FC2ブログ

記事一覧

フジ X-E1による亜鈴状星雲クローズアップ

フジフィルムのデジタルカメラ、X-E1で撮影した亜鈴状星雲のクローズアップです。

亜鈴状星雲 M27  フジ X-E1 デジタルカメラ ASC-11 DeepStriker クローズアップAC No2使用 UHC-E光害カットフィルター

昔のフジのデジタル一眼レフカメラ、FinePixS2Proでは、青緑色一辺倒でしか写りませんでしたが、赤い星雲が良く写るXシリーズでは、色バランスが良く写ってくれます。

前々から、カラーカメラでは、UHC-Eフィルターを通して撮りたい!と思っていたのですが、今回、やっと実現できました。
ただ、もう少し、もくもく感が出るかなーと思っていたのですが、そこまでいかず、残念。

作年の伊豆天城天文台での撮影から、デジタルカメラでの撮影はクローズアップも面白いのではないか・・と思っていたのですが、今回、露出不足が一番、効いています・・。
ASI120MM CMOSビデオカメラをオフアキ側に搭載して撮影したんですが・・・ガイドが上手くいかず、また、途中から、フリーズしたり・・などなど、貴重な梅雨入り前の晴天だったのですが・・・ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

あとは、周辺像が周辺像がやや崩れてしまいました(フォト蔵では一部トリミングもしているので、影響は緩和されてますが)。んー・・もう少し、近い位置にクローズアップACを置かないとダメか・・・。
2インチスリーブに入る様に、φ49mmの外周を削るしかないかなぁ・・
そこまでやっても、周辺像が良くなるか判らないのもあって、少し躊躇してしまいます。
うー・・・ん、まぁ、またいろいろと考えてみますが・・

ただ、枚数がこの倍得られても、この画質ではねぇ・・・。
冷却CCDカメラで800mmで撮影しても、同等以上の構造描写が出来そうな感じで、もう少し追求した方が良いのかどうか、悩ましいところです。
まぁ、なんだかんだで、デジカメは撮っていて楽しいんですけどね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

暗い空でフィルターレスだと、もっと細かい部分も出るんでしょうね。
バックのノイズが多めですが、ISO3200かな?

No title

おおー、さすがですねー。この焦点距離で安定して撮影するのはやっぱり難しいんじゃないでしょうか。
クローズアップレンズは、思い切ってバラして、Tリングに入れてしまうのが手っ取り早いのでは無いでしょか。近すぎるかな?

No title

UTOさん NO2を削って2inスリーブに入るようにしたの持ってますよ。前後にM48との変換リングもついてます
テストしただけでまったく使ってません。CANONのTリングにNO4入れたのも持ってます。お貸ししましょうか??

No title

> tez*024さん,こんばんわ。
ををっ!さすがTezさん、さすがにいろいろとチャレンジされてますね!
一応、ボクも49mmを持ってはいるので、少し考えてみて、上手くいかなかったら、お願いするかも・・・
その際は宜しくお願いしますm(_ _)m
どちらかというとTezさんのモザイク撮影ソフトの方に興味深々ですが、でもしばらく遠征は無理そうなので、指加えてマス・・。SE赤道儀はあるので、いろいろとボクもチャレンジしたいところですが・・

No title

> アイちゃんです!さん、こんばんわ。
いやー、一応、ISO800で撮ってますが、さすがにトータル30分では厳しい様です。
F8くらいだと思いますしね・・(^^ゞ
仰る通り、暗い空だと、また結果が違うと思います。
実際、使っていて楽しいカメラなので、まぁ、いろいろとチャレンジはしてみたいと思いますが・・・・

No title

> 玄さん、こんばんわ。
ASC-11、フルサイズ冷却CCDで使われている方もいらっしゃるのですが、何しろ、最適な位置がわからず、苦労しています(って程の事はしてませんが・・ ^^;)
Tリングにはめ込むのもアリかなぁー・・
いずれにしても、せっかくの大口径なので、なんとかモノにしたいところです。
オライオンよりは安定性は良い気もしますが、趣味枷は、気難しい面もあるし・・さて・・?
SXV-AOとの組み合わせで、苦労はしても、それだけの価値のある映像が得られることを期待したいです!

No title

Xシリーズで撮るときは、+1~2ev多めぐらいのつもりで撮らないと露出不足になりますよ!

X-Trans、元々少し実効感度低めなんですが、天体撮ると更にその傾向が強い印象があります。
思うに、露出時間が増えて温度が上がるにしたがって、rawデータ生成におけるノイズと信号の分別閾値が上がって、データ量が減ってるような気がするんですよ。

年間を通じてダークデータを撮り続けているんですが、冬も夏もrawデータ上に含まれるノイズの両があまり変わらないんですもん。
きっと、温度によって信号とノイズの分別閾値を変える、みたいなことやってますよコレ。

No title

> huqdogさん,こんばんわ。
フジは、S2Proの頃でも、2秒以上露出で、ぼかしを加えたり等、昔から複雑な処理をやってますからねー・・
いろいろと処理していそうですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ