FC2ブログ

記事一覧

天体観測日誌 12/18

すっかりと寒くなりましたね・・
さて、先週の木曜日、とても良く晴れていたので、ニワトリですが、撮影しました。

庭ニワトリ体勢! フジ X-E1 デジタルカメラ XC16-50mmにてパチリ

ちょうど仕事も一段落したこともあって、ベルサッサで帰宅。
しかし、2台組み立て、ともなると、やっぱり、いろいろと時間がかかります。
17時半くらいから望遠鏡の準備を始めたのですが・・・撮影開始は、20時半になってしまっていました。
おまけに、この日はものすごく寒く、最初はいつもどおり、ジャンパー1枚羽織って撮影準備を始めたのですが、あまりの寒さで、手がかじかんでしまったり、防寒対策の甘さもありました。
さすがに、途中から、遠征用のスキーウエアをちゃんと着て作業しました。寒いといっても、外気温は1℃くらいですので、ちゃんと着こめば、大丈夫 (*^^)v

それでも、1台から撮影開始すれば良かったのですが、撮りたい天体がイマイチ思い浮かばなかったこともあって、結局、2台を組み立ててから・・とか考えてしまったのも、時間がかかった要因でした。
とはいえ、早い時間帯だと、ニワトリだと隣家の灯りも気になりますしね・・

それにしても、せっかく、苦労して準備したのですが・・・

くらげ星雲 イプシロン200 アストログラフ望遠鏡 ST10XME 冷却CCDカメラ ・・・・ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
いきなり、1枚目から、ガイドエラーでしたよ・・・orz
うぅ、最初の1枚目くらい、普段はしっかりと確認してから室内に戻るのですが・・・2時まで放置していたので、メゲました・・・マジで・・
くらげ星雲は、イプシロン200とST10XMEでちょうど良い画角になりそうなのですが、どうにもこうにも相性が悪い。この冬に撮りたい天体No1なのですが、これで、失敗は2回目・・・(;´д`)トホホ…
なんか、素直に撮らせて貰えないナァ・・・・( ´Д`)=3

イプシロン200は、オライオン30cm反射望遠鏡よりも重量があるのもあって、少々ガタがあるアトラクスでは苦しいのかもしれません・・ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

目覚まし時計をセットしての撮影でしたが、寒さのせいか、トシのせいか?相当疲れてしまって、土日まで引きずってしまいました・・orz
オライオン30cmも、光軸がピリッとせずに、相変わらず悩み中デス・・・
斜鏡の位置なのかなァ・・・

光軸調整中  Canon PowerShot G9 コンパクトデジタルカメラにてパチリ

日曜日に、一応、調整しておきましたが・・・・んー・・でも、まだしっくりとこない・・
本当は、昨晩、GPV気象予報では、晴れだったので、テストしておけば良かったんですけどね。
仕事が忙しくて帰宅が遅くなったのと、イマイチ、すっきりしない空、風も強い・・という状況でしたので、パスりました。
明日は、晴れてくれそうなので、オライオンのテストはしたいかなー・・
ただ、木曜日は、天体観望会のお手伝いがあるので、EM-200は車に搬入しておかないと・・
アトラクス側に搭載しての撮影となりそうです。

光軸といえば、イプシロン200側も、回折像による光条が2つに割れています。
どうも、斜鏡スパイダーを強く締めすぎていたみたいで、ちょっとたわんで角度がズレてたみたい・・
馬頭星雲 フジ X-E1 デジタルカメラ (未改造) イプシロン200反射望遠鏡 7分×15コマ LPS-P2使用
ニワトリ

APS-Cサイズのデジタルカメラで周辺像を見る限り、光軸自体は、そんなに悪くない・・?
スパイダーだけ、調整すれば良かったのですが、光軸もいぢってしまったところ、悪化した感じが・・ズガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
う、うーん・・何か、考え違いしているのかなぁ・・
絶賛、光軸で悩み中デス・・・

それにしても、X-E1のHα天体の写りはなかなかのものです。もちろん、赤外カット改造したデジタル一眼レフカメラには及びませんが・・
LPS-P2は、補正レンズの前に置いているのですが、ゴーストがひどい・・
おまけに、この時に、入れたのをすっかりと忘れていて、冷却CCDカメラで使用したら、ゴーストも盛大に出てしまいました・・・( ´Д`)=3
ほんと、何やってるんだか・・・┐('~`;)┌

そんな感じで、ここ最近、成果0なんですよね、、(;´д`)トホホ…
まぁ、なにがしかは撮れているので、釣果0ではないですが・・

それにしても、X-E1は、S/Nが良いこともあって、耐光害適正がとても高いと感じます。
透明度の高さに救われた面はありますが、自宅庭で、ここまで写れば、御の字です。
ただ、その一方で、やっぱり、自宅からじゃ、淡い部分の描写に関してはかなーり苦しいと感じました。
かなり善戦しているとは思いますが・・・でも、ちっと無理させすぎてますね・・
遠征で暗い空の下では、相当写るんじゃないかなー・・

前にも書いたかもしれませんが、X-E1は、待望の超高感度カラーカメラです。
今回は、いつもどおり、SilkyPixで現像で、ダーク減算していませんが、R-Stacker等で、ダーク減算するフローを検討した方が良いかも?
望遠鏡の調整が上手くいけば、ですが、そのうち、オライオン30cmに取り付けて撮ってみたいなぁー
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは
ちょいとお久しぶりです。
ゴーストやら光条が2つに割れてるとか問題はありますが、
ここまでニワトリで写るとはXE-1はかなりの実力ですね。
UTOさんの成果を以前から拝見してXE-1をヤフオクで狙っていたのですが、
なかなか落札価格下がらないですねぇ~
天体に限らずXE-1の実力を感じている人が多いのでしょう~

No title

> タキさん、すみません、コメント見落としていましたm(__)m
X-E1、これまで使ってきたデジタルカメラとは明らかに違います!
高感度に強いというか、S/Nがすごくいい!!
かなり高QEだと思いますよ、X-Trance。

X-E1はフォーカスピーキングもあって、X-Tranceの切れ味というか素材製を活かした画質ですから、オールドレンズの母艦にも向いているのでしょうね。
個人的にも、MicroNikkorとかで撮ってますし、、^^;

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ