FC2ブログ

記事一覧

うーん、、、

みなさん、こんばんわ。

お天気は安定しているとは言いがたいのですが、浜松方面は相変わらず晴れ間もありますので、撮影だけは続けています。
昨晩も、目覚まし時計、コマ切れ睡眠でしたが、ニワトリで、撮影はしておりました。

遠征も行きたい気持ちはありますが、嫁さんも楽団に入っていて演奏の趣味を持っているのですが、当面演奏の趣味はお預け・・
ボクの天体写真の趣味に理解があるわけではないのですが、ただ、フォトコンテストの賞金で、趣味なのにお金になる=仕方ないなぁ・・という感じで、許して頂いている面が強いです。
ニワトリといえども、準備に時間は必要ですから、その分の負担は確実にかけてますからね・・・
先日の演奏会で、嫁さんの本音も聞けて良かったと思うと同時に、自分だけ趣味に打ち込めている状況は(ニワトリのみという制限つきですがー・・)、申し訳ないと感じてしまいます m( _ _ )m ゴメンネ ...

ましてや、作年末から今年は、自分のミスで、オライオン反射望遠鏡を壊してしまって、これからはお金はあんまりかけないよ、と言っていた矢先の出来事でしたから、ますます、肩身が狭い・・・(;゚Д゚)

そういや、昔、オヤジが、趣味のエビネで、10万円で良い物を買ってきた時に、母親から超こっぴどく怒られてたっけ・・・
UTO家は、なんだかんだで趣味な人たちです(笑)
今回は、それ以上の出費になってしまったワケでホント、申し訳ない・・・
もっとも。
まだ、明星ちゃんも1歳にならないので、特別お金がかかるわけでもないので。
金銭的に余裕が無いわけではないですが(将来的にはボクの薄給では、ちょっとどうかなー・・)、趣味にお金がかかるトコロは、嫁さんとしては理解もしてはくれているとは思ってますが、だからこそ、趣味でお金が貰えるというところに意味があったんですよねー・・・

うーん、今年はニワトリでキビシイのですが、フォトコン戦線、もーちょい頑張ららねば、であります(`・ω・´)ゞ
あんまり、フォトコン重視の撮影はしたくない(撮りたいものを撮りたい)のが本音ですが、自宅撮影という制約条件では、折衷案も無いではないですし・・(どうせ淡い天体は、自宅からは無理~!)
まぁ、撮りたい天体、興味がある天体が優先なのは変わりませんけどね!

天ガよりも直現金の星ナビさんの方がパッと見でありがたいらしいのですが、今年は連続ゲキチンのていたらく・・・
うーん、遠征しないとキビシイのよ~と嫁はんには伝えて、遠征の機会はうかがってたり・・(^^ゞ
今年はなんとも、間が悪いです・・。まぁ、これが厄年っつーところですかねー・・・

CANPの参加は、今年は関東なので、実家に立ち寄ることを絡めて、承認して貰いましたが、別件はこれから、機会を見て説得せねば・・であります。
オライオンの修理さえなければ、たいした問題ではなかった案件だったのですが・・

さて、新生オライオン望遠鏡にもようやく慣れてきたカナー・・?
なんとか、目処は立ってきた気がしています。片ボケとか、相変わらずの面は多々ありますが・・・CCDビデオカメラによる木星の様に、性能は出ていそうなので、あとは使いこなしというか、クセを掴んで、なんとか、実用化できれば・・と思っているところです。

どちらかというと最近の課題は、画像処理の時間を如何にとるか、であります。
以前は、
残業⇒帰宅⇒夕飯作る⇒風呂⇒画像処理(他)で、1日、2時間程度の時間は稼げてたのですが・・・
今だと、、、
残業⇒帰宅⇒夕飯待ち(30分程ですが、帰宅メール後に嫁さんが作ってくれるので)⇒風呂⇒あかりさんのミルク⇒自分も寝ちゃう(爆!)

で、なかなか画像処理の時間がとれません・・
今日は、明星ちゃんにミルクをあげても起きているのですが、溜まっているメールやブログの返信で時間とられて、結局、画像処理はできずにこの時間・・・・

まぁ、疲れてる中で、画像処理をしても、以前と違って、Psでの処理は感性も大事ですからねー・・・気分が良い時でないと、とても傑作は生まれないというか、ますます迷走しますなー・・・なんだ、コレ・・ボツ(笑)
という感じです。手直しすれば、どうこうというレベルではないもんなぁー・・・
イチから処理しなければ、ダメでしょ。って感じの画像しか作れてないんだもん。

イプシロン200 アストログラフ 800mmF4 反射望遠鏡

縮小したこの画像だと違和感は低減されていますが。
うーん、色がねぇ・・不自然というか・・・
疲れている時だと、イマイチ、いい画像が出来ないです、、ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!
 
まぁ、ボチボチと、と思っているところです。

それにしても、DSLRの進化、産業用カメラなら、sCMOSの台頭など、
今後の厚い天界が期待できて、ワクワクしますねー!
IMX174を搭載したASI174MM・・Sony製CMOSがいよいよ、台頭してきそうですね。
1/1.2インチサイズと大きめのサイズ、200万画素という画素・・
一時期、天文雑誌を賑わしたST2000XMのCMOS版という感じでしょうか。
お値段は当時のST2kの1/10の価格ですし、これはブレイクしそうな予感 ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
多分、ボクがやりたかった事ができるカメラ、です。
もう、1,2年、早く出てきてくれれば嬉しかったなぁ・・

とりあえずは、手持ち武器で暫くは我慢ですね。
タイトルどおり、うーん・・といった記事でした ( ̄ω ̄;) 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

この写真先週自宅で撮影しようか迷ってやめたアングルそのままです(^_^;) 結局はM106周辺にしましたが...VISACでフルサイズだとこんな感じに収まります。右上の銀河って鯨星雲っていわれているやつですよね?以前UTOさんが凄く綺麗に撮られていたような気がしますが...
新生オライオンも軌道に乗ってきた感じですね。楽しみにしています。

No title

> のんたさん、こんばんわ~
画角が広いと、それはそれでまた難しい面がありますね。
VC200L+フルサイズは良い選択だと思いますし、ST10XMEと比べると画素数の差からプリント面では遥かに有利でしょうね~

それにしても、自宅撮影の厳しさを改めて痛感中・・
うーん・・やっぱり銀河でも淡い部分があるヤツは苦しいなぁ・・狙っていた部分も写っておらず、がっかり。

No title

あっ、すみません。書き忘れました。
はい、仰る通り、右上のは、ホェールギャラクシーです。

新生オライオン・・うーん、軌道に載せるまではあともう一歩?
でも、この一月でだいぶ、コツは掴んだつもり。
旧タイプと比べるとピントが分かり難いかなぁ・・
あと重量増でバランスが取り切れないのが地味にイタイです・・
ファインダー外せばいけそうですが、これを取ると効率が悪くなるし・・( ̄へ ̄|||) ウーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ