FC2ブログ

記事一覧

ラブジョイ彗星祭り

さて、先月はいろいろと忙しくて、更新がすっかりとおざなりになってしまいました。
巷で話題のラブジョイ彗星ですが、もちろん、撮影はしていました。

ラブジョイ彗星のイオンテイルの変化 1/8

1月8日は特にイオンテイルの変化が大きく、彗星のイオンテイルを観測できました。
ちょっと動画が雑ですが・・・ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
もう少し、背景補正を丁寧にするといいのですが・・
さすがに自宅撮影だと、いろいろと苦労しますね、、、、
自宅からだと光害の影響も大きいため、彗星の尾はやっぱりちょっと苦しいですね。


対彗星ニワトリシステム オリンパスE-620 デジタル一眼レフカメラにてぱちり

こちらが対彗星撮影システムです。
メインは、Canon NewFD300mmF2.8L 蛍石望遠レンズです。こちらに、光害用として、ST10XME冷却CCDカメラを組み合わせています。
ガイド鏡は、ビクセンのガイドスコープ60S望遠鏡です。
この望遠鏡はガイドマウント・・と、いうか、微動装置が一体化しており、とても使いやすいです。
強度不足という点は否めないものの、短焦点の望遠レンズ程度ならば、問題はありません。
レンズは口径6cmF7の短焦点アクロマートレンズですが、どうしてどうして。ジフラクションリングも見える立派なものです。
ガイド鏡といえども、極限等級の面で、EDアポクロマートであるに越したことはありません。
笠井トレーディングで販売されている7cmEDアポレンズが、ちょうど焦点距離も一緒なので、換装を考えた時期もありましたが・・・結局、実施はしていません。
使用頻度を考えるとちょっと悩むところなんですよね。
ガイドカメラは、今回、彗星核追尾を行う為、センササイズが大きいSXV-H9Cをガイドカメラとしています。
さらに、彗星のイオンテイルの分子発光を強調する為、IDAS/KT CometFilterを使用しています。
このフィルターは、厚みがIDAS LRGBフィルターと同厚ということもあり、使い勝手が非常に良いのですが、なかなか使用の機会がなかったのですが、2005年のマックホルツ彗星来、久々に運用の機会に恵まれました。
ただ、フィルターを清掃した際にキズを付けてしまったみたいで・・ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
ほぼ真ん中付近にキズが・・(´;ω;`)
ま、まぁ、なんとか実用になりそうなので、いいといえばいいのですが・・
フラットを難しくしている要因でもあるんだよなぁ・・


1/11は分岐した複雑なイオンテイルが見られました。

その様子は、翌日には、より顕著になり、分岐したイオンテイルが見事です。 
それにしても、これほどまでに見事な彗星は本当に久しぶりですね!


1/13は透明度にも恵まれ、やっとイオンテイルの青色が出てくれましたが・・・
やはり自宅庭からだと、イオンテイルの色を出すのは苦しいですね。
IDAS/KTコメットフィルターのおかげで描写だけなら不満はありませんが・・・
色彩ともなると、やはり暗い空の下での作品には遠く敵いません。


近日点も通過し、地球からも遠ざかり、1月半ば頃と比べると一回り、小さくなっているのが写真からも判りますね!移動も緩やかになり、彗星核追尾の必要性もなくなってきたかな・・・
この日は、満月に近い月が夜空を照らしていましたが、それでもちゃんと写せるのはデジタルカメラ/冷却CCDカメラの威力といってもいいでしょう。
フィルム時代だと撮りたくても撮れなかったと思いますが、デジタル画像なら、後処理で描出することができますから・・・

とはいえ、そろそろ、消化試合という印象も否めなくなってきましたね・・
もう少し、追いかけていくつもりでいますが、そろそろ、サンニッパから機材は変更しようかなぁ・・・。

今晩も晴れてはいると思いますが、雨上がりですので、結露が心配。
電気機器ですからね。
まぁ、明日からに期待でしょうかね~(^^ゞ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

流石はUTO師匠処理のやり方は素晴らしいですね

私も今夜撮影しようと準備してたら西から雲が・・・
明日からにしました。

No title

テイルの変化が分かる動画凄いです。
核から吹き出している吹き出していますね!

No title

ラブジョイ彗星撮影されていますね。
近畿は、一部を除いて年明けから天気が、良くなくて
美味しい時期は、撮影できなかったので、羨ましいです。
2月8日に撮影したラブジョイ彗星にはエッジオン銀河が
写っていますが、NGC819ですね。

No title

NGC891との2ショットいいですね。僕も撮りたかったけど曇って撮れませんでした。

No title

> ミュートンさん、こんにちは~
すっかりコメントが遅くなってしまいました。
地球からも太陽からも遠くなってきましたが、まだまだ楽しめそうですね。
と、いいつつ、先週は撮影をサボってしまいましたが・・
今晩は撮ろうと思います。

No title

> RUKUさん、こんばんわ。
本当は、もう少し丁寧に処理するともっと見応えが出てくるので、また今度、再作成したいなーとは思っています。
でも、ちょっと(かなり)手間なので・・( ̄ヘ ̄;)ウーン

イオンテイルは変化が面白いですね!
こういう長時間撮影可能な彗星は珍しいので、やっぱり、どこかでちゃんと処理するか・・

No title

> Orcaさん、こんにちは。
西日本は、お天気が悪かったのですかー・・ちょっと残念でしたね。
こちらは、ちょうど美味しい時期に、晴れてくれたのですが、やっぱり彗星は遠征して撮らないとダメかなぁーと痛感させられました。

No title

> のんたさん、こんにちは~
こちらはなんとか撮れましたが、でも、やっぱり枚数が少ないので、もう一工夫しないと作品にはならなさそうです・・
まぁ、せっかく撮ったので、もうちょっと丁寧に仕上げてみようかなぁー・・
町中だと、背景ムラが出ちゃうので、この処理がちょっとメンドウですね、、、

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ