FC2ブログ

記事一覧

太陽に吠えろ!

昨日は、いいお天気でした(その前の晩は雨も降ったり、お天気は不安定ですが・・)
AM中は、用事があって、出かけてきましたが、14時頃から、太陽でも撮ろうかなぁ・・
と、思って準備を開始!
あまりのいい天気だったので、写欲を刺激されて、撮りたいな、と思ったのでした。
せっかくなので、これまで、あんまりやろうという気力にならなかったのですが、ASI120MM CMOSビデオカメラでの撮影にもチャレンジしてみました。
太陽 コロナドSolorMax60 ASI120MM CMOSビデオカメラにて。

フレームレートは、何FPSになっているのか不明ですが、1/5000秒程度でシャッターをきりました。
ピントは黒点で合わせたので、そうハズしてはないと思いますが・・・
そう、黒点。勘がいい人はここで気が付きますよねぇ  
そうなんです。チューニングがてんで合ってなかったんです ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
PCの画面が太陽の明るさで明るくて見難いこともありましたが・・・
おバカすぎ・・ ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!
ドチクショー!と、吠えたのでした ムカッ( ̄∩ ̄#

太陽面 コロナドSolorMax60 太陽望遠鏡 フジ X-E1 デジタルカメラ セレストロン8-24mm Zoomアイピースにて、コリメート法で撮影。

そこで、いつも通り、フジのデジタルカメラでも撮影しておきました。
デジタル一眼レフカメラと違って、フォーカスピーキングがあることもあり、ピント合わせは容易ですね。
さらに、太陽の光球が均一の明るさになるように、エタロンチューニングを行えば良いこともあって、使い勝手は極めて良好! (∩´∀`)∩ワーイ
明るい中でも、EVFを使えば、とても見やすく、ピントもバッチリです。
んー・・クオリティを求めるなら、やっぱり、CCD/CMOSビデオカメラによる動画撮影/スタックでしょうが、、、手軽さを求めるなら、やっぱり、デジタルカメラでの撮影が一番ですかねー・・
ま、そのクオリティも、ニワトリでのCMOSビデオカメラでの撮影はほとんど意味が無い(PC液晶が見難いので)のを何度ともなく、痛感させられてますしね、、
個人的には、これで十分かなぁ。
ただ、ISO800まで感度を上げても、露出は1/4秒。
ASI120MMでは、エタロンチューニングが間違っていたにしても、1/5000秒で撮影していましたから・・・
感度差を改めて感じてしまいますね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

Utoさんが太陽撮影とは珍しいですね。太陽撮影だとPCの画面が見にくいので、ピントあわせも大変です。私はPCを遠征に行く時に使っている結露防止ボックスの中にPCを入れて、見やすくしております。
X-E1での画像なかなかいいですね。私はどうもデジイチで撮影すると上手くいきません。
今日はこちらは曇りで観望できませんでしたが、この画像を見ると、2336群、2339群とまた、だいぶにぎやかになってきて次の官房が楽しみdえす。

No title

> いーぐるさん,こんばんわ。
太陽も、興味はあるのですが、やっぱり明るい中だとイマイチヤル気が・・(^^ゞ
PC画面が見難くて、ビデオ撮影は諦めました。ToUcamの頃はPSTで、自宅の中から撮ったものですが、今やったら、追い出されるでしょうね~ σ(^^ゞ
X-E1、キレ味があるので、月面・太陽にも向いていると思うんですよ。なかなか、どちらも撮影できてないのですが・・
エタロンチューニング、この日は、ををっ、バッチリ!と思って喜んだのですが、次に撮影したときは見事にハズしてしまい、がっくりでした。
うーん、なかなか手軽な撮影系を構築できてないです・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ