FC2ブログ

記事一覧

Tempel2

この前、ぼうら屋に出撃した際に、モヤの中から撮影したTempel2彗星です。
フィルタホィールのエラーで、カラー化に出来なかったのが残念ですが、
ダストトレイルもしっかりと写っています。


イプシロン200 ST8XME 10分×7コマ

これは、撮影時の状況を考えると楽勝の部類なのでは・・。
きっと、淡い星雲を描出することに長けているみなさんなら、デジカメでも写しちゃうんでしょうね~
ボクも、この次の新月期には、カラー画像でお見せできるようにしたいと思います。

え・・この流れで、この記事かよ!空気嫁って!? (^^;
惑星動画はまた後ほど~

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

次は4時間に亙る木星動画と思ったら、なんとテンペル彗星でしたか!
すっかり忘れてました。
モノクロでもこれだけ写ればご立派です。
木星も楽しみにしています。

No title

シュミットさん、こんにちは~
とりあえず、AKYでテンペル彗星です。いや、まあ、あえて読まない意味がまーったく無いですけどっ(^^;

木星動画、もーちょいお待ちを・・

No title

こんなにはっきり写るんですね。
彗星って撮影したことがないのですが、考えるだけでも難しそう。まず導入できそうにない、次にガイドするのは彗星本体をガイド星にする必要がありそう。それとも普通にガイドして、彗星に合わせでコンポジットするのかなぁ?
いつかはチャレンジしたいけど、ちょっとまだ出来そうにないです。

No title

Eagleさん、こんにちは。
彗星は、移動がそんなに早くなければ、3~5分程度の露出で繰り返し撮影して、コンポジット時に彗星核指定でokです。
今秋接近するハートレイ2の場合はかなりの移動速度になるので、核ガイドが欲しくなるとは思います(あと、高速移動天体に対してはワンショットカラーカメラが有利ですね)
彗星は独特なシアングリーンの色合いがとても綺麗で、変化していくテイルといい、とても面白いと思いますよ。ぜひ狙ってみてください。
ただ、イオンテイルは光害カットフィルターを併用するとほとんどカットしてしまいますから、光害地では厳しい天体でもありますね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ