FC2ブログ

記事一覧

体調不良・・ですが

うーん、先週半ば位から、明星ちゃんが風邪を引いていたのですが、連休で見事に移されてしまいました・・
通りで、ラーメン屋さんに行った11日夜から調子が悪いなーとは思っていたんですが、、、

公園にて  フジ X-A1 デジタルカメラ XC16-50mmにてパチリ

12日は午後からお出かけの予定だったのですが、調子が悪かったので、夕方に近くの公園に。でも、この時から、寒気はしてたんだよなー・・

13日は朝、調子が悪かったものの、体温計で測ると、36.7°まぁ、行くか、と、なんとか出社したものの、14日は熱でダウン。未だに調子が悪いです・・。
せっかくの新月期に風邪とはツイてません・・(;゚Д゚)
おまけに、こーゆー時には、晴れるんですよね、、ヽ(`Д´#)ノ

が、まぁ、庭に望遠鏡、出してましたからね (^^ゞ
撮らせるだけ撮らせてました (。・ ω<)ゞてへぺろ♡

13日晩は、へろへろになりながらも、イプシロン200も出して撮影。
風が強い予報でしたからねー。案の定、オライオンの方は、ブレブレでしたが、イプシロンはびくともせず。
アトラクス赤道儀とイプシロン200は、いい組み合わせです。
ちょうど、撮りたいな、と思っている被写体もありましたからね。
ステファンの五つ子と渦巻銀河NGC7331  イプシロン200 アストログラフ(800mmF4)
ST10XME冷却CCDカメラにて。

これ、やまちゃんのブログで見てから、撮りたかったんですよねー!
MaxImDLでダーク・フラット後、L画像のみスタックして、ステライメージでデジタル現像しただけです。うーん、やっぱり800mmだとちょっと構造描写が物足りないなぁー

イプシロン200は、光軸調整を毎回使う前にちゃんと行ってるのですが、今回、熱のせいもあって、なかなか細かい調整が上手くいかない・・。うん、これなら、OK!と思ったら、ぜんっぜん、ダメダメでした。
仕方ないので、オライオンで使っているレーザコリメータで調整しなおしたのですが・・
あれ?なんかいい感じにほぼあってますよ。・・・うーん、普段やってることはなんだったのか・・(^^ゞ
まぁ、オライオンで使ってるので、そうでなくては困るんですけど、でも、やっぱりイプシロンには精度不足なんだけどなぁ・・。
書いた様に、合っているのは、『ほぼ』ですので、周辺減光は偏りはありました。
でも、普段目視で合わせている時もそんなもんな気が・・Σ(゚д゚|||)ガーン
いずれにしても、撮りたい写真はなんとか撮れたので良かったです。

翌14日は、発熱があったので(37.8°)会社を休んで、昼間は寝てました。
少し回復してきたのもあって、5時前から始動開始。
ひーひー言いながら、2Fから重たいASC-11 DeepStrikerを下ろします。
兎に角、前回のテストで、ガイドカメラの視野がケラレまくっていたので、真価がわからなかったですから、追試だけはやっておかねば・・
今回は、取り付け時に、TOAGのプリズムユニットをちゃんと真ん中に持ってきました。
それでも、まぁ、使える範囲は、2/3インチCCDの半分ほど・・。逆に言えば、1/3インチCCDで十分という感じですね・・( ̄ヘ ̄;)ウーン
おまけにカラーカメラだから、ガイドカメラにはあんまり向いていないかもしれないなぁ・・


SXV-AOテスト画像 ASC-11 DeepStriker アプラナートシュミットカセグレン望遠鏡
ST10XME 

とはいえ、ガイド星が見つかると、凄い!焦点距離は2000mm程度だと思いますが、見事に星が○に!
いや、よくみると、少し伸びているので完璧ではないですが・・Agressivenessを100%にしていたので、もう少し下げれば良いのかも?
セルフガイドでは、同じ構成でも、もっと星が伸びるケースが多かったことを考えたら、やはり、スーパーオートガイダーとしてのAOの効果は伺えます。
ここまで上手くいくとは思ってなかったので、素直に感動!!

ガイド星の問題はありますが・・。なんとかガイドカメラの視野を同定して、予習できるようにするしかないなぁ・・。
接眼部はタカハシのものにしてあるので、いざとなれば、回転させて探す、ということもできるんですけどねー・・実際、AO-7の時はそうやってましたし・・。
ただ、そうなるとキャリブレーションはやり直しになるし、フラットがマッチしなくなる可能性も・・・。まぁ課題は山積みですが、実用化できそうなことが判りましたので、今後活躍させたいと思います。

オライオン側は、先日、清掃したのですが、光軸調整し直した際に、スパイダーがたわんで、左右の位置が一致しないせいか、回折像が二重になってしまう問題が・・Σ(゚д゚|||)ガーン
うーん、オライオンはオライオンでまた課題があります。ピントもシビアーだし、やっぱりなかなかのじゃじゃ馬さんです。

金星 オライオン30cm反射望遠鏡 パワーメイト5倍 DMK21AF04 CCDビデオカメラ
UV,VIS,NIR 三色分解合成

とはいえ、やっぱり大口径反射はいいですね。得られる映像に迫力が出てきます。
今回、久々の惑星観測でしたので、(土星は、今年はウチからは撮れなかったので・・(泣))システム構築に大幅に時間がかかってしまいましたが、金星は明るく、周囲が明るくなってからも撮影できました。撮影したのは6時過ぎじゃないかなー・・
紫外線撮影した金星は、とても美しいです。
以前、夕方の時は、露出時間がかなり長めになってしまってましたが、今回は、ちゃんと?30 fpsで撮像することができました!
うーん、やっぱり、そうなると、大気の散乱での減衰が大きいのでしょうね。
金星は明け方の方が美しく撮れるなぁ・・。

それにしても、今日は雨が降る予定でしたが、なぜかいい天気。
うーん、でも、予報からすると夜は雨降りそうですね。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

風邪で熱があっても晴れれば撮影、若さですね。
でも一歩間違えると肺炎や気管支炎になる可能性もあるので、気をつけて下さい。
私は30歳台で風邪気味でスキーに行ったら、急性気管支炎となり3ヶ月通院でした。
金星の画像、流石、フィルターワークの達人、美しく見事です。

No title

最近、MLにも投稿が無いし静かだなぁと思っていましたが、体調不良だったのですね。
この時期は体調を崩す人が多いですね。会社でも誰かが休んでいる状態です。
あまり無理をしないように気をつけてください。

金星は本当に綺麗です。

No title

> ヨネヤンさん、こんにちは。
根性で、撮るだけ撮らせました・・。
気管支炎、最近、風邪ひくとやはり喉の奥の方に残るのかむせるようになる感じになります・・( ̄ヘ ̄;)ウーン
一度、内科に行った時は問題なしで済まされてしまったので、もう少しヒドイうちに一度診察して貰おうと思います。なんだかんだで40過ぎましたので、いろいろとありますね・・。

金星は、UVで撮ると本当に綺麗で惚れ惚れしてきます。
実はUV画像にLRGB合成で色を載せているので、観測画像としてはアウト!かもしれません (^^ゞ

No title

> GENTAヽ(^o^)丿さん、こんばんわ。
そうなんですよ、どうにも体調不良で参ってました。
急に寒くなってきたこともあって、子供がまず風邪ひいたのですが、見事に写ってしまいました・・。

今晩は、GPV予報だと浜松付近ならまだ良さそうですが、東よりのこちらはダメかなー・・

No title

あれま、UTOさんも体調不良ですか。
僕も先週やってしまいました。
だめですよぉ~おとなしくしていなくちゃ

ステファンの五つ子と渦巻銀河の組み合わせいいですねぇ~
ううむ、UTOさんがアイデアがいいですよ。

No title

> タキさん、こんばんわ。
見事に風邪でダウンでした。まだ鼻詰まるんですけど、やっと良くなってきたって感じです。
ステファンとの組み合わせっていいですよね。
でも、やまちゃんの真似ですよー (^^ゞ

本当はステファンの五つ子単品でも撮り直したいところですが、もうまた来年ですね。(西に回ると浜松の光害でちと無理なので)
自然相手の趣味はこれだから怖いです・・。
撮るチャンスって、たくさんあるようで、案外ありません。
多少なら、無理もしようというところデス・・(^^ゞ

No title

アグレッシブネスですがSBIGだと5-6程度で十分ですが、SX-AOだと60-70%がいいと思います。最近AO-X使っていてやはりガイド星の明るさは重要で、4Mだと0.1秒以下で動作させたら0.5秒とは全く別物になります。フラットやキャリブレの問題はありますが最近は360度ローテータまわして一番明るいガイド星探してやってます。SX-AOならロードスター2X一択でしょう。ON-AXIS+ORIONのAOでもf8.0 1200mmでloadestarで0.1秒のガイド星が簡単に見つかりますから。

No title

> s43**001さん,こんばんわ。
アドバイス、ありがとうございます!
次回テストの時にう。
なんと、0.1秒だと違いがでますか!!それを聞いてますます、LodeStarX2が欲しくなってしまいます (^^ゞ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ