FC2ブログ

記事一覧

今晩は大赤斑

今日からは、新月期ということで、日中は、何を撮ろうかなぁ~
オライオン30cm反射望遠鏡のテストもしないといけないし・・などと考えていたのですが・・

ありゃま!?雨だよッ ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

と、いうわけで、やむなく、望遠鏡は片付けました・・・(;´д`)トホホ…

でも、片付ける前に、透明度は最悪ながらも、木星くらいならば、なんとか・・と思って、DMK CCDビデオカメラにて、撮影しました。

大赤斑 オライオン30cm反射望遠鏡 パワーメイト5倍 DMK/DFK21AF04 CCDビデオカメラ 30 fpsにて画像取得

望遠鏡を片付ける前に木星だけでも撮りたい!と思って、早速見てみたら、ちょうど大赤斑が!
これはラッキー♪
と思って、早速撮影してみました。
シーイングは昨晩よりは明らかに悪い・・でもこの地域なら、こんなもんだよね?という感じです。
なにはともあれ、大赤斑が撮れて満足(∩´∀`)∩ワーイ


撮影なう オリンパスE-620 デジタル一眼レフカメラ Z.D14-42ED にてパチリ

やっぱり、こうしてみると、オライオン30cm反射望遠鏡はでかいですねー!
夜のスナップ用に、オリンパスE-620 デジタル一眼レフカメラを持ち出してきました。
やっぱり、このデジカメ、いいですね。
イルミネーションボタンも便利であることもありますが、やはり、操作性の面でも、昨今のミラーレスデジタルカメラを凌駕していると思えます。
センサを、E-M5Ⅱと同じSony製を使用していたら・・と思っちゃいますね。
本気で、後継機が出なかったのが残念でなりません、、、




関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

新しい鏡大丈夫ですね!
しかしこれでシーイング悪いんだ。やっぱり北関東はシーイングがさっぱりだとわかりました。昨夜実は木星をまさにこの時間帯から大赤斑が見えなくなるあたりまで細切れで何度か見ましたが、眼視では結構いい感じで見えたかなと思いましたが、昔乗鞍で15cmMAKで見た模様も見えなくがっかりしました。惑星は当地では完全にやらないことにしました。

No title

NGCさん同様に、撮影された木星画像を見ると、関東なら今夜はシーイングが良いと嬉しくなります。
冬型の気圧配置になると、眼視では大赤斑が確認できなくなるほどです。

No title

こんばんわ。シーイングが悪くてもこの解像度は凄いですね。今日は強風いや暴風で全くお手上げです。

No title

これはすごいですねー。30cmの威力もさることながら、やはりシーイングが安定しているのでしょうか。愛媛に帰ってからはなーんか惑星をまともに見られてない気がします。気流が安定する場所を見つけるのが先決かなぁ。

No title

オライオン鏡筒は復活したんですね。おめでとうございます。
自然な階調ながら精細な描写の木製が素晴らしいです。

No title

> NGCさん、こんばんわ。
すっかり、リコメが遅くなってしまいました m(_ _)m
関東だと、確かにからっ風で、こちらよりもさらにシーイングが悪かったイメージは持っています(そういや、富士山も・・)
しぞーかも、中部だとさらにシーイングは良いらしいのですが、、、

No title

> ヨネヤンさん、こんばんわ。
シーイングは、それなり?だったのかなぁー・・めちゃめちゃ悪かった印象はないのですが、でも、この辺りだと、11月~2月だと、平均的にはこんなものかな???という気がしています。
こちらも、南アルプスから吹き下ろしの風は吹くのですが、関東のからっ風に比べれば、まだまだなのかな~

No title

> 8cmユーザーさん、こんばんわ。
そのあたりは、もしかしたら、口径の暴力?かもです (゚ー゚;Aアセアセ
30fpsで多数とって選別スタックしたら、思った以上に良くなった印象です。

No title

> 玄さん、こんばんわ~
すっかりとコメントが遅くなりました。
いやいや、瀬戸内のそちらなら、シーイングはもっともっと良いと思うんですけど・・
でも、言われてみたら、かごんまもシーイングは良かった印象しかないなぁー・・

No title

> ようかんさん、こんばんわ。
いろいろと悩んだ挙句というか、結構、ソッコーで再建計画を実施しちゃいました。
んー・・でも、クセがあるというか、やっぱりなかなか使いこなせるところまではいかなさそう・・
使えるところで、使っていくしかないでしょうね・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ