FC2ブログ

記事一覧

木星の衛星相互食 

3/27に撮影した、木星の衛星の相互食-ガニメデの前をカリストが通過した時のものです。
動画に仕立て上げてみました。

木星の衛星相互食 Orion 30cmF4反射望遠鏡 パワーメイト5倍 DFK21AF04 
カラーCCDビデオカメラ 30 fpsにて撮影

木星の衛星相互食、シーイングが良くなってから撮ろうと思っていたのもあって、結局、終盤戦のこの日しか観測できませんでした(まぁ、まだチャンスはありますが・・)
いざ、観測してみると、衛星の動きが面白く、なかなかにスリリングな天文現象でした。
中天のI上さんは、衛星に落ちた影を見事に捉えられていらっしゃいましたし、ボクの方も、もっといろいろな相互食を観測しておけばよかったなあ・・と、ちょっと後悔。
まあ、また、5,6年後かな?今度は、もう少しは条件が良い(ちょうど気流が良い夏場じゃないかしら・・?)と思いますので、ぜひ撮りたい!と思っています。

ガニメデを基準として、ステライメージ7で位置合わせを行いました。
ステライメージはVer7になってから、コンポジットだけではなく、ちゃんと位置合わせも出来るようになっていて、便利です。

本当は、追尾精度がもっと良い赤道儀で、位置合わせをしないで動画構築すると、ガニメデも動いて、カリストも動いていって、もっと立体的な動きになると思いますが・・。んー・・そこまではちょっと無理だなぁー・・

あとは、こういうのを撮り始めると、やっぱり惑星用のちゃんとした望遠鏡が欲しくなりますね・・まぁ、もう買えませんが・・・
口径22~23cmくらいのカセ系があれば欲しかったところです。

円高だった時代に、米Orionの18cmマクストフカセグレンはちょっと検討したことがありましたが、でも、まぁ、MT160と比べて口径が2cmしか違わないということもあって、結局、食指が動かず、でした。
F値も確か暗かったしね・・直焦点応用ができるF10だったらポチってたかも・・って、なんだかんだで、万能性を求めてしまってるなぁ・・。
まぁ、今ある機材で楽しみたいと思います。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます!
まーちゃるです。

これはすごいですね!
相互食の様子がはっきりとわかります!

僕は衛星は点でしか見えたことがないので、ちょっと感動ですね。
手持ちの機材ではとても観察できないので感心しきりです。

次の相互食の時には僕もしっかり見てみたいですね~。

No title

動画に仕立てると、その様子が手に取るように分かっていいですね~。

No title

> まーちゃるさん、こんばんわ~
相互食、ここまで写ってくれるなら、もっといろいろな現象を撮っておけば良かったと後悔しきり、です。
次回は、もう少し頑張って撮影したいです。

No title

> のんたさん、こんばんわ。
こういう動きがある現象は、動画にすると面白いですよね~
本当は、4/4の月食はぜひともタイムラプスしたかったんですが・・・次回持ち越し、です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ