FC2ブログ

記事一覧

月食観測 2014 in 獅子ヶ鼻

2014年10月8日の皆既月食観測記です。

さしあたり、前日から、準備をしておきました。ミラーを洗浄して光軸も出して、ばっちり!

望遠鏡はMT160。観望用には、双眼鏡を持っていきます。Nikon10×50と、カサイ10×60双眼鏡の2台とも持っていく様にします。   

お天気が安定するようなら、実は、これにさらにサブ機も検討するつもりでいたのですが・・
具体的には、ガイドマウントに、AT65EDQ 屈折望遠鏡を搭載し、直焦点でSXV-H9Cを装着して、動画作成するつもりでした。
しかし、生憎のお天気予報。
これだったら、デジタルカメラ主体で、MT160 1本に絞った方が正解っぽい。
ん・・雲があると、ピント合わせが難しいかもしれない。
と、なると、やっぱり、デジタル一眼レフカメラも持っていった方がいいな。
キヤノンEOS40Dと、オリンパスE-620とはちょっと悩んだのですが、E-620でも前回の月食の時に収まったよなぁ・・と思って、バリアングル液晶を備えた、E-620をチョイス!
これで、準備は万端です!

当日も昼間はいいお天気でしたが、やはり夕方からは文字通り、雲行きがアヤシイ・・ガ━━(;゜Д゜)━━ン!!
かけ始めは高度が低いので、ニワトリではちょっと難しいのですが、高度が上がれば撮れる位置・・・このお天気では、と、正直悩みましたが、以前にも、GENTAさん達に、また獅子ヶ鼻に集結したいね~と、お話をしていたこともあり、また、庭先で、一人でぼーっと立っているのも、それはそれで、ツライもの。やはり行ってみることにしました。
途中で、スーパーに立ち寄って、夕食を購入。
腹が減ってはなんとやら・・ですからね (゜▽゜;)

時刻は18時前・・月食開始はそろそろ、です。が、晴れ間はあるものの、お月様は分厚い雲の向こうです。

到着してみると、GENTAさん、yamatomoさんがすでに望遠鏡を組み立てていらっしゃいました。
しかし、雲が・・・ 

yamatomoさんの米Oriion15cm反射望遠鏡とGENTAさんのVixen ED115S屈折望遠鏡
オリンパス E-620 デジタル一眼レフカメラ Z.D14-42EDにてパチリ。

とりあえず、望遠鏡の放熱はさせないといけないので、まず望遠鏡を出して、組み立てる前に、夕食を摂ります。
この雲だと、連続撮影はできないですからねー。
スーパーのお弁当とお惣菜を食べて、まずは腹ごしらえ。
本番は、皆既中!と決め込んで、組み立てを始めます。

yamatomoさんの方は、赤道儀が不調のようで、ギアが悲鳴をあげていました。
でも、その場で、再調整されて、とりあえずは、なんとか・・?
天竜の森、観望会の後、クランプをロックしたまま、帰宅したので、ギアに負荷がかかってしまったようだと分析されていました。
問題がなければ良いのですが・・・
満月期に課題が見つかったのは、ある意味良かった???
月は出ているか? オリンパス E-620 デジタル一眼レフカメラ Z.D14-42EDにて

途中、一時的に晴れて欠けた月は拝めましたが、雲で暗くなっているのか、欠けているのか・・っという感じでした。
ファインダー調整もままならなず、ピント合わせも困難・・
出たっ!と、思ったら、すぐにまた雲の向こうに、雲隠れ。
ううーん・・・

GENTAさんたちと雑談もしながら、待っていますが、とうとう、皆既状態に。
それでも、晴れてくれません。
ちらほら、晴れ間はあるのに、なぜか月の方角だけ、雲がかかったまんま、どいてくれないんです (>Д< ;)

しかし、それでも皆既半ばを過ぎたあたりで、やっと雲間から月がチラリと顔を出しました!
極軸も合わせられてないし、ファインダーも昨日の光軸調整で、若干、ズレていることもあり、フジのミラーレスX-E1では、やっぱりダメだッ!見つからないッ!!
即座にオリンパスE-620に切り替えて、導入!
やっぱり、光学ファインダー、最高です!
低照度下では有用性が桁違いですね。

X-E1に切り替えてピントを合わせたいが・・・ダメだッ
全く判らないッ・・・
そうこうしている内に、雲の向こうに・・・ガ━━(;゜Д゜)━━ン!!
数少ないチャンスを逃してしまいました (;_;)

でも、幸い、GPV予報では20時台は薄くなる予報・・
まだ、チャンスはある・・と、思いたい (^_^;)

案の定、また次の晴れ間が出てくれました!
先ほどの失敗から、カメラは光学ファインダーのE-620に換装。
フォーカスは、OVFで目視で合わせるッ・・!
ライブビューでも一応確認してみますが、皆既中の月は暗くて良く解りません。
目視で追い込むしかないッ・・!
よし、合った!!でも、フォーサーズフォーマットでは、満月が視野ギリッギリです。

MT160オリンパス E-620 デジタル一眼レフカメラ MT160反射望遠鏡 コレクターレンズ使用

くっ、やっぱりAPS-Cサイズでないと苦しいッ!!
EOS40Dにしておけばよかったかなぁ~
泣き言を言っても無いものは無いので、仕方ないッ!!
幸い、というか、統合整備計画の一端で、基本マウントはNikonFマウントとしていることもあって、Tリングは、NikonFマウント。
そこからマウントコンバータを介して、各種カメラを付け替えられる様にしてあります(もちろん、EOSも持ってます)から、マウントアダプタを交換して、X-E1に取付。
ピントは、やっぱりEVFでは判らない。
でも、E-620で合わせたのだから・・と、合っていると信じて撮影させるッ!!
撮り始めたら、すぐに曇られましたが、なんとか、坊主は回避できました。
皆既月食 フジ X-E1 デジタルカメラ MT160反射望遠鏡 withコレクターレンズ

GENTAさんは少し発生したトラブルを解決される為に、動いてくれて、皆既中の撮影機会は逃してしまったみたいです。すみません、ご対応、ありがとうございました m(_ _)m

そうこうしているうちに、皆既終了~ 
  
皆既月食 終了直前頃  フジX-E1 デジタル一眼レフカメラ フィルムエミュレーション ベルビア
MT160反射望遠鏡 コレクターレンズ 1330mmF8.3 撮って出しJPEGをレタッチ(・・・RAWで興すより色は綺麗ですね・・・)

皆既時間は1時間ほどあった筈ですが、チャンスがほとんどなく、あっという間に終わってしまいました。
それでも、幸いなことに、この頃からやや晴れ間が増えてきて、何回か撮影チャンスがありました。

しかし、雲は完全にはどいてくれず、露出やISO感度設定が難しい!!
それでも、何コマか撮影できました。

このくらいの時間に、ちょうど嫁はんと、明星ちゃんも来てくれて、嫁はんも、双眼鏡で赤い月を見ることが出来ました。
明星ちゃんは、暗い中でも、ご機嫌の様子で、泣いたりしなくてよかったです。

月が半分くらい戻ってきたところで、再び、雲の中へ・・
ここで、終了~撤収開始です。

その後、片付けが完了したら、月の周りが完全に雲がどいてくれたりします。
まだ月はほんのちょっと欠けています。
コラム用のネタとして、双眼鏡をスマホで覗かせて撮影できるかどうか、試してみたのですが・・・
これが難しい。赤道儀でないので、移動していくこともありますが、スマホのレンズではやはり焦点距離が短すぎて、双眼鏡では拡大率を稼げないこと、スポット測光にしても、飽和してしまって、模様が写らないこと・・もろもろあって、こりゃあ、ダメだなぁ・・・という結論に達しました。残念 (´・ω・`)ショボーン

やむなく、片付けて、21:45 獅子ヶ鼻公園を後にしました。
坊主ではなかったこともあって、気持ちも軽く、なんだかんだで楽しめた月食観測となりました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

晴れ間が少なかったのは残念ですが、しっかり赤い月を撮影されおめでとうございます!色合いがとってもきれいですね。
何よりお仲間と、ご家族と、十分に月食イベントを楽しまれたのがいいですね!楽しい雰囲気が伝わり私まで嬉しくなってきました。

No title

おつかれさまでした。
なんだか、月食始まる直前から雲が広がって、イケズな空でしたね~

ピント、前夜に色々試してみて、月で合わせたんじゃピン位置わかんない、という結論に落ち着きました。
バーティノフマスク使って事前に恒星で合わせて、食中は機材を変えない、という方針で今回は押し通しました。
シャッターショックを嫌って無振動の Nikon V1 を使いました。
スタックすることでノイズはある程度緩和できるため、結果的には D4 や X-E2 使うより良かったです。
月惑星は、ピントとブレの抑制がキモだと思いました。

No title

UTOさん☆

ぎりぎり撮影できたのですね☆

明星ちゃんも早速遠征に応援に来てるれるなんて
うれしいですね(*´∀`*)

ファミリーイベントにはもってこいですね♪♪

お月さま、綺麗な色に撮れてますね☆彡
ナイス♪

No title

普段イベントモノでそれなりの天候をゲットしているので、この辺でバランス撮られちゃったのかもしれませんね。バランス的には微妙ですが(^^;
ネットでターコイズバンドの話が少し出ているので気になったのですが、フジの色はやっぱりいい感じですね。こちらで撮影した分は全然青い成分がないのですが、この写真は影の端っこが青くなっているのがわかるような感じですね。すごいい。

来年のはもう少し遅い時間帯なので、いろんな意味でリベンジしたいですね。晴れろ~

No title

月食撮影、お疲れ様でした。
そうそう、例の件はゆっくり送付で結構ですよ。
気になさらないでください。
まあ、QSIが届く時には欲しいですが。(それも電源ね)
MT160の焦点距離を考えるとAPS-Cでないときついでしょうね。
でもなんとか撮影できてよかったですね。
僕は三重県で快晴状態で眺めていました。

No title

T-Fixさん、こんにちは~
やっぱり、仲間との遠征は楽しいですね!
ニワトリ中心になってくると、モチベーションの維持が大変になりそうです・・

雲間からの僅かなチャンスしかありませんでしたが、無事、撮影できてよかったです!

No title

huqdogさん、こんにちは~
すっかりコメントが遅くなりすみません。
ほんとにいけずな空で参りました。こちらは星でピントを確認する余地すら与えてもらえず・・(>Д< ;)
E-620の光学ファインダーで目視確認でしたが、シンチレーションも考えれば、こんなものかも?程度には合ってくれていてホッとしました。
ニコワンですか!連写に優れた機種なので、こういう時には向いているかもしれませんね!V2はちょこっと欲しかった事もありましたが、ミラーレスは結局、フジに落ち着きました(E-PM2もあるにはありますが)
huqdogさんも、沢山のメーカのカメラをお使いですね~!
結構、各メーカのクセというか味付けを感じて、いろいろなメーカのカメラを使うのも楽しいですよね。

No title

ろざりおさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。
いやー、実際のところ、ほとんど晴れ間もなかったので、あまり構うヒマなかったです(∀ ̄;)
もっとも、逆に雲っている間はだっこできましたが・・(^_^;)

No title

玄さん、こんにちは~
ほとんど雲でしたから、撮影できただけラッキーでした。
ターコイズバンドというんですね。前々から青いのがあることは、それこそ、2000年の月食でQV8000SXでも確認していました。
http://oozoradigital.web.fc2.com/html/MoonEclipse2000.htm

あぁ、月食ってなんて綺麗なんだろう!と感心したものですよー
青い色合いは未改造デジカメならでは、かしら?E-620でも、ちょこっと青み成分が出たと思いますが、フジの色再現性は流石ですよね。
今回、ベルビアモードにしていたのも功を奏したと思います!

No title

タキさん、こんにちは~
いやー、でも、なるべくこの週末にお送りしようと思います。
例のブツもつけて・・

前回はフォーサーズでも案外いけるなぁーと思ったのですが、今回はスーパームーンが近かったからでしょうか。うわっ、デカっ!ダメじゃん ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
って感じでしたヨ。
西日本方面はお天気良さそうでしたし、ちょっと裏山。
快晴だったら、月食全工程をアニメーション化したいのですが、でも、難しいでしょうね・・(露出が)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ