FC2ブログ

記事一覧

白昼の土星食 天体観測記

遠州天体写真愛好会の天体観望会で、天竜の森に行ってきました!
その様子は、また後日・・
多くの人たちといろいろな話が出来て楽しかったです。

さて、翌日は、一大天文現象(?)の1つ。土星食があります。
土星食とは、月がみかけ上、土星の前を通過する為に、土星が月に隠された様に見える現象で、とても貴重なものです。
今回は、昼間の現象になってしまいましたが、これは撮ってみたい・・!
前回の木星食は見事に失敗していましたので、欲張らずに、デジタルカメラと、あとはファインダーがEVFでは心許ないという過去の経験から、デジタル一眼レフカメラ EOS40Dを持って行きました。
オリンパスのE-620の方が手軽なのですが、やはりペンタミラー機では、見え味に心許が無いので、EOS40Dの出番と相成りました。

ところが・・・
遠天観望会に参加したメンツのみなさんからは・・

ニンジャS浦さん:え・・昼間の土星って見えたことないから、ダメじゃないですかね?
太陽・月の専門家S田さん:私は今回はパス!(明日から、某天文台でテレスコープタイムがとれたので、太陽観測をされるということもあるようです)
M女史:土星食って、どう撮るんですか?ディスかりーパークの84cmでも見えないんですけど・・?
     夕方になっても見えないし、日中じゃあ、ムリじゃないですかねー・・?

遠天惑星連盟名手N中さん:うーん、今回はどうかなぁと思いますけど・・

えー・・みなさん、連れない返事。
う、うーん、場合によっては、観望会後、昼過ぎまで、天竜の森にとどまるつもりでしたが、諦めかなー・・
と、思っていたのですが、夜明前に木星を入れて、日の出後に撮影してみたら・・

オライオン30cm反射望遠鏡 パラコア2 フジ X-E1 デジタル一眼レフカメラ

あれ、結構いい感じに写るじゃん?土星は、これより2等級は暗いにしても、これだけはっきりと写ってるんだから、なんとなく写る手応えがあります。

しゃーないなー、とりあえず、居残り決定です!
ヨヲイチさんが、9時過ぎくらいまで、付き合ってくださって、とても助かりました。
さすがに夜明から、ずーっと1人だと心が折れたかも・・
それでも、3時間。寝てればいいやと思ったのですが、イマイチ寝られず、、、
目覚まし時計も、割りとこま目にセットしていたのもあって(ずれていないかの確認をしておかないと、いなくなったら、後はもうどうにも出来ないので・・)、ちと寝られませんでした。気も張っていたんだと思います。
さすがに少し、ヒマを持て余していました。ケータイの電池も心許なくなったし・・

でも、いよいよ食の開始です!
これまで、自動導入で、木星→レグルス→金星→月と、順次移動してきました。
昼間でも、案外、星は見えるのですね。
ただ、スピカと、水星は見えませんでした。
土星は導入してみたのですが、見えません・・
仕方ない、、ならば、写っていることを信じて、撮影するッ・・!!
フジX-E1の設定をRAWにして、連写モードで・・って、フジのデジカメって、バッファフルになると、書き込みに偉い待たされてしまうのをすっかりと忘れていました・・ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
うーん、しまった。ツマランミスを・・

とりあえず、通常撮影に戻して、出現を迎え打つことにします。
出現時の時間も、大阪1:23 東京1:33分と大きな開きがあります。
ミュートンさんがSNSでメールを送ってきてくれたので、ついでに出現時刻も聞いておきます。
時刻は1:29とのこと。
これで、準備は万全。
あとは刻が来るのを待ちます・・

誰も来ないかと思っていたら、案外、登山や散策を楽しみに来る方がいました。
凄い望遠鏡がある!と言っていく人もいましたが・・・さすがに昼間に見ているとは思わないせいか、完全スルーされてました(笑)

潜入時はミスしたのもあって、ヨヲイチさんから頂いたノンアルコールビールを頂き(とっても助かりました)、つつ、昼飯にパンをかじりながら待ちます。
そして、いよいよ1:27。少し早めですが、撮影させていくことにします。
ピントは確認した。あとは写ると信じて撮るだけッ・・!!

・・・結果は・・

白昼の土星食 オライオン30cm反射望遠鏡 パラコア2使用 フジ X-E1 デジタルカメラにて
露出1/1000秒

か、辛うじて、なんとか写っていました~
しっかし、ゴミがひどい!センサだけではなく、どうやら、もっと各部の清掃が必要だったようです?
いや、フジのデジカメだと、ハイライト付近は描写が怪しくなるから・・・
やっぱり1/2000秒でとっておくべきだったのかな・・
いずれにしても、終わった瞬間から、どっと疲れが出ました。
特に現場では、写っているかどうか全くわかりませんでしたから・・
何はともあれ、写ってくれていたのは良かったですが、でも、なんだか1日潰してしまって、ちょっと損した気分です (;゚Д゚)
あー、疲れた・・。

ちなみに、ボクは、居残りでしたが、GENTAさんは追試だそうです。
元気あるなぁー・・




関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

25cmで、見てても土星の存在わからなかったので、撮りっぱなしで、放ってありますが、あとで、チェックしてみます。ともかく晴れて良かった。

No title

観望会のあと、残って昼間に撮影ですか!!やっぱり若さのパワーは凄い。
それに加えて、昼間に土星を撮影できるなんて、もうびっくりです。

No title

やはり、処理してかなりやらないとわからないのです。
実はUTOさんの写真でも私のノートPCではわからなくて、iPhoneで今見たらよくわかりました。モニター変えてから動画から画像抜き出して処理してみようかと思います。

No title

もう~~

UTOさんに撮れない物はない。。って思っちゃいますっ♪
さすがです~~

No title

こんばんわ☆

撮れたのかな??

ドキドキ
と読んでましたが

お見事
おめでとうございます

大人になっても居残り&追試があるのって
楽しいですね

最近はきれいな三日月です
近くできれいに光っている二つの星はなんでしょうか

No title

あまりにも美しい夜空だったので、”帰りたくない病”にかかってしまい、いつまでも居座ってしまいました。一人で集中してセッティングしたかったと思いますが、くだらない話をして邪魔してしまったかもしれません。これに懲りず、また参加させてください。

No title

居残りお疲れ様でした。
しっかり土星食をものにされ凄いですね。
帰りがけに白昼に浮かぶ木星を見せていただいたのでもしかしたら?と思ったのですが流石です。
学生の時だけではなく、居残り、追試は辛いですが大事ですね。

No title

ミュートンさん、こんにちは~
カラーバランス調整したところ、このような色合いになりました。
もう少し、真剣に処理しなおしてみるつもりではいますが、ちと厳しいかもしれません。
それにしても、昼間の撮影は難しいですね。

No title

hanaさん、こんにちは。食モノのhanaさんが失敗とは残念でしたね。
そうなんですよ、月を探すのも大変だろうというのは分かったので、前夜から粘るしかないと思っていました。
月はファインダーで見えましたが、それでも、闇雲に探して見つかるとは思えないうっすらさ。土星に至っては30cmでも見えず(そりゃ80cmで見えなければねえ・・)
なかなかに厳しい現象でした。

No title

シュミットさん、こんにちは。
ウチも自宅からだと、ギリギリでアウトか、セーフか微妙過ぎて・・
とりあえず、遠天観望会がありましたので、そのまま居残りを決めました。

土星は肉眼では全く見えませんでしたね。月も30cmを使ってもほんとうっすら。
ゴミが残念でしたが、これが補正できるかどうかも含めて、ちと処理を検討してみたいと思います(でも、無理でしょうね・・)

No title

GENTAさん、こんにちは。
追試、お疲れ様でした。こちらは追試とはいきませんでしたが、別会場で撮影しました(笑)
仰る通り、高度はかなり効いてくるんじゃないかと思っていました。さらにPLフィルターを入れてあげれば、ひょっとしたら、もう少しはっきりと捉えられた可能性は高いですが・・・(φ48mm規格が写真用としてはマイナーなので持ってないですが)
いずれにしても、写すことができてよかったです。
ぼうずだと、山の上で独りぼっちで待っていたかいがありませんから・・・

No title

OLG100さん、こんにちは。
望遠鏡では30cmでも見えませんでした・・ってEVF越しですが (^^ゞ
OLG100さんのもきっと写っていると思いますよ。
ホント、晴れて良かった!!

No title

いーぐるさん、こんにちは~
みんなに、ダメなんじゃない?と言われてしまいましたが、日の出後の木星を見て、残る決心がつきました。
ただ、待っている間が一番辛かったな~ (^^ゞ

No title

NGCさん、こんにちは。
強烈にレベル調整したら、なんとか分かった!程度でしたね~
フラット補正など、丁寧に処理したら、もう少し描出できるかもしれないので、また後日、再処理はしてみたいと思っています(・・でも、気持ち的にはちとメゲ気味)

No title

ろざりおさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。
もう少し良い方法もあるのかもしれませんが、なんとか写ってくれました。
今回は、居残りだったので、坊主にならなくてよかったです(笑)

No title

ななこさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。
無事、なんとか撮れてよかったです。

居残り、追試(笑)懐かしいですよね~
えっ、僕だけ?? (゚▽゚;)

三日月のそばで光っていたのは、土星と、あとは火星、さそり座の1等星アンタレスだと思います。月曜日の夕方でしたら、多分、火星とアンタレスが正解です。

No title

ヨヲイチさん、こんにちは。
いえいえ、セッティング自体はすでに薄明時に完了していましたので、9時過ぎまで話相手になっていただけて、とても嬉しかったです。

そういえば、天竜の森、北の方から散策路があるようで、登山客が奥から出発していきました。
結構、面白いルートがあるのかも?です。

No title

yamatomoさん、こんにちは~
なんとか、撮影できてよかったです。
でも、やっぱり居残りは辛いですね~

yamatomoさんも見事な作品を撮影されていて羨ましいです。
僕のも1対象はなんとかモノに出来そうな感触がありましたので、処理してみようと思います。

No title

コメントありがとうございます。UTOさんも、無事に撮影できて何よりでした!
遠征場所に残って観測は、大変ですが透明度からも正解ですよね(^^)
この手の撮影の露出時間って、速くすべきか、遅くすべきか、どっちなんでしょ?(^^;;

No title

リュウさん、こんにちは。ゴミの映り込み?がハンパないのが残念ですが、なんとか写ってくれてよかったです。
そうなんですよ、透明度が効いてくるのでは・・と思ったりもしたので、この場所でダメなら仕方ないな、というのもありました。
個人的には、やっぱりなるべく露出は伸ばす方向が正解だと思っているのですが、シンチレーションも絡んでくるので、なかなかに難しいですよねぇ・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ