FC2ブログ

記事一覧

星を見る集い

今年も、天体観望会、「星を見る集い」に参加してきました。
水曜日くらいの週間天気予報では、星空は期待できない感じでしたが、午後1時過ぎ頃に激しい雨が降ったものの、その後、急速にお天気は回復して、無事、星空観望を楽しんでいただくことができました (^◇^)


星を見る集い  フジ X-A1 デジタルカメラ XC16-50mm

星を見る集いは、星空観望会と演奏会という、ちょっとステキなコラボレーションです。
望遠鏡の準備が終わってから、少し、聞かせて頂きました。今年はサックス演奏とピアノの合奏でした。
アナ雪を演奏してましたヨ。

ところで、今日は月面Xの日。
じぇんじぇん、知らなかったので、Tリングを持ってこなかったのですが、とりあえず、スマホを望遠鏡に覗かせてパチリ!
月面X 銀次250 25cmニュートン式反射望遠鏡 SP32 コリメート法 Galaxy S4 デジタルカメラにてパチリ!

望遠鏡は遠天の惑星観測家、N中さんの銀次250です。アイピースは、スマホ内蔵デジカメで撮るには、自分のSP32が一番適任の様でしたので、付けさせてもらって、パチリ!
ニンジャS浦さんは流石に抜かりなく、直焦点でも撮影されていました。TリングはPENTAXのデジタル一眼レフカメラ用とのことで、借りてもXマウントには付かないね・・ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
まぁ、月面X。記録できただけでもヨシとしましょ。


星を見る集い フジ X-E1 Nikkor24mmF2.8開放にて

その後は、星空説明です。大勢の方々が、星空解説に耳を傾けています。でも、今年はちょっと少なめかなぁ・・?
左にあるのは、18cmマクストフカセ。双眼鏡は、ボクが持ってきたNikonのものです。
この時はすばるを入れていましたが、双眼鏡でも、月のクレーターなら、簡単に見えますよ・・というのを呈示したいなーっと思って、後から月に変えました。

星を見る集い フジ X-E1 Nikkor24mmF2.8にて

今回のお題は、ペルセウス座の二重星団!
手慣れた天体ということもあって、解説は楽でした。多くの人に、二重星団を楽しんで頂けたんじゃないかなーと思いマス。



双眼鏡は、月面を入れましたが、さすがに、2台を1人で説明するのは大変でした・・ってか、ちと無理でした。
途中、双眼鏡の方は、人が途切れることも・・ ( ̄ヘ ̄;)ウーン
でも、見て頂いた方々には、小さな双眼鏡でも、月面はかなり楽しめるということは、判って頂けたんじゃないかなーと・・ (^^ゞ


今回も、大勢の方々に、星空を楽しんで頂けました。
良いお天気だったしね!
20時半には、観望会終了~
概ね1時間程度なので、あっという間に感じました。
でも、それくらいの方が、飽きも来ず、良いのかもしれませんね!

また来年も都合がつけば、ぜひ参加したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

星を見る集いは、お疲れさまでした。
夕方に用事があって参加出来ませんでした。大雨の時間帯には寝ていたので体調が良くなって、21時頃着で天竜の森に行って来ました。
トラブルがあって予定通りとは行きませんでしたが起きて確認した所では坊主回避は出来そうです。
今日はN中さん、タシロ大佐、yamatomoさんと観測所予定地の視察に行って来ます。

No title

GENTAさん,こんばんわ。
体調が回復された様でなによりです。撮影結果、楽しみにしています。
観測所予定地見学も楽しそうですね。
実現すると、最高ですねー。

No title

観望会、お疲れ様でした。
いいですねぇ~観望会。大好きです。
望遠鏡に近くにランタンみたいなものが置いてありますが、
観望会用に用意したのですか?
えっと、月は勿論、どんな天体を見せてあげたのでしょうか?
川崎と違って結構見えたのではないでしょうか?

No title

> タキさん、こんばんわ~
天体写真撮影もいいけれど、やっぱり、こういう賑やかなのも楽しいです。
ランタンというか、写真ではトンでしまいましたが、ここに観望する星の名前が書いてあるんですよ。
ボクは、たいてい、二重星団の役です (^^ゞ
一応、傍らにおいた双眼鏡では月を入れて、小さい双眼鏡でも月は良く見えるんですよーっと説明したかったんですが、やっぱ、2台の説明は無理でした・・
でも、双眼鏡の方も大勢の方が覗いて、感激してくれていたので良かったです。
小さい双眼鏡でもクレーターくっきり。このギャップが良かったみたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ