FC2ブログ

記事一覧

いよいよ、時代はCMOSカメラか!?

明星ちゃんにミルクをあげたら、そのまま疲れて寝てしまいました ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
が、また夜泣きで、明星目覚まし時計で起こされて起きてきました、、、σ( ̄◇ ̄;)

ZWO社から、Sony製CMOSを採用したハイフレームレートのCMOSビデオカメラが出ていたのですね!

ASI174MM CMOSビデオカメラ!
心臓部のイメージセンサーは、Sony製 IMX174LLJ(モノクロ)/IMX174LQJ(カラー)を搭載しています。

デジタル一眼レフ/ミラーレスデジタルカメラでも、有名なExmor(並列カラムADCによる低ノイズ高速CMOS)に加え、今回は、グローバルシャッターを可能とした、Pregius(プレジウス)といった新技術も搭載しています!
グローバルシャッター自体は、動きがあまり無い天体写真ではそう魅力がある機能ではありませんが、従来のグローバルシャッター搭載CMOSでは、配線が増えてしまう為、ローリングシャッター搭載のCMOSに対し、QEが半分以下しかなく、魅力ある製品がありませんでした。
このPregiusは、高QEのまま、グローバルシャッターを搭載したところに意義がありますね。
天体観測用途では、掩蔽・星食など、時間が非常に重要になりますから、動きが少ない天体写真といえども、グローバルシャッターであるに越したことはありません。



QEも十分に高く、ましてや、Sonyの低ノイズのCMOSセンサー・・やばい、ほすぃ~ (;゚Д゚)

画素数が2.3MPixelということも魅力的ですが、センササイズが1/1.2型と大きめというところも魅力的ですね。画素ピッチは、5.8μ■とちょっと大きめですが、面積があるということは月面に向いています。惑星にもボクが愛用しているDMK/DFK CCDビデオカメラのICX099BL CCDセンサーも5.6μ画素ピッチと大きめ。
DMK/DFK21AF04 CCDビデオカメラによる木星 30fpsにて撮像

十分、惑星にも使えるだろうと思います!
低ノイズに定評のあるSony製CMOSで、画素数も、2.3MPixelと多め、センサーサイズも、約11mm×7mmと大きめで、星雲・星団などのラッキーイメージングにも好適な感じがします。
かつて一世を風靡したSBIG ST2000XM 冷却CCDカメラをそのままCMOSにした感じじゃないかなぁー・・

こりゃいよいよ、天体写真撮影も、CMOSの時代が到来するかな!?
ただ、ラッキーイメージングは枚数が枚数だけに処理が大変なのと、あと、ウチのFMVノートで、ASI174MMのハイフレームレートを取得できるかしらん、、、
その前に、USB3.0ついてないので、カードで増設・・
うーん、PC更新まで考えちゃうと、ちょっと様子見かなぁー・・
でも、いいなぁ、コレ・・



関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

高感度で1/1.2インチCMOSでこの価格は欲しいなあ。今のQHY5Ⅱ-Mが1/2インチで感度が低いのでVISAC直焦点のオフアキの場合、ガイド星が見つからないことがあります。オフアキ用にはCMOSサイズがチョット大きすぎでしょうか。まあ大は小を兼ねるかな。Lodestar2のほうがいいかな?

No title

この前までモニター価格で$100安かったですが、ためらいました。
初期不良が怖いですからね。

No title

> のんたさん、こんばんわ。
1/1.2型だと、今度は大きすぎてオフアキのミラーをはみ出す可能性大ですから、そこに期待するとキビシイかも・
LodeStar2は伊豆天城で1度セッテイング、使用してみましたが、Vixenの8cmF8ED屈折に取り付けても1秒でM64とかM3がクッキリ写ってなんじゃこりゃー!状態でした。
円安なのでなんとも言えませんが(インフレ政策=円の価値低減・・ほんとうに将来的にいいんですかね・・・直近での効果は認めざるを得ませんが・・・実際、めっちゃ忙しいし・・ただ、カンフル剤という感じが否めないんだよなぁー、3年後ないし5年後に、どうなってるの?という不安が・・・ま、個人的な感想ですが)
多分、若干、ASIの方が安価なので、どう使うか次第ではないでしょうか。
ガイドカメラに限定してしまうなら、ボクは、自分で体験したLodeStar2の方を強く勧めます。
でも、撮影もやってみようかな?と色気や遊び心があるのなら、断然ASI174MMです。
極めるのか、遊びをやる余裕があるのか・・まぁ、そのあたりは個人的な趣向の面が強いですからね。

No title

> NGCさん、こんばんわ。
ちと忙しかったのもあって、アンテナが伸びてませんでした (;゚Д゚)
100$安だったら、個人的には逝っていたと想います。
カラムADCってことはほとんどセンサだけで性能が決まってるような・・・
だって、チップからディジタルデータを吐き出してますから、昔と違って、フロントエンドとか関係ない気がしますし、ASIがそこまで拘れる程技術があるとは(←失礼)
手持ちのASI120MMを見るともう一歩頑張って欲しかった感があるんですよね、カメラベンダーさんには。
ウチなら、同じセンサを使用しても・・とは思いますが、まぁ・・汗
でも、Sony製CMOSなら、個人的には、そのあたりは心配要らなさそうと思うんですよね。

No title

CMOSセンサーは東京オリンピックに向けて、まだまだ進歩しそうですね。監視カメラとしての需要も見込まれるので右肩上がりだと思います。おそらく感度も、もっと高感度になるでしょう。

No title

> GENTAヽ(^o^)丿さん,こんばんわ。
ほんとそうですね。デジタルカメラも、もはやCCDの機種は数えるほど(一眼タイプは皆無ですかね・・)、ますます発展が期待できると思いますので、これからが楽しみですね!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ