FC2ブログ

記事一覧

復活への前奏曲!

破損させてしまった、オライオン30cm反射望遠鏡ですが、どうするか、いろいろいと検討しました。
ロンキーさんからは、お手持ちのSE250 25cm反射望遠鏡を破格で譲るよ、と仰っていただいたこともあり、心がぐーらぐら。
電動フォーカサーは欲しいけれど、国際光器のKHMだと割安・・・
30cmF4のミラーを笠井で買うよりは・・?などなど、悩みもしましたが・・・

過去の自分で撮った写真、とりわけ、20cmクラスのVISACや22cmのJSOのシュミットカセグレンの写真や、さらには元データから処理し直してみたのですが・・
やっぱり、30cmF4っていうのは破壊力があるなぁ・・と。改めて痛感。
う・・ん。25cmF4.8なら、手持ちのASC-11シュミットカセグレン望遠鏡のフル活用でも良い気もしますしね、、、
なんだかんだで、心はもう決まっていたというのもあって、ハセさんのところでミラーが×と判った、翌日、1/11には笠井トレーディングに、30cmF4のミラーの発注をかけました。

1/13振込、1/15ミラー着。早い!
1/16にロンキーさんよりセルもダメ!!と連絡を受け、そのままスマホで即座に、代引きでセルも発注!
1/17PMに主鏡セル到着。翌18日に焼津再訪となりました。
主鏡セルは、切削する予定だったが、保持するフローテーションの部分が取り外しできた
為、保持部分のみ入れ替え。
光軸調整もロンキーさんが行ってくれて、個人的な感想ではバッチリではないかと(偏心斜鏡なので、これではダメらしいが・・)
予定よりも早く済んで助かった。
これで、一応、一連の作業は完了。

重量はミラー分、増えたが、それでも、未だイプシロン200よりは軽いと思われる。
EM-200搭載は問題ないだろうという感触です。

ミラーは、旧ミラーは実測で4kg。
笠井ミラーはそれより重たい(推定5kg)厚みは、旧28mm⇒33mmと5mm増えた。
この+5mm分は、そのまま接眼部繰り出し量に直結してしまいます。
旧ミラーの焦点距離が、もし1185mmだったとすると、トータルで20mmの引き出し量増加と
なります・・
ボクのオライオン30cm、星ナビ誌にCT-12だったか、カーボン鏡筒の名称で書かれたことがあったので、当時、調べて、VX300-Sだろうとあたりをつけたのですが、どうも、さらにその前身のもので、焦点距離1185mmF3.95だったみたいなんですよね・・
⇒実際に、パラコア2のピントがかなり外で結ぶ様になってしまいました・・・たわみが心配。

その頃のオライオンは、超軽量がウリで、例えば、25cmなどは、スーパーポラリス赤道儀に搭載した例があったりしたものです。
これって、でも、かなり大事ですよね。

天体写真撮影の点から見てしまうからかもしれませんが、SkyWatcherの30cmF5などは重たくって、ベネフィットがどの辺りにあるか、イマイチ、ピンとこない・・
あの重さが載る高価な赤道儀を持っている人だったら、他の機材を選ぶ様な・・
いや、まぁ、価格は魅力的ですから、そこに価値はありますが。

話が逸れました。
こうして、主鏡・主鏡セル共に入れ替えることで、オライオンはリジェネレーションさせました!(^O^)
まぁ、筒はそのまんま変わってませんが・・・

重量増になった分、EM-200では少々、苦しい感はありましたが、なんとか、撮影も問題ないことを、やっと先日、確かめられました。
もっとも、1/21は強風でほぼ全滅状態です。翌1/22も風はありましたが、なんとか・・
子持ち星雲 M51テスト画像 再生オライオン 30cmF4反射望遠鏡 パラコア2仕様
EM-200赤道儀 SXVR-H694 冷却CCDカメラ

従来機に比べると、やっぱり、ちょっとクセが変わってきています。
具体的には、ピントかなぁ・・回折像で判断していたのですが、新ミラーだとちょっと回折だけでは精度不足になるような、そうでもないような・・
前ミラーより、鈍感になっている感じもするので、むしろいい事かも・・?
F3.95とF4の違い・・?えー (;゚Д゚)
まだまだ、実戦経験不足ですのではっきり判らないですが・・・

重量が増した分、EM-200では不安定になって、より風には弱くなった印象です。
まぁ・・これはもともと、という面もありますが・・・
ニワトリEM-200での運用で問題が無いことが確かめられたのは良かった。
復旧(まぁ、新生ですが)まで、約一月。この間撮れなかった分、
システム開放、攻撃開始!
って感じです。
さ~、撮るぞ~!!

あとは、ミラー換装して、やはり反射率Upで写りが若干良いかな?という印象です。
まぁ、月夜でしたが、透明度が抜群でしたので、そちらの方が大きいかな?

まだまだちょっとばかりクセをつかむまでいろいろと悩まされそうです・・。
でも、オライオンも復旧し、やっと一段落。
あとは、作品として成り立つ様な写真を撮りたいですね~!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

復活おめでとうございます。
これから完成度を高めていくのも楽しみですね。
銀河シーズンに間に合ったので、作品量産も楽しみです。
ニワトリ時の風除けには農家が使っている防風シートを設置すると良いかもしれません。西側だけでも設置してみてはどうでしょう。人手が欲しいようなら手伝いますので連絡ください。

No title

復活早っ!(^^;
やっぱり30cmF4の威力は手放せないんですね。KASAIの鏡は気になる所なので、色々比較評価お願いします…っても買えるわけないんですが…
とりあえずはSky Watcherの25cmF4でしょうか。これなら15kgでギリギリってとこかなー。
外された鏡の行方が少し気になります。やはりドブソン化します?

No title

復活?おめでとうございます。
これでニワトリ再開ですね。
重量の増加と接眼部の繰り出し量を気にされているようですので、鏡筒をカーボンにつくり替えるもありですね。

No title

最優秀賞ですね。おめでとうございます。

No title

最優秀賞おめでとうございます・・しかし遺作になってしまった感がありますね。こういうのを見るとやっぱり長焦点がいいなあと思ってしまいます。最近TSの25cmF5カーボン鏡筒がほしくなっています。
復活した後は”自作30cmF4”になるのでしょうかね??

No title

> エムティさん、おはようございます。
ほんと、そうですね。30cmの世界を知ってしまうと、やっぱり、ちょっと後戻りはできません (^^ゞ
ただ、重量増はともかくとして、接眼部繰り出し量が長くなってしまったので、案の定、カメラ自重によるたわみに悩まされています・・。

No title

> GENTAヽ(^o^)丿さん、おはようございます。
銀河Seasonにはなんとか間に合いましたが、暫くはいろいろと悩まされそうです。
シャープネスには欠けますが、どうも、MPCCでチャレンジした方が良いかも・・という感じ。暫くはあーでもない、こーでもないといろいろとテストになりそ、、
なるほど、防風シートですか!ちょっと調べてみようかなぁ・・
でも、きっと、嫁はんから却下されそうな予感・・

No title

> 玄さん、おはようございます。
やっぱり、30cmF4は破壊力がありましたからねー。
笠井のミラー、惑星はまだ見てないのですが、低倍率/撮影で使った限りではなかなか良いですよ。
元のミラーにも劣らない印象ですが、惑星を撮ったらもっとはっきりしそうです。
SkyWatcherの25cmF4は15kgですか。多分、ボクの今のオライオンも同じ位だと思いますので、EM-200に搭載は可能ですよ。

No title

> yam*to*o011*さん、おはようございます。
ニワトリも再開できましたが、やっぱり、接眼部の繰り出し量増加で、たわみが気になります・・
カーボン筒に作り替え。いずれは考えてみようかなぁ・・( ̄ヘ ̄;)ウーン

No title

> 元栗畑の住人さん、おはようございます。
ありがとうございます~
旧オライオンの良い記念になりました。
新生オライオンだともー暫く苦労しそうです、、、(´・ω・`)ショボーン

No title

> tez*024さん、どうもありがとうございます。
ほんと、遺作になってしまった感じがありますね。
旧オライオンによる作品はあと1作残っているので、こちらも拾ってもらえると嬉しいですが・・・
長焦点、面白いですよ。撮れる天体が沢山ありますし、迫力も増してきます。
TSの25cmカーボン筒ですか!ボクも、hanaさんが30cmを紹介してくれた時に、ぐらぐらきましたよ。
円高状態だったら、間違いなく、ポチってたと思います (^^ゞ

No title

> 玄さん、書き忘れました。
旧ミラーは、残念ながら、フーコーで見ても、相当絞らないと使い物にならなさそうでしたので、そのまま破棄でした (TдT)

No title

やはりスケールダウンはしたくないですよね。解像度的には日本の空では25cm以上の鏡筒が能力を発揮する機会は少ないだろうと思って、私は25cmを買いました。そこは間違っていないなと思いますが、もっと光量が欲しい! 私もいつかは口径アップをしたいです。

No title

最優秀おめでとうございます。ってか復活、早っ!
見事だな。しかし小僧、自分の力で勝ったのではないぞ。そのモビルスーツの性能
^h^h嫁の理解のおかげだという事を忘れるな!

でも風除けぐらいは理解してもらえるように工作活動すべき。大口径で性能出せないのは
シンチレーションより、風の影響の方が大きいと思うので。

No title

復活おめでとうございます。主鏡+セルだけ交換でうまく行きそうで良かったですね。試写の写真も良さげです。また入選量産できますね。

No title

> g-logさん、こんばんわ。
そうなんですよ、いろいろと悩みましたが、結局、30cm再生路線で落ち着きました。
本音で言えば、分解能ではタシロ大佐のMT250に及んでないんので、g-logさんが仰る通り、国内では25cmがBestなのかもしれません。
ただ、光量は稼げる面もあって、なかなか悩ましいところですよね。
さすがにこれ以上の口径は無理ですが、GoToDob使えばラッキーイメージングで40cmまでは・・と妄想したりもしています。
まぁ、まずは、CMOSカメラの使いこなしが最優先ですが・・・今年・来年あたりで、その辺りの検討も進められればいいなぁー・・

No title

> kobe1995さん、こんばんわ。
TSの性能が戦力の絶対的な差であることを教えてやる!!
って、あれ?何かチガウ・・・ (^^ゞ
でも、やっぱり、30cmの威力は絶大ですね!
風避け、うーん、でも、結構、ウチだとムツカシイかも・・。
ビミョーに庭が広めなのと駐車場を兼ねているので、、、
家の建て替え時にはちょっと一考しようとは思います。

No title

> のんたさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます。
なんとか、再生まではこぎつけましたが、この時は良かったのですが、やっぱり、接眼部のたわみによる片ボケが大問題となりそうです。
MPCCに替えることで、解決はしそうですが、焦点距離も落としたくないななぁー・・
運用面でカバーできるかどうかが、次の課題ですね。
入選量産となるまではもー暫くかかりそうです。
あとニワトリで、果たしてどこまで戦えるか・・・というのもありますが・・・

No title

スターライトインスツルメント社製のフェザータッチフォーカサーは評判よさそうですね。

私はタカハシの汎用ラックピニオン接眼部に変えています。ドローチューブ端面から焦点までのバックフォーカス165mmで問題なく使えてますよ。

オライオン純正の接眼部はちょっと弱いと思いました。

No title

> やまちゃんさん,こんばんわ~
オライオンの接眼部は、JMIのMotoフォーカサーに北陸の親分が換装してくれているのですが、接眼部繰り出し量が多いので、ちょっと苦しいみたい・・
タカハシ接眼部は頑丈でいいですよね!
うーん、、、この辺りも、ちょっとロンキーさんと相談してみようかなぁ・・(自分でやるのはちょっと・・ ^^;)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ