FC2ブログ

記事一覧

各波長による星雲像

みなさん、ご存知の通り?
散光星雲(発光星雲)や惑星状星雲は、星(恒星ないし白色矮星)からの紫外線照射を受けて、ガスが電離し、ふただび、電子が基底状態に戻る時に光を出す・・・
つまり、ガスの原子に特定の光、輝線を放出しています。
複数の輝線が集まって美しい星雲の色彩が見られるわけですが、昨今のデジタルカメラ(冷却CCDカメラ以外にもデジタル一眼レフカメラ、CMOSビデオカメラも含めて)はかつてのフィルムに比べ圧倒的に高い感度を有していますから、特定の輝線のみを通すバンドパスフィルターを通して撮像することが可能になっています。

具体的に良く使われるのは、水素ガス輝線を捉えるHαフィルターなのはご存知の通りかと思います(Hαに関しては、フィルム時代にも先進的な一部アマチュアで使われていました)
そのほか、酸素輝線のOⅢ、硫化物イオンのSⅡは、冷却CCDカメラ時代になって、ハッブル宇宙望遠鏡が使ったこともあり、天文用フィルターとして製品化されています。

これらのバンドパスフィルターを用いることで、特定元素からの発光のみを捉えることで、より鮮明な天体の姿を得ることが出来ます。(波長分解能の向上)
各波長で撮ったキャッツアイ星雲  オライオン30cm反射望遠鏡 パラコアⅡ使用
SXVR-H694冷却CCDカメラにて

手持ちのフィルターを用いて撮影したキャッツアイ星雲です。
んー・・残念ながら、SⅡ以外はどれも似たような構造になってしまって、ちょっと面白味にかける結果でしたが・・
特定の輝線を抽出することで、より高解像の星雲像を得られるのは判りますかねー・・
こちらはドーナツ星雲です。HeⅡで撮像すると、お馴染みのリング状のドーナツの姿ではないのが判りますね!
OⅢとHαでも構造が違うのが良く判るかと思います。

使用しているHeⅡは、天文用フィルターでは市販されていない為、10年以上も前に、エドモンドオプティックスから購入したバンドパスの干渉フィルターです。
透過率が、45%程度とイマイチな上、ソフトコートで、基盤ガラスがノンコートということもあり、劣化が著しい面があるのが残念ですが・・
現在では、ハードコートのより透過率が高いものも販売されているようです。(お値段は、φ25mmで2万5000円ほど)

惑星状星雲で天文用として興味深い波長は
HeⅡ 468nm
OI 630nm
ArⅢ 713nm
HeI 587nm
といったところであるようです。
作例はほとんど見かけませんが、ちょっと面白そうですね。
ただ、そんなに使用頻度が高くない(撮りたい被写体が少ない)ので、うーん、わざわざお金をかけてフィルターを買おうかどうか、ちょっと悩むところです (^^ゞ
HeⅡ、OIは、パロマ天文台での写真でも使われていた波長で、とりわけ、HeⅡは、消えるドーナツを撮りたいなぁ・・・ということで、買ったんですよ。
HeⅡも劣化してしまっているとはいっても、一番撮りたい天体は撮っちゃったしなぁ・・。

まぁ、同じことばかりやっていても面白くないというのもあって、そのうち、買っちゃうかもしれません (; ̄ー ̄A アセアセ・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

新星の残骸である惑星状星雲などの波長別撮影は、科学的な要素もあり、興味を覚えますが、フィルタが高価なので、手が出ません。UTOさんに期待しています。

No title

> ヨネヤンさん、こんばんわ。
エドモンドのカタログが届いて、ちょっと見てたら、フィルター萌えが再燃してしまいました (; ̄ー ̄A アセアセ・
HeⅡの劣化もありましたが、メタンバンド890nm 半値10nmモノ(透過率55%)って使えそうですかねぇ・・・?
ALICEⅡが解像は悪くても感度はありそうなので、俄然気になってきてしまった次第です。
で、どうせポチるなら、OⅠも、と思っているのですが、ArⅢが俄然興味でてきてたりも・・。
だって、作例って見ないので、一体、どう写るんだろう・・!?と・・(; ̄ー ̄A アセアセ・
やー、でも、やっぱり高いので、少し冷静になったら、やっぱり見送ろう・・となるかもしれません。

No title

これは面白いですねー。星雲の輝線との関連を詳しく解説すれば、学術的にもすごいんじゃないでしょか。先日東亜天文学会の年会にも行ったのですが、こうした観測技術の話は少し少ない感じでした。すごいなー。

No title

> 玄さん、こんばんわ。
結構、面白いでしょー?キャッツアイだとHeⅡが思ったよりも変わらなくて、参りましたが、これはこれで良い経験ですね。
散光星雲にも、OⅢが強いのもいればSⅡが強いのもいるので、惑星状星雲も、やっぱり個性が強いのだと思います。
うーん、たぶん、星雲の単色撮像自体は、天文学的な価値は無いんじゃないかなーと思うのですが、でも、イメージングの観点からすると、アメージング!!!(笑)
OIとArⅢはやっぱり買おうかなぁ・・
HeIは、大彗星のNaテイルにも応用できそうですが(ひょっとしたら、大彗星までいかなくても、Naバンドパスを使えば、写るんじゃないの?と思わないでもないですが・・)、うーん、どうなんだろう・・
やってみて、ガッカリ-が一番いやなので、ちょっと踏み出せないんですよねぇ・・・。持っていて損は無いと思いつつ、彗星なら、透過率が高いものでないと、というのと、自宅からだと東名高速の光害がもろ影響が出るしなぁ・・(東名まで50m)
誰か、チャレンジしませんかねー・・

No title

ヘリウムとアルゴンの輝線は面白そうですね! 普通の散光星雲を撮るとどうなるんでしょうか?(^^; M42なんかどんな感じで写るんですかね~(^^;

No title

コンバンワヽ(○・▽・○)ノ゛
う~ん、私には難しすぎて…
でもとてもきれいです。こういう写真が撮れるなんてうらやましいです
(≧∇≦)ъ ナイス!

No title

> Cさん、こんばんわ~
コメントありがとうございます。
写真だけでも見ていってくれると嬉しいです!

No title

> ひろしさん、こんばんわ。
ヘリウムは、独特で面白いですよ。ひろしさんもぜひチャレンジしてみませんか?
ArⅢは、作例が全く無いので、果たして、どんな風に写るのか?
物凄く興味深い・・でも、撮ってみてガッカリ、というのがあるのもナローバンドだしなぁ・・
M42ですが、HeⅡは散光星雲には基本的に無いみたいです。半値幅が10nmあるので、他の何かの輝線が写ってるのか、一応、撮れるんですけどね・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ