FC2ブログ

記事一覧

天文ガイド2月号入選

今月の天文ガイドの月例フォトコンテストになんとか拾って貰えました。

天体観測要素が強かったので、
観測の部を見て、掲載されてなかった時は、ちょっと愕然としてしまいましたが、デジタルの部の一番最後にあって、ほっとしました。ε-(´∀`*)ホッ
無事、拾って頂けて良かったです。
天文ガイド2月号 入選作 ペルセウスA  オライオン30cm反射望遠鏡 パラコア2 SXVR-H694 冷却CCD

赤方偏移、レッドシフトを考慮した撮影は、アマチュアでは、少なくとも、国内ではまず皆無だったと思いますので、採用されて嬉しい限りです。
こういうフィルターワークは、改造デジタル一眼レフカメラには無い、モノクロ冷却CCDカメラならではの、強みですね!

ペルセウスAは楕円銀河渦巻き銀河が衝突しており、Hα単色像では吹き出したジェットの様子を写し撮れます。ただし、遠方の銀河であるため、Hα線は、赤方偏移Z=0.017559 と(Z=λ/λ0-1)の式より、668.8nmにシフトしています。そこで、昔に購入したSchuler社の半値幅10nmのSⅡフィルタを使い、ジェットを捉えました。悪天候などで2年がかりの撮像になってしまいましたが・・・
無事、採用していただけて嬉しい限りでした。


天文ガイドには、ASC-11 DeepStriker シュミットカセグレン望遠鏡によるNGC891も送っていましたが、こちらは見事に、競合してゲキチン。
うーん、、誌面からだとさすがに判りませんが、選者のコメントを見る限りでも、明らかに構造描写で負けていたのでしょうから、ショックー・・ ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

ショックといえば、個人的には645Z 中判デジタル一眼レフデジタルカメラによるアンドロメダ大星雲が衝撃的でした。
もっと大きな写真で見たいところでしたが・・・
実は、645Zでの入選は、ぜひとも、伊豆天城天文台で実現して欲しかったんですよね・・
それができる機材と環境が整っていましたので・・
要望はしてたんですけどね・・
ただ、645Zの方はオーナーが興味が無かった様で、導入していただけず・・
より高価な冷却CCDカメラを導入された様ですが、話題性に欠けますからね。断然645Zだったのになぁ・・
正直、ちょっと悔しいところですが、まぁ、自分の機材ではないですしね、しょうがないですね。
でも、なんだか、あ~あ。って思っちゃったヨ。

星ナビ 撃沈作 冬の子持ち銀河

星ナビは見事に撃沈でした。系外銀河枠が無かったので仕方ないかな、という面もありますが・・
素晴らしい散光星雲と星景写真の数々に見事に撃沈。
それにしても、NGC1532は入選しないなー・・・5年程前に、ε200+SXV-H9で撮影した作品も撃沈喰らったし・・
派手な天体が多い季節ですから、時期的な問題もあるかとは思いますが・・・・

カラー冷却CCDカメラによる かに星雲 MT160反射望遠鏡 SXV-H9C カラー冷却CCDカメラにて

こちらも、一応、応募はしたのですが、まぁ、さすがにこちらは覚悟の上、ですね。カラー冷却CCDカメラも面白いのですが、画素数でデジタルカメラに及ばず、メリハリや色彩で、モノクロ冷却CCDカメラに及ばず・・といったところでしょうか。
なかなか、ムツカシイ機材かも・・・です。
とはいえ、メリハリは、ボクの画像処理の悪さもあるでしょうね、、(´・ω・`)ショボーン

雑誌を見て、一番衝撃を受けたのは先に書いた様に、645Zによるアンドロメダ大星雲でしたが、まほろばさんも見事に、2誌入選!特に、ダック星雲は良かったなあ。
sora-canさんも、IC1613で入選でした!同じページに掲載されて嬉しい限りです!
ローカルグループ(局部銀河群)を撮影したsora-canさんと対比しての掲載で、sora-canさんが応募してなかったら、撃沈だったのかも・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
sora-canさんの作品と比べると掲載が小さい誌面でも雑さが感じられてしまうので、もうちょっとなんとかせねば・・
ぴんたんさんの洞窟星雲も見事な作品でしたが、カラーシフト法の説明が不足している点を指摘されているように感じられました。作品としては美しいので、掲載されているワケで(こちとら撃沈だい ^^;)、Hα一辺倒にならない様にしているという説明がコメントで添えてあれば、良かったんじゃないかなーと感じました。
よっちゃんも、流石、2誌入選ですね。
あと印象に残った作品は、選者にはややコントラストが高いと書かれていましたが、Vdb142、個人的には誌面で見る限りはメリハリが効いていて凄く良い印象なんだけどなぁ・・
最優秀作品もすごいですね。ノータッチガイドで仕留めているのもすごいですが・・・
ノータッチガイド撮影=お手軽=手抜き ではないことを見事なまでに証明していて、とても意欲的な作品と感じました。
意欲的といえば、なおじゅさんも星景で入選されていて、凄いなぁと感心してしまいました。
入選されたみなさん、おめでとうございます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

入選おめでとうございます。フィルターワークによる面白さをしっかり表現されていてさすがです。
NGC1532は、構造の複雑さが私は好きなんですが、やっぱり系外って難しいんですね。

No title

天ガ入選、おめでとうございます。
私こそ、UTOさんに救われました。
UTOさんは、単なる撮影ではなく、このように、観点を明確にした作品を産み出しているのが凄い事ですね。ちなみに、画像その物もディティールが良く出ていて素晴らしいです。

No title

入選おめでとうございました。
このペルセウスAはMlで見た時から採用されると思いました。フィルターの特性を考えた作品だったのですね。かなり試写したりしたのが伺えます。

No title

天文ガイド入選おめでとうございます。
UTOさんならではの切り口で、こういう銀河は完全に独壇場ですね。
私の星ナビの洞窟は入選しながらダメ出しを喰らってました。
SAOですとHαが緑になるところを画像処理でオレンジにシフト、SIIをマゼンタにシフトしているだけなのですが、どうも説明不足だったようです。次回投稿時に説明しとかなくては。

No title

天文ガイド入選、おめでとうございます。今年も快進撃開始ですね。
この手の観測分野の画像、アマチュアではUTOの独壇場ですね。
プロ顔負けの素晴らしい作品だと感じます。
美しさを競うコンテストとは一線を画す分野、最優秀とは別に、特別賞の新設が欲しいですね。
その様な賞があれば、張り切る方も多いと感じます。

No title

天文ガイド入選おめでとうございます。
対象も撮影方法もUTOさんならではと言った感じですね。銀河も撮影してみたいとは思いますが、とても真似できるレベルではありません。
今月の最優秀作品、撮影方法も作品も実に興味をそそられました。

No title

天文ガイド入選おめでとうございます。UTOさんの撮影へのアプローチは、「美」のほかに「科学」という側面を、独自の路線で追及されていて刺激になります。

No title

入選おめでとうございます!少しペースが落ちるのかと思ったら、今年もこのペースで行かれるのですね。さすがです。NGC1532や2207もしっかりとらえられているのでしょうが、特に1532なんかは、思い切って淡い部分も強調しまくった方が選者の目にはとまるんじゃ無いでしょうか(採用されるかどうかは…(^^;;

No title

> ☆シュミット☆さん,こんばんわ。
赤方偏移は宇宙論ではよく扱われる言葉なので、もし興味がありましたら、調べてみてください。
冬の子持ち星雲は残念でした。結構自信作だったんだけどなぁー。
今年は、自宅ニワトリと決めているので、どこまで頑張れるかはわかりませんが、撮りたい天体を狙っていくつもりでいますので、お楽しみに!?
でも、やっぱりオライオン不在はちょっと厳しいっす・・・

No title

> Orcaさん、こんばんわ。
いやー、どうもありがとうございます!
ボクにとって、最高の褒め言葉ですよ~!嬉しいなぁ。
そうなんですよね、おとなりのおとめ座銀河団でさえ、半値幅が6nmのアストロ丼だと、もう透過波長範囲を外れてしまいます・・

やっぱり派手目な天体が多いので、銀河の季節ではないんでしょうねぇ。
個人的にはどちらも面白い天体なのですがー・・_| ̄|○ il||li
NGC1532は低空ということもあり、短めの焦点でも同等の写りになると思いますので、ぜひ、FSQで狙ってみてください!

No title

こんばんは
天文ガイド入選おめでとうございます。
流石ですねぇ~ううん、さすが
先日教わった技も要所要所で使われているんだなぁ~とシゲシゲとそういう目で写真を拝見しました。
あれから復習しているのですが、なかなか

素材として遠征してこなきゃ
いきなりニワトリは難しそうです。
しかし、UTOさんの系外銀河は本当に素晴らしいです。

No title

入選おめでとうございます!こういう深遠は見えていてワクワクします(^o^) やはり普通のHαフィルターだとモヤモヤは全く映らないんですかね? 冬の子持ち銀河も素晴らしいです!

No title

> いーぐるさん、こんばんわ。
フィルターワーク、面白いですよ~
狙い通りの画ができると嬉しくなってきます。
NGC1532はボクも面白いと思っているのですが、時期が時期だけに、なかなか厳しいようです・・(´・ω・`)

No title

> sora-canさん、こんばんわ。
いや、それがですね、実は、3年ほど前にもST8XMEで同じネタ出していたんですが、見事にゲキチンだったんですよぉ・・
今回はほんと、sora-canさんとセットだった気がします。

撮りたいのが、天文台画像のダウンサイジングということもあって、結構、HSTとかすばる画像も見てるんですよ。
でも、歴然とした差を感じることが多いですケド・・・

L画像のディテールはよく出てくれたんですが、RGBがもう一歩かな・・
この辺り、若干、ニワトリの限界を感じてしまいます。

No title

> GENTAヽ(^o^)丿さん、ありがとうございます!
超マニアックネタですが、こういうネタものは得意です ^^;
でも、完成度の低さが課題ですねぇ・・・
星像についてはみなさんからも指摘を受けて、改善は試みたのですが、これがやっとでした・・
でも、何もしないままだったら、また落選だったかも。
今年も、いろいろとよろしくお願い致します。

No title

> ぴんたんさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます&入選おめでとうございます!!
素晴らしい作品だっただけに、評がちょっと悔しいとボクまで思ってしまいました。
ぜひ、次はしっかりと認識していただいて、正しい評価をして貰いましょう!!
遅くなりましたが、今年もよろしくお願い致します。

No title

> ヨネヤンさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます~
ニワトリにはニワトリの戦い方がある!!と、思って取り組んでいるのですが、やっぱりちょっぴり厳しい面があるのは否めないかなぁー・・
いずれにしても、オライオンあってのニワトリでしたので、まずは、そこが今後の課題でもありますが・・・

昔は、努力賞などもありましたが、今はどうなんでしょうね。
綺麗な天体写真は、当たり前になってしまったので、確かに意欲作にはなんらかの報われる形がほしいですよね。
個人的には、観測の部の他に、ノーマルデジカメの優遇(天文普及の為にも)や、縮小コリメート、超高感度短時間露光多数枚コンポジットなどの意欲作をもっと取り上げてほしいと思っています。

No title

> RUKUさん,こんばんわ。
どうもありがとうございます&入選おめでとうございます!!
35mmレンズの見事な作品でしたねー!

長焦点も面白いですよ。ぜひ、機会がありましたら、チャレンジしてください!!

No title

> こもロハスさん、こんばんわ。
そうですね、基本的には、子供の頃に憧れたパロマ天文台の作品をイメージしていますが、最近では、すばる望遠鏡やHSTのダウンサイジングというイメージでやりたいなぁー・・なんて思ったりしています ^^;
さすがに、自分で撮ってみると、改めて、大望遠鏡の威力を痛感させられるのですが・・・こうして少しでも評価していただけると嬉しくなりますね。

No title

> 玄さん、こんばんわ~
いやぁ、オライオンも轟沈してしまったし、今年はやっぱりペースダウンは否めないですよー。
ミルクをあげてると、ボクまで眠くなってしまいますからねー・・

でも、やっぱり、出来る限りは頑張りたいなぁーと思っています。
オライオン抜きで、何をどう撮影していくかが、また悩ましいところですが、やっぱり気分一新で、少しデジカメ撮影にきちんと取り組んでみようかな、と思ったり、自宅からではキビシイかなぁーと思ったり・・ちょっとまだ方針が固まってないデス・・( ̄ヘ ̄;)ウーン
改めて、冷却CCDってスゴイなー・・と感じてる面もありまして・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ