FC2ブログ

記事一覧

モンキー星雲

今日は会社の夏祭りでした。

文化展 フジ X-A1 デジタルカメラ XC16-50mmにてパチリ

文化展で、写真も飾ります。ボクも一応、2点ほど(うち1枚は天体写真)を出展させてもらいました。

そういえば、このXC16-50mmレンズ、カメラバッグに入れっぱなしにしていたら、ちょこっとだけ、カビ生えてました、、、orz
油断してました・・・ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

準備が終わったら、開催まで1時間ほど、時間を潰して、それから、うな丼の整理券を貰うのに並んだりしていました。
磐田のゆるキャラ、しっぺい君も、今年も来てました (^O^)


カレーを持つあかり  フジ X-A1 デジタルカメラ XC16-50mmにてパチリ

なんでも、自分でやりたがるようになってきました。
広島風お好み焼きを並んで待っている間、おとなしくしてくれてました。
他には、牛串や地鶏の串焼き、じゃがバターなどなど。美味しかったです (^^ゞ

コロッケ食べるあかりさん フジ X-A1 デジタルカメラ XC16-50mmにて

あかりさんの最近の好物は、コロッケかなぁー。
自分で手にとって食べてました。

なんだかんだで、最後の抽選会(ハズレましたが)まで残って、夏祭りを満喫していました。そうそう、抽選の商品には、ニコンのデジタル一眼レフカメラや、ノートPCまであったり。でも、そうそう当たらないですよねー。

さて、帰宅後に、溜まっている未処理画像の処理です。
やはり、昨年。ぼうらやさんに出かけた時に撮影してきたものです。
9月末に撮影したものですから、ほぼ1年近く前のものです。
ちょうど、嫁さんが実家に行った時に、ぼうらやに出かけたみたいです (^^ゞ
おまけに、天竜の森に出かけて、居残りで、土星食まで撮って帰ってきた後に出かけたみたい・・たぶん・・(; ̄ー ̄A アセアセ・
さすがに、ちょっとうろ覚えですが・・。翌日仕事だったでしょうから、電気毛布と目覚まし時計を持って出かけたんだろうなぁー。
電気毛布があると、車の中でも、割りと質の高い睡眠がとれるので、重宝していました。

モンキー星雲 NGC2174 フジ X-E1 デジタルカメラ MIZAR 130SL改反射望遠鏡
MPCC使用 7分×17コマ@ISO800 ぼうらや駐車場にて

フジのXシリーズは、ほんと、赤い散光星雲が綺麗に出てくれますね。赤外カット改造デジタル一眼レフカメラ程ではありませんが、モンキー星雲クラスの星雲なら、綺麗に描出してくれます。
モンキー星雲も、双眼鏡や望遠鏡を使っての眼視では、ほのかに見える程度ですから、このクラスの星雲がこれだけ写ってくれれば、一般的なほとんどの散光星雲は写しとることができそうです。Sh2天体ガーとか言わなければ、十分でしょうね。
一昔前の未改造のデジタル一眼レフカメラだと、やはり、眼視で見える散光星雲なら、楽しめるけれど・・・といった感じでしたから、それに比べると大幅にHα線への感度が高くなってきていますね。

望遠鏡は、この時は、MIZARの13cm反射望遠鏡(改)を持って行きました。
鏡筒バンドが緩かったせいか?それとも、SE赤道儀のセッティングが甘かったからか・・・ガイドエラーが頻発していたのですが・・・画像処理でちょっと誤魔化しちゃいました (;゚Д゚)

明るめの星が割れているのは、Vixenの主鏡セルを使っているので、そのゴム抑えだなぁ・・。この部分、ちょっと改造を考えた方がいいかもしれません。

それにしても、周囲の星もカラフルで綺麗ですね。
X-E1だと、短焦点だと微光星の色がなくなる傾向があるので、これくらいの焦点距離があった方が良いかも???








関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

いや~、大きくなりましたねぇ。子供ってちょっと見ない間にあっという間に大きくなっちゃいますね。自分の子供は毎日顔を合わせているのでなかなか気づかないですが…。

モンキー星雲は全体が滑らかな描写ですね。私もようやくX-M1で星雲を撮影しましたが、どうしてもこんな風に滑らかにならず、ざらついた仕上がりになってしまいます。

No title

おっはようございます


あかり殿大きくなりましたね 益々可愛くなっちゃってこれからが
楽しみですね
目元はUTOさんに似ているかな、口元付近はは奥さん似だね(笑)

最近お天気雨が続いていますが 来月になれば安定してくるので
ぼうらやさんに プチ遠征しちゃいましょう!

No title

UTOさん、おはようございます。
あかりちゃん大きくなりましたね。歩くようになるとますます大変になります。

MIZAR望遠鏡は中学1年の時にHー100という10cmF10反射赤道儀を買って以来AR-120SLと乗り継いで来ましたので想入れがあります。
今でも十分な性能ですね。懐かしいなあ。指摘の通り星の滲みが割れていますね。主鏡押さえリングで直るでしょうか...僕のR200SSもリングがありますが、少し径が足りないので同様に割れてしまいます。
少し口径が小さくなっても良いので主鏡押さえ爪が完全に隠れる径のリングに変えたいと思っています。

No title

> ようかんさん、こんばんわ。
ほんと、そうですよね。いつの間にか、成長していて驚かされています。

モンキー星雲について、お褒め頂いてありがとうございます。
NeatImage、ぜひ試してみてくださいませ。
最近だとNikSoftwareのDefineもお勧めですよ。
ノイズリダクション系ソフト、ぜひ試してみてください。

とはいえ、網嬢拝見した限り、非常に上手に処理されてますから・・
下手なことはしない方がいいかもしれません。
スパイス的に(レイヤー合成で33%とか)使うと良いかもしれませんが、ぜひ、試された上で検討されると宜しいかもと感じました。
技術はしっかりと確立されていらっしゃるので、あとは他人の意見はスパイス的に取り入れるしかないと。写真を拝見して感じました。
もう、自分の表現を自身を持って伝えていくレベルだと感じました。

No title

> ミュートンさん、こんばんわ。
やっぱり、素材がいい(笑)、仲人さんのご子息夫婦のお孫さんに叶わないなーと思ったりもしますが、最近、女の子らしくなってきて、可愛くなってきました。
明星ちゃんが成長してくれたのもあって、プチ遠征は出来そうです。
また、ぜひ、土曜日の晩にはご一緒願えればと思ってますので、宜しくお願いしますね。

No title

> のんたさん、こんばんわ。
仰る通り、歩き出すと、また大変ですね。
でも、今年の中天忘年会には、会長や他の女性陣が許していただければ、家族で参加したいかも!(会長やO川さんには迷惑ですかねぇ・・)
MIZARの望遠鏡って、いいですよね。
AR120SLもお持ちでしたか!大学時代、先輩のミナミさんがお持ちでしたが、素晴らしい性能でした。ワインレッドの鏡筒で、RS20鏡筒!羨ましいですよねー!(お判り頂けたら幸いです (^^ゞ

ミラーはAD-Vix135mmに換装しましたが、ミラー抑え、考えた方がいいのかも。
あと、10年も前になってしまいますが、MIZARの方には、4本スパイダーの方が写真にはいいですよねぇ・・と話をしたら、きちんと、対応して頂き(しかも、6500円弱!)、アルテア15用の斜鏡を13cm用としてアレンジして頂いて、感動しました!
MIZARさんの対応には感激です。
ビクセンさんも当時は、ビクセン光学やAD-Vixなどがあり、本当に良い時代だったなぁ・・と思います。

No title

> UTOさん。RS20(λ20)もちろん覚えています。当時それは持っていませんでしたが、その時撮った写真はアルバムに貼ってあります(レベルはそれなりですが...)1970年~80年代は今のビクセン以上の存在でした。MIZARさんハレー彗星後尻つぼみになってしまいましたね。残念です。そうそう、3本スパイダーは光条が6本になるので4本がいいなあと思っていました。交換してもらえたなんて凄いですね。
今でもこうして素晴らしい写真が撮れるなんて素敵ですね。

No title

> のんたさん、おはようございます。
RS20は憧れの鏡筒でした。
パーツ類は℡で注文だったので、℡したときに対応してくれた方が、4本がいいんですよねー・・と話をしたら、アルテア15用のスパイダーを13cm用に仕上げましょう!と仰ってくれました。
ハレー以降も、EX赤道儀とか102SDとか(カタログ通りなら、EDの相方も、新種ガラス使ってます)、いい望遠鏡出していたんですけどねー・・ちょっとさみしいですね。

No title

ひょうえー、美しいですねぇ
やはりX-E1っていいですよねぇ。UTOさんの薔薇星雲でX-E1を手にして天体写真を始めた僕にとってX-E1は特別なカメラです。RAP2で処理できれば言う事無しなんですが^^; こちらでも強烈に赤色を押し出すのではなくて、自然に星雲が表現されている‥ 見飽きない素晴らしい作品です。

No title

> たかぼんさん、こんばんわ。
いやー、たかぼんさんにそう言って頂けると嬉しいです。
散光星雲の処理はあんまり自信がないのもありまして (^^ゞ

X-E1は、バランスがいいですよね。赤一辺倒ではないあたりが個人的には好みです。
仰る通り、RAP2で処理できれば、、、Canon派フローに乗るんですけど・・昔のハニカムCCDは対応してくれてたみたいなんですけど・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ