応、せっかく、起きてきたのだから・・と、いうことで、自動導入でばら星雲を導入させる・・然し、当然、雲の中・・・の前に、思った以上に低空で、電線の向こう・・でした。
あとはダメもとで、露出1分に設定して放置することに。
雲の流れは早いものの、時折、切れ間はあるのだから・・・万が一を期待してみようか・・・
ただ、さすがに、ネムイ(´・ωゞ)
このお天気だしね・・・とりあえず夜明けまで寝ることにしました。

で、そのまま、放置していたワケですが・・
ここ最近、あまりにも晴れないので、デッドストックをチェックしていたのですが、ををっ!?
なんとか、辛うじて、雲の向こうでしたが、写ってくれていましたヨ!!
ばら星雲とウカイメデン彗星  NewFD300mmF2.8L 望遠レンズ ST10XME 冷却CCDカメラ

惜しむべきは、カラーカメラではなかった為、モノクロ写真だったことでしょうか・・・
とはいえ、あのお天気では、デジタル一眼レフカメラでは、どう考えても、露出が足りないしなぁ・・
高感度のデジタルカメラX-E1ですら、正直、ST10XMEどころか、ST8300Mよりも感度面では敵わない印象です。
逆に考えれば、ST10XMEだからこそ、雲間からなんとか撮影できたのかもしれません・・


8/22未明 夜明けの様子  オリンパスE-620 デジタル一眼レフカメラ Z.D14-42ED

ご覧の通り、雲だらけ。おまけに、これでも、改善してきた方なんですよ・・・
正直、写っているとは全く思えず、これまで放置していた次第です。
無事、ウカイメデン彗星を撮影できて良かった。

この彗星は、東南に移動していくため、もうほとんど、観測するのは不可能に近いです。
一度も撮れず仕舞で終わるかと思っていただけに、撮れていて嬉しかったです。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

いやあこれは奇跡的なショットではないでしょうか!
やっぱり諦めずに粘ることも大切なことですね。

No title

シュミットさん、こんにちは。
ボクもまさか写っているとは全く思っていませんでした。
ノートPCからデータを回収し忘れていたのもあって、一応、ひと通りチェックしてみたら、雲の中から10コマほど写っていてくれたので、強引に処理してみました。
いずれにしても、ラッキーでした。

No title

utoさんこんばんわ。 いろいろ撮影楽しそうですね。 撮影禁止のこちらはおあずけを食らった犬のようで、よだれを垂らすしかありません。
NikonDfに続きD810も冷やしました。 結果はいつものDIARYに載せました。 もう興奮です。 神の領域に一直線です。 モノクロカメラとしてもSAO撮影なども可能かもしれません。

No title

僅かな雲間から良く撮影できましたね。素晴らしいです。
この夜は横浜は珍しく快晴でした。三浦半島まで行ってバラと彗星を狙うか、自宅で木星を撮影するか迷って後者を選択。
その後は天気が良い夜がほとんど無く、後悔しています。

No title

やはり細めに撮影されてる強みがこういう時に出ますよね~
なかなかに良い感じ構図で入っていい感じです!

No title

元栗畑の住人さん、こんばんわ。
早く良くなって撮影できるといいですね!当面は我慢でしょうが・・・
D810冷却、拝見してきました!
元栗畑の住人さんの撮影結果を受けて、Dfを購入したという知人もいらっしゃったのですが・・(^^ゞ
素晴らしい性能ですね。
やはり最新プロセスと映像エンジン。多画素、様々な要素があってこその結果なのでしょうが、D1Xに比べての差なども考えると、ワクワクしてきちゃいますね~!
あれを見てしまうと早く撮影したくなる気持ちもすっごく良く判りますが、無理は禁物ですよ~

No title

うっひょー。根性の1枚ですね。色々現象を追いかけて、ワンチャンスにかけるUTOさんならではの作品に見えます。私はもうここまでの根性はありまへん…(^^;

No title

ヨネヤンさん、こんにちは~
ほんと、奇跡的に写ってくれていました。
関東方面は晴れたんですねぇ・・
夜明け前に、明るい星が昇って来ていて、金星?に、しては暗いしなー・・と思ってステナビ立ち上げてみたら、木星でした。
そろそろ観測シーズン開始ですね。昨年できなかったIRでのシンチレーション緩和作戦を今年はやってみようかな、と思っています。
それ以前に、晴れて欲しいですよねー。

No title

adonoanさん、こんにちは~
条件が悪くても、庭先で撮れるのは、やっぱりありがたいですね。
こういう、どうしようかなぁ・・という時でも、まぁ、出すだけ出しておこうカナ・・と思えますから (^^ゞ
翌日だとさらにいい位置に来たんですが、お天気下り坂で、さすがにパスでした。

No title

玄さん、こんにちは~
ダメもとで放置していたのですが、写っていてくれて良かったです。
庭先に機材展開だと、手軽なので、助かってマス。
遠征しないといけないとなると、よほど気合が入ってないとダメですから・・

No title

悪条件でもなんとか画像をひねり出す、お見事です。
一発勝負で結果をたぐり寄せるための第一歩は、ダメ元でもとにかく諦めないで撮るってことでしょうか。

スカった場合の精神的コストパフォーマンスって意味では、ニワトリは助かりますね(笑)

No title

かわうさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。
ニワトリだと、気は楽ですよねー。
寝る前にちょこっとセッティングして、あとは夜明け前に起きてきてどうかなー?で済みますから、ダメもとで・・という気になります。
位置的にも、ギリギリだったのですが、撮れて良かったです。

白昼の土星食も、ニワトリでぎりぎりセーフかアウトか際どい位置なんですが・・多分、ニワトリかなぁー・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ