FC2ブログ

記事一覧

遠天写真展6/13

今日は、AM中は用事がありましたが、15時前に、遠天写真展にまた行ってきました。
明日は、午後は作品回収に行かなければならないのもあって、皆勤賞~です (^^ゞ


遠天写真展2015 6/13 Canon PowerShotG9 コンパクトデジタルカメラにてパチリ

本日もイベント無し・・
閑散としてますねー・・。実際、AM中は40人程度と振るわなかった様です。

ただ、午後は挽回して、70人を超える人が来てくれました。
こっちはオリオン座大星雲中心部だって!
お母さん、こっちの方が綺麗だなぁ。
緑色の星雲、えー・・
とか、素直な会話が聞こえてきて、楽しかったです。
写真はともかく、星に興味がある人も多いんだと改めて感じますね。


天体写真の撮影の仕方、資料希望の方が、いました。
GENTAさんが力作の説明解説、効果は大きい様です。
デジタルカメラ(Sonyのミラーレス)をお使いで、天の川が撮りたいそうです。
そういえば、ウチの近所の方も、αを使っていて、たまたま、星を撮ったら流星が写った!と、声をかけてくれたこともありました。
デジタル一眼のおかげで、天体写真の敷居は低くなってきていると改めて感じます。
もっと、多くの人が、チャレンジしてくれると嬉しいですね。

星仲間では、フォト蔵でやりとりしているYan Kanaiさんが遠くから来てくれました。
Kaiさんも、ネット上で、お知り合いだったそうで、3人で、写真展の作品を見ながら、プリンタや、表現方法など、いろいろと話しをして楽しかったです。
ボクの方は、嫁さんに送って貰ったので、車がなかったのですが、
Kaiさんが、先週のhanaさんに引き続き、遠方から、いらしてくれたKanaiさんを駅まで送ってくださいました。

遠くからでも、かけつけてくれる方がいる遠天写真展は、やっぱり素晴らしいですね。   
実際、見応えのある作品が多数揃っているのもあって、見応えがあります。

明日で、いよいよ、遠天写真展も最終日です。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ