FC2ブログ

記事一覧

車輪銀河

台風19号は通過していったものの、台風一過とはなりませんでした。
いや、まあ、昼間は、ピーカンでしたが・・・
夜には雲が・・・。そろそろ、天体観測シーズン真っ盛りになることを期待したいものです。

さて、9月最終週の休日は、晴れに恵まれていくつかの天体を撮影できました。
最近では、なかなか処理する時間もとれないでいますが、さしあたり、一番、期待していた車輪銀河を処理してみました。
車輪銀河 ESO350-40  オライオン30cm反射望遠鏡 with パラコア2 SXVR-H694 冷却CCDカメラ

ちょうこくしつ座の方向、約5億光年の彼方にある小宇宙です。小さな銀河が、この天体を貫いていった姿だと言われています。
例えて言うなら、孫悟空がピッコロ大魔王を、つらぬけー!!! はーっ!!!! 
と打ち破った時の感覚ですね!?いや、まぁ、個人的には、この天体って、なんだか、このシーンが思い浮かんじゃうんですけどね (^^ゞ
貫いた悟空は、この写真で左側の小さな青い銀河だと思います。


車輪銀河は、ハッブル宇宙望遠鏡では、凄い写真が撮影されていたりしますが、国立天文台の旧 広報普及室での50cmF12カセグレン望遠鏡での作例と比べると、結構、頑張ったかなーとは思っています。
もっとも、デジタルカメラの進化を考えたら、当然!?なのかもしれません。
デジタル一眼レフカメラに比べれば、こういう特殊デジタルカメラは進歩は遅いですが・・・
でも、撮影時の生データからすると、もう少し、良く写っていそうな感触があったんだけどなぁー (;゚Д゚)

何はともあれ、長年、撮りたかった天体の1つで、やっと撮影できたなぁ。という感じです。
撮影は、ぼうらやさんにて。光害はありますが、この日は透明度が比較的良く、また、やや低空でもシンチレーションが落ち着いていました。
ぼうらやさんでは安定のFMVノートも使えることもあって、準備万端!
個人的にはほぼ最良の条件での撮影となりました。
途中、画像がハネたりしたトラブルはありましたが(どうも、飛行機がガイドカメラの中を横切った様子)、目覚まし時計&電気毛布での睡眠に入る前でしたので、なんとか、辛うじて、カラー化までこぎつけられたのでした。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちわ、utoさん。
ハッブルでの写真は有名ですが、一般アマチュアの方が撮影した車輪銀河は私は初めて見ました。
国立天文台の50cmの写真と比べても全然まけてません!
と言うかutoさんの方が自然かも。
これもマイナー天体撮影の一環?でしょうが増々楽しみにしています。

No title

お元気ですかぁ~。
これ、マジですか?アマチュアが撮像した画像はほとんど見かけないですね。でも、1200mm で、撮像できる対象なのですね。
私も写してみようかなぁ~。たぶん、淡すぎて写らないだろうけど…

No title

こんばんは、UTOさん
車輪らしく写っていますね。このような対象をどこで探してくるのですか。いつもながらUTOさんの造詣の深さには驚かされます。
撮影対象に加えようと思って調べたら赤緯-33度。残念ながら自分のところからでは撮影できません。

No title

てるさん、こんにちは~
ハッブルの写真は凄すぎですよね。国天の50cmの作例も昔から知っていたので、座標だけメモっておいて、撮るぞーと思っていて、幾星霜・・
暫くは遠征、お預けですから、こりゃ、撮っておかないと航海するぞーっと思って、撮影してみました (^^ゞ
でも、カシオペアAよりはアマチュアの作例はあったかもです (; ̄ー ̄川 アセアセ
銀河巡りというか、どちらかというと、個人的には、チャレンジ系の撮影に分類しているヤツでした (^^ゞ
アインシュタインクロスとか、カシオペアAとか・・
写せるかどうか判らないというのって、やっぱり興味を掻き立てられるんですよ。
たぶん、てるさんも、見えるかどうか判らない!という天体に惹かれる面があるんじゃないかなーと思いますが、同じニュアンスだと思います。
ぜひ、M15とM22の中の惑星状星雲、チャレンジしてみてください!!

No title

階段男さん、こんにちは~
どうもご無沙汰です。こちらは元気は元気ですが、体重が↑してやばいっす (^^ゞ
階段男さんの機材なら、十分いけると思いますよ。
冷却CCD ST2000XMは2014年現在から見てもいい機材・・(更新されたかしら・・?)
画素ピッチが適正なおかげで、万能性が高いですよね。
ST8E(NAGB)相当品を使っていた頃は、この感度じゃ・・と思っていましたが、KAF8300系よりは明らかに感度高いし。
ぜひ、階段男さんも狙ってみてください。案外、写ると思いますが、元データを見て諦めたら、そこで試合終了ですよ。
でも、今回は、元データの方が印象いいんだけどなぁ・・・
また、北陸の親分ともども、どこかでお会いしたいです。

No title

星羊翁さん、こんにちは~
うーん、星羊翁さんのところからは写せませんかー。残念。
NGC6822の最優秀、おめでとうございます。素晴らしい作品に脱帽ですよー。

マイナー銀河、基本的には、やっぱりハッブルの作品を見て、DSS画像を確認してピックアップするのですが、一応、今、リスト強化しているのが、ウィキペディアの特異銀河アトラスですね。
そこに挙げられている天体を、
http://stdatu.stsci.edu/cgi-bin/dss_form?target=Integral+Sign+Galaxy&resolver=SIMBAD
で、DSS画像を確認して、撮るべきか、どうか考えてリスト化し始めているところです。
星見庵さんだと同感していただけるかと思いますが、DSS画像って、自分が撮影した画像に近い写りな気がしますから・・・DSSで十分に写って無ければ自分のでも写せないだろうし、写っている天体なら、それが目標になります。
凄く良い指針だと感じています。

No title

いやー良く写ってますね。すばらしい! この写りからするとなかなか条件の良い日だったのではないでしょうか。今が撮り頃ですよね。低空まで晴れないかなぁ。私も撮りたいと思っている対象の1つです。

No title

g-logさん、こんにちは。
低空まで澄んでいて、しかも透明度が良い日ってそうはないですよね。
もともと、遠征できる日が限られてくるので、この日は低空狙いでしたが、
たまたまでしたが、いい日にあたってラッキーでした!
NGC1097も、なんとか撮影できたし・・心残りはNGC7293とNGC300、NGC613も撮りたかった・・って結構ありますね (゚▽゚;)
まぁ、また遠征に出られる様になったら、撮影したいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ