FC2ブログ

記事一覧

天文ガイド7月号入選!

天文ガイド7月号になんとか入選させて頂きました!

おおぐま座の奇妙な銀河  オライオン30cm反射望遠鏡 パラコア2仕様 SXVR-H694冷却CCDカメラ

この写真の背景として・・
まず、NGC2685 らせん銀河は、撮りたい銀河の一つで、これまでにも何度と無く、挑んできた対象です。VISACでは、口径不足でもう今一歩、ASC-11ディープストライカーで狙ったこともありましたが、4月の悪透明度では、自宅庭からは淡い部分が上手く写らず、オライオン30cmで山の村まで出かけて撮った時は、シーイングが悪く、ぼてぼてで、お蔵入り・・・など、何度と無く挑み、そして敗れてきた天体でもあります。
今年は、自宅からの撮影ですが、透明度が良い2月に明るいF値のオライオン30cm反射で、複数晩に渡って狙うことにしました。
遠州は風が強いことが多く、不安定なオライオンではなかなか作品に仕上がらないのですが、撮影した画像の半分程度を捨てて、なんとか見られるものになりました。
もう一歩、キレ味が欲しいのは否めませんが・・・
もともと、視直径6’程の小さな天体ということもあり、このままプリントしても、見映えは今一歩・・・。
そこで、おおぐま座の奇妙な銀河というタイトルで、NGC2976とNGC3077を追加して、組写真とすることを考えました。
おおぐま座の奇妙な銀河というと、sora-canさんが入選されたNGC3718が真っ先に思いつきますが・・あの天体は単独で、十分作品になります(見事にsora-canさんが証明してくれましたね)

マイナーな小さな銀河でも、こうして、組み写真として拾って貰えると、とても助かります!
ボクが撮りたい対象はマニアックなのが多いですからね~

星ナビ落選作 ねずみとおたまじゃくし 

こちらは、星ナビ落選作です。The MiceとTadpoleという愛称のある天体を組み写真として応募してみました。が、見事にゲキチン ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
うーん、、、TheMiceは、個人的には写りは満足。TadPole銀河の方は、もう少し、構造を出したい気がしますが・・色合いは良く出ていると思います。
少し悩みましたが、向きは北を上にするのではなく、良くみかけるハッブル宇宙望遠鏡の画像に近い向きに合わせました(HSTって赤経・赤緯が水平・垂直になって無いんですね・・)
うーん、やっぱり、星ナビ誌には、こういうマイナー銀河の組み写真は向いてないようですね(多分、ゲキチン3回目・・)
それでも、地球は回っている・・・などの様に、組み写真がダメというわけではなさそうです。

星ナビ 落選作 球状星団M5 ε200 アストログラフ ST10XME 冷却CCDカメラ

こちらも落選でした。入選作品群を見ていると、まぁ、地味だから、仕方ないカナー・・・
星々の大集団で、沢山の星々が集まっている様子がお判りになるかと思います。
個人的には、好きな星団です。
明るい輝星がいいアクセント。タカハシの望遠鏡は、回折像が美しいですね(この写真だと説得力がもう一歩かなぁ・・)。
そのうち、へびつかい座の球状星団巡りもやってみたいのですが、その時はMT160かε200を使おうと思っていたりします。

天文ガイド落選作 32P コマス・ソラ彗星とリング銀河NGC3646
オライオン30cm反射望遠鏡 SXVR-H694冷却CCDカメラ

NGC3646に接近した32Pです。32Pは1月末頃に撮影した時は、案外立派だったのですが
この頃になると、思ったよりも小さくなっていて、少し残念でした。
ついでに落選して残念でした・・・ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
短時間露出の割には銀河の色合いが綺麗に出てるのが個人的には嬉しいところ。
まぁ、落選でしたが・・(くどい 笑)

ネタも切れてきて、ニワトリではシンドくなってきてますが、できる限り、頑張りたいなーと思っています。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

天文ガイド 入選おめでとうございます
今日本屋さんで買ってきて
ワァ~~って思いながら見ました
いちゅは星雲星団はまだ撮れないし観るのも下手くそなので 写真で楽しませていただいています

No title

天ガ入選おめでとうございます!マイナーな銀河の組写真と言うアイデアが光っていると思います。ねずみとおたまじゃくしもとても面白いですが、星ナビの銀河枠が最近どんどん減っているので残念でした。それにしてもこの時期にこれだけの応募作品を撮られていること自体が凄いことだと思います。

No title

> いちゅぬぬさん,こんばんわ。
どうもありがとうございますm(_ _)m

デジカメの進歩のおかげで、星雲写真も手軽になってきましたよ。
星ナビ広場のシトリンのレンズ http://aghazel.web.fc2.com/soft.html
を使うと比較的、手軽に綺麗な星雲の写真も撮れそうです。
月もあれだけ綺麗に盗られるいちゅぬぬさんですから、ぜひ、チャレンジしてみてはどうでしょうか!

No title

> ☆シュミット☆さん、こんばんわ。
割とマイナー銀河の組み写真も、何回か出してきたのですが、天文ガイドさんは割りと採っていただけてますが、星ナビさんの方は、ゲキチン続き。おっしゃるように、銀河枠が少ないのもありますが、やっぱりもっと、魅力的な作品を作らないと!とも思います。

No title

天文ガイド入選おめでとうございます!
特にNGC2685はいい切れ味ですね~。
三者三様の色合いと形状で面白いです。一つ一つよりはまとめた方が
違いを楽しめますね。

No title

> hanaさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます。
そうですよね!ボクも、組み写真の方が面白くなると判断しました。
メイン対象を決めて、それから類似というかテーマ性のある天体を組み写真としています。
類似性のある天体を並べても面白いと思うので、また、来年の銀河の季節にはいろいろと考えてみようと思います。

No title

天ガ入選おめでとうございます。
UTOさんの銀河はめさめさ解像していて組作品での拡大に耐えています。私も組作品を考えます。

No title

天文ガイド入選おめでとうございます。
これだけ天気が悪いから撮影出来ない....これもUTOさんの前では言い訳にしかなりませんね。確証はありませんが、年々晴れの日が減っているような気がします。特に春は黄砂やPM2.5が年々酷くなってません?
入梅しますます晴れなくなりますね。たまの晴れのチャンスを逃さないようにしたいです。

No title

> sora-canさん,こんばんわ。
どうもありがとうございます&入選おめでとうございます。
見事なNGC3718でした。マイナーな銀河は面白くても、小さいものが多いので、組み写真で狙ってみました。
でも、星ナビさんにはダメみたい・・(´・ω・`)ショボーン
ぜひ、sora-canさんも組み写真で狙ってみてください。
またお互い、頑張りましょ~!!

No title

> のんたさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます。
自宅撮影だと、頑張れば平日にも撮影できるので、チャンスは多いというメリットはありますよね。
でも、仰る通りでして、夏は、2003年から、晴天率の悪さを感じてます。
春のPM2.5については、今年は割りと良い気がしましたが、作年は閉口させられました、、
梅雨は早く明けて欲しいですよねー。

No title

天文ガイド入選おめでとうございます!さすがです~。
銀河の組み写真を見て、「なーんかこんなの、UTOさんっぽいよなぁ、」と思ったら、UTOさんでした(笑
ちゃんと考えて突き詰めている方の写真は、その思想がにじみ出てくるんですよね。多分、私の写真も「コイツ、手抜きだな」ってのがにじみ出ていると思います(^^; いや、それ以前に、ちゃんと応募しないと行けませんよね(ヲイ

No title

ご入選おめでとうございます。
にしてもそれ以上に色々出されて苦労されているのですね。
M5良いですね。ブルー系とオレンジ系の星の対比が綺麗です。
そばに明るい星があるとゴーストとか回折スパイクとかも気になり意外と難しいかも。上手な人は逆にそれが見せ場になりますね。

No title

> 玄さん、こんばんわ。
どうもありがとうございます。
いやぁ~、ボクも大雑把なので、その点は見透かされている気がします(; ̄ー ̄A アセアセ・
でも、銀河の構造描写だけは評価して頂けてると嬉しいなぁ。

No title

> matagonさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます~。
M5は、この明るい星がアクセントになって綺麗ですよねー。
回折はOkなんですけど、ST10XME特有のひげとブルーミング除去痕がちょっと見苦しいかも・・。
また、手を変え、品を変え、撮ってみます(`・ω・´)ゞ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ