FC2ブログ

記事一覧

ビクセンカレンダー採用

すでに、ご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、来年のビクセンカレンダーに、採用して貰えました!(∩´∀`)∩ワーイ


フジ X-E1 デジタルカメラにて パチリ

ビクセンカレンダー、採用されたのは初めてです。
作年は、多分、気がついたら、〆切を過ぎていて、応募せず。一昨年は、ゲキチン。その前の年も送ってなくって、その前は、初めて応募してみたものの、やっぱりゲキチン・・(;゚Д゚)
採用作品を拝見すると、様々なジャンルから高いレベルの天体写真が選ばれているんだろうなぁーと感じました。
なんとか、採用していただけて良かったです。
ビクセンカレンダー採用作 ペガサス座の小宇宙 NGC7331 オライオン30cm反射望遠鏡 パラコア2 
SXVR-H694 冷却CCDカメラ 天竜の森にて

この作品、作年天竜の森で撮影したものです。天文ガイドに投稿したものの、撃沈 ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
でも、今回、無事、採用していただけて嬉しかったです。
考えてみると、天竜の森での撮影の入選率というか、打率は、相当高いです。
今年は、M20、再生作品でしたがM17、M8ナローバンド。作年はNGC253と、今回のこのNGC7331。
天竜の森で撮影して応募した作品で、最後までダメだった人はいないかも (◎-◎;)!!
あっ、NGC5907は、ダメだったか・・・(再生処理・投稿も無し)
でも、やっぱり、暗い空では、写りが良いですから、必然的に、良い結果に結びつきますね。
暫くの間は、なかなか出かけられそうもありませんが、機会があれば、またぜひ行きたいです。
暗い空だと、デジタル一眼レフカメラでも良く写るので、デジカメでも撮影を楽しみたいところ。
暫くはニワトリですが、SE赤道儀にも慣れる様にして、遠征のチャンスにきちんと成果を出せる様にもしておきたいと思います。

その前に、オライオンの再調整、EM-200赤道儀のニワトリ対策・・やることは沢山あるので、ぼちぼちとやっていこうと思っています。
とはいえ、オライオンの光軸はメゲるなぁ・・
どこかで考え違いをしているんだと思いますが、、、
暫くはスキルアップに力を注ぐことにしますか・・( ´Д`)=3
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

おめでとうございます。
今年はゲキチンでした。応募したはよいが〆切日を間違えていたような気がします。軽く凹んでます。
やっぱり天竜の森で撮ると違いますね。デジカメだと、あのくらい暗くないと淡い物狙いではダメな感じです。
金曜日は休みなので、しらびそへ行ってみようと思っています。

No title

GENTAさん、こんにちは~
僕も伊豆天城のM51は一緒に応募したのですが、撃沈でしたよ。
応募〆切日もあるかもですが、やはり、あの種の機材で採用されるにはよほど卓越した画像でないと無理かもですね!

天竜の森はやっぱり、写りが断然違ってきます。明るい天体なら、ともかく、淡い天体や、RGB画像の色ノリなど、段違いですから・・
また、都合がつく時には行きたいと思っています!!

No title

ビクセンカレンダー入選おめでとうございます。
天ガで落選してもカレンダー入選なら、こっちの方がいいですね。
だいたい、この画像が落選することが不思議ですよ!
しかし、やっぱり暗い空で撮った写真は違いますよね。その中でもシーイングが良くて安定している条件なら鬼に金棒という感じですね。

No title

入選おめでとうございます。
UTOさんの場合、自宅で撮ってもすごい作品なのに、天竜の森で撮れば鬼に金棒ですね!
ビクセンのカレンダーは、ビクセン製品で撮ったものでなくても大丈夫なんですね。企業としては、素晴らしい精神ですね。

No title

入選おめでとうございます。
幻想的な写真ですね、憧れます。

No title

ビクセンカレンダーへの採用、おめでとうございます。
1年でたった12作だけの採用は、ハードルが相当に高いと感じます。
天文雑誌総なめのUTOさんなら何度も入選していたと思っていましたが、初めてなのですね。
送られて来るカレンダーを楽しみにしています。

No title

ビクセンカレンダー入選おめでとうございます!
UTOさんが初めてとは意外でしたね~。

カレンダーはメジャー天体ばかりな気がしており、その中でも銀河は狭き門だったと思いますが、準メジャーな銀河での入選は流石ですね。公私ともにお忙しいと思いますが、たまには満点の星空もいいのではないでしょうか。

No title

UTOさんビクセンカレンダー入選おめでとうございます。
解像度高く鮮明な銀河ですね。ビクセンカレンダー今年は買おうと思います。

No title

モカのパパさん、こんにちは。
どうもありがとうございます。
言われてみて、ふと気がついたのですが、未発表作品(雑誌未採用作品)でなければ、ダメだったのかしら・・?とふと思ってしまいました。

ほんと、暗い空での作品は違いますね~
1枚画像の質が全く違うので、ニワトリでの画像を処理するのがますます億劫になってしまいます・・
でも、まぁ、暫くはニワトリで頑張ります (`・ω・´)ゞ

No title

blueberryさん、こんにちは~
天竜の森はやっぱりいいですね~!あれでもう少し、湿度が低ければ、とか、晴天率が高ければとか思ったりしますが、最近は、晴天も多いのかな?10年程前まで家老平に出かけた時は、一晩中晴れることはまずなく、CCD泣かせ(B画像だけ撮れないとか)でしたので、それで北遠まで足を伸ばすことがなくなったんですよね・・

ビクセンカレンダーは、ビクセン縛りが無いんですよね。仰る通り、赤道儀か望遠鏡はVixen製品で!とかあってもおかしくないですよね。
確かに、素晴らしい精神だと思います。そんなビクセンが大好きです。
最近は、NA140SSfとかAV103とか遊びココロがある製品が少ないのが残念ですが・・

No title

りぼんずさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。
幻想的とまで仰って頂いて、恐縮です。
でも、周囲に銀河があって、宇宙を感じさせてくれる対象ですよね~
そういえば、子供の頃に見た宇宙の本で、この天体も撮りたい対象の一つでした。

No title

こんばんは
おめでとうございます。
この記事を読む前から知っていました(笑)
流石ですね。まあ、UTOさんなら当然でしょうね。
でも、ビクセンカレンダーは初めてなんですか。
ちょっと意外でした。

ビクセンって、ビクセン機材を使わないと応募資格ないんでしたよね?
で、赤道儀でしょうか?

No title

採用おめでとうございます。
UTOさんをはじめhanaさんもですね。
他に面識がある方があと2名採用されていて凄いメンバーばかりですから激戦区だと毎年感じます。

No title

カレンダー採用おめでとうございます!NGC7331、銀河の渦巻きが魅力的ですね。私のVX8も光軸が狂いやすいのか接眼部がダメなのか星像が安定せず、なかなかのじゃじゃ馬です。何かいい方法ないですかね~(^^;

No title

ヨネヤンさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。
カレンダー作品となると、マイナー系はほとんど×でしょうから、実は、結構、僕にとってはハードルが高かったりします (; ̄ー ̄川 アセアセ
オライオンだと縦構図がまだ追尾・光軸が安定するのですが、カレンダーなら横構図でなければダメでしょうし・・(゚-゚;)ウーン
でも、今回、採用していただけて嬉しかったです!

No title

hanaさん、こんにちは~
どうもありがとうございます&採用おめでとうございます!!

カレンダー、採用作品のタイトルから見ると、本当に激戦区ですね。
天文雑誌応募なら、マイナー路線・ニッチ戦略でもなんとかなりますが、さすがに、カレンダーはそうもいきませんしねー・・
なんとか採用してもらえて良かったです。

そうですね、彗星が来たら、夜討ち朝駆けはするつもりですが、それ以外でも、たまには出かけさせて貰えたら・・とか思っています (^^ゞ

No title

のんたさん、こんにちは。
どうもありがとうございます~!
竜頭山にしては透明度イマイチな晩でしたが、系外銀河には十分過ぎる空で、シンチレーションも良かったみたいで、良い作品が出来ました。
やっぱり暗い空はいいなぁ・・

No title

タキさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。
いやー、僕の場合、マイナー路線ですから、カレンダー向きの写真って少ないのもあって(オライオンは縦構図で撮っているのもカレンダー的には×でしょうし)、初めての掲載でした。

ビクセンカレンダーは特に縛りが無いみたいですよ。
一番最初はビクセン製品の方が採用されやすいだろうと思って、VISACやNA140SSfの作品を出してみたんですが、ダメでしたね・・・

No title

NGCさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。
hanaさんも流石ですよね~
僕の場合、ホントマイナー系が多いので、なかなか厳しいのですが、採用されてよかったです!

No title

ひろしさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。
ひろしさんのVX-8もじゃじゃ馬ですかー。
なかなか難しい機体ですよね・・
お互い、頑張りましょう!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ