FC2ブログ

記事一覧

天体観測ネタ 次にやってみたいこと

今日まで休みをとってありますが、昨晩、浜松の方に戻ってきました。
GPV予報だと、浜松市は晴れだったと思ったのですが、実際に戻ってきてみると、雲が多く、残念!(;゚Д゚)
今晩も、晴れ予報なのですが、さてさて。どうなることやら・・。

晴れれば、月夜ですが、望遠鏡を出して、久しぶりに撮影といきたいところです。
んー・・オライオンだとちょっと視野が狭すぎて被写体がいいのが無いかもしれませんが・・
撮るだけ撮ってみようかなぁ・・という感じです。
明日から仕事ですから、無理せず、1台まず組んで、普通に冷却CCDカメラで撮影かなぁ・・
余力があれば、撮影前に、デジタルカメラでお月様くらいは撮ってみたい気もしますが・・

さて。次にやってみたいこと。天体観測という程ではないのですが、PLフィルターを使った偏光撮影面白そうだなぁーなんて考えています。
ハッブル宇宙望遠鏡など、天文台での大望遠鏡でも、偏光観測を行った例がありますしね。ちょっと、天体観測という程大げさではないですが、撮りたいな~、と (^^ゞ


MARUMI PLフィルター  オリンパスE-620 デジタル一眼レフカメラにてパチリ。

まぁ、手持ちでもPLフィルターくらいは持ってるんですが、買ったのは相当前になることと、あと、デジタル一眼レフカメラ用では(ミラーレス一眼やコンパクトデジタルカメラで、像面位相差AFだと関係ない?違うかな??)サーキュラーPLを使うことがほとんどです。
と、いうのも、偏光した光を使って、TTL測光などを行った場合、偏光成分によって正しい露出時間が伝わらず、実際の写真で適正露出が狂うケースが出てきます。
それを避ける為に、円偏光を使うことが多いのです。(AFまで狂うと解説しているサイトもありますが・・・ホント???個人的に改めて勉強していないのでどうか判りませんが・・・自分の頭ン中での偏光の理解度だとやや疑問・・。)
ただ、天体写真では、シンプルな線偏光の方が良さそう?

あとはPLフィルターを回転させて撮影すれば良いのですが、基準となる角度0度をどうやって出せばいいのかが判りません・・・( ̄ヘ ̄;)ウーン
PL効果の一番強いところを基準としてやっていけば良いのかなぁ・・
課題は多いのですが、まぁ、まずは難しいことは考えずにやってみようかな。

天文ガイドのフォトコンテストだと、淡モノ得意のKさんがスバルやオリオン座大星雲でチャレンジされていたとは思います。二番煎じになりますが、ちょっと興味深いので、撮りたいなと思っているところです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ