FC2ブログ

記事一覧

露出1/2秒の天体写真

ASI120MMによるM15です。
露出なんと1/2秒!
それでも、これだけ写ります。

M15 オライオン30cmF4 反射望遠鏡 直焦点 ASI120M CMOSビデオカメラ 0.5fps 1枚画像のみ

ダーク減算と、ステライメージでのソフトウエアビニングは使ってますが、1枚画像のみ、です。
CMOSイメージセンサの性能には驚きを禁じえません。
1/2秒露出で、一体、何等級まで写ってるんだ~!? (;゚Д゚)

大昔、イメージインテンシファイアを用いて、1/2秒で撮影した写真がありましたが、今の時代、CMOSイメージセンサは、I.Iを凌駕する性能を発揮しますね。


問題点も多々ありますが(例えば、縦筋とか)
アプティナセンサでも、AR0132でもより低ノイズ化しているそうですし、イメージングソースの技術が入ったスカイリスでは、問題ないのかもしれません。

いずれにしても、CMOSイメージセンサの進化が、天体写真のイノベーションを引き起こすのは間違いないと確信しています。

サムスンの背面照射APS-Cサイズデジカメ、NX-1も気になる存在ですね。IR改造した場合のHα感度は、従来機以上かもしれませんからね。
まぁー・・寒損かもしれませんがw

FinePixS2Proによるデジタル一眼レフカメラの天体写真デビューから、12年。
EOS Kiss Digital 赤外カット改造デジタルカメラのデビューからはほぼちょうど10年でしょうか。
いまや、当時では考えられなかったほどの低ノイズ化、高画素化、高感度化。
デジタル機器の進化が如実に感じる面白い時代に生きていることを感じます!!

CMOSイメージセンサの今後の進化にはやはり期待せずにはいられません!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

最近、この趣味始めた私にとって、カメラの進歩に凄くすくわれて、子供のころに五島プラネタリウムに展示されていた写真みたいなモノを自分で撮影できるようになって、技術革新に本当に感謝です。ですから今後のCMOSの進歩には本当に期待してしまいます。

No title

いーぐるさん、こんにちは~
ディジタルカメラの進歩は本当に素晴らしいです。
ボクも、子供の頃に、パロマ天文台の写真に憧れたクチですが、まさか自分で、そのような写真が撮れる時代になるとは思ってもいませんでした。
デジタル機器の進歩には只々、目を見張るばかりです。
特にCMOSは、安価なのに良い素子があり、今後も期待したい技術です。
Sony製CMOSならば、縦筋問題もほぼ解決していると思われるだけに、IMX035,IMX036カメラに着目してはいるのですが、価格と、赤感度の面で、ノイズは多くてもAptinaセンサの方が・・・と思って手が出せずにいまず(いや、まあ、独身時代なら、IMX035カメラをポチって実戦配備していたと思いますが・・・性能の良さは良く知ってマスからね・・)

No title

X-E1を手にして、デジカメの進化にも驚かされました。
サムチョンのNX-1も背面照射ということで、IR改造した時に、優れたHαレスポンスを示すのではないかと興味津々です。
反対にCanonはDP-CMOSで、おそらく、プロセスルールも2世代以上昔のもので、天文用としては魅力に欠けてきています。
天体写真というニッチ市場では、使える道具を工夫して使うしかないワケで、その点で、サムスンのNX-1は面白い素材と感じました。
SEOさんあたりが先んじて使ってくれると面白いですが、お膝元のLEEさんのところが先でしょうかね・・
それとも歯牙にもかけないくらいのシロモノでしかないのでしょうかねぇ・・

No title

こんにちは(もう、こんばんはかな?)
新月期なのに曇天です。昼間、雨まで降りましたよ。

CMOSセンサーには今後すごく期待しています。
車載センサーが当たり前の時代になるので
フレームレート性能と感度性能が両立した素晴らしいものが
続々と登場することでしょうね。
ただし、トレンドとしてHDRが主流になると思われ天体用には不向きかもしれません。

No title

タキさん、こんにちは~
こちらも油断して、夕方から一杯やってたら、どうも晴れたみたいです ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

CMOSイメージセンサはDレンジ確保にも重点おかれてそうですよね。
ASI120MMでも、いろいろと調整できるのですが、結構、動的に変化してくれちゃってるようにも感じます。
リニアリティが狂うと、ダーク減算がうまくいかなくなるので、地味に参ります・・

No title

0.5fpsでこの写りですか! センサーの進歩はすごいですね。欲を言えば、私が生きている間に、ナローバンドが1枚数秒露光ですむ時代がくるといいのですが・・・(^^;

No title

ひろしさん、こんにちは~
そうなんですよ、たった1/2秒でこの写り。
でも、これを処理していくと・・やっぱり、まだまだかな・・って感じになってしまいます。
撮り方の問題もあるかもしれませんが(CCD並に露出した方が良いかもです)
sCMOSなら、解決していると思われる部分でもあるので、それらのセンサが身近になってくることに期待したいところです。
IMX035,IMX036あたりは、Aptinaセンサで出る問題もクリアしているのではないかと思うのですが・・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ